ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

昼飯に好きなものを食べてはいけない #862

time 2016/01/20


 

「昼飯に好きなものを食べてはいけない。」

ある師匠に言われた言葉だった。

僕はある時期、月10万ぐらい払って個人コンサルを受けていた。業界を統べる大先輩に、その全てを教えていただくために弟子入りしたのだった。

はっきり言って高いぜ?ツラいぜ?懐が寒くなるぜ?

しかし、それだけ払う価値のあるものをその方は持っていると確信していたため、弟子入りするに至った。

そんなある日に言われたのが冒頭の言葉。ん?意味ワカメ?と思ったが、真意を聞いてみると、

▼昼飯に好きなものを食べてる時点で自分に負けてる。

▼単純に、好きなもの食べると満足しちゃってそこで戦闘力がダウンする。

▼常に自分に勝ち続けることが重要だ。だってほんとはラクしたいんだから。人に勝たなくてもいいが自分には勝て。

▼昼飯みたいなところに全てが出る。好きなものを満腹に食ってるヤツと、ちょっとしたものしか食べてない俺。勝つのは俺だ。

▼夜は旨いもの食いたい。

とのこと。

僕は、昼飯なんて気を配ったことすらなかった。なんならほんとにその日の気分で好きなものを食べていた。しかも満腹。

そこからして違ったんだと、激しく動揺したことを覚えている。

***

野球でスイングスピードが速いプロの選手と遅いアマの選手の最大の違いは、別に上半身の筋力の差ではない。どちらかというと下半身の強さや柔らかさ、クイックネスに差がある。

そしてそれは、一見すると目に見えないところに差の原因があるということの非常に分かりやすい事例である。

一流の人は、他の人が気にしないところを気にする。二流以下の人は、一流の人が絶対にこだわるところにこだわらない。

翻って自分はどうかというと、

 

 

 

 

 

 

 

なーんにもこだわってなかった!!!

 

 

と衝撃を受けた話。

 

強いて言えば、きのこの山の「オリジナル」は嫌いだけど、「練乳いちご」や「さつまいも」は好きだよというこだわりぐらいはある。

ジーザス!レベルが低すぎるぜ!!!

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。