ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

48時間以内にやらないことはたぶんやらない #863

time 2016/01/21


 

僕は自分に対して「新しいことをやるとき、決意したときは、48時間以内に初手を打つこと」というルールを定めている。

昔は「ふん、この手の一般論は俺様には当てはまらないぜ。」とか強気でいることも多かったのだけれど、最近になって大抵の人間は大抵の場合、所謂原理原則と呼ばれるものに支配されていることが何となく分かってきたので、変にオリジナリティを出そうとせずに、素直に従うことにしている。

その原則とはよく言われる通り、「人間は48時間以内に聞いたことの80%は忘れるように出来ている」とか、「48時間以内に始まらないことは永遠に始まらない」といった類いのものだ。

自分は当てはまらないはずだと思って色々試行錯誤してきたが、結局のところ気づいたのは、その原理原則に従って物事を始めたときと、原理原則に従わずに(例えば72時間後に始めるなど)物事を始めたときとでは、ほとんど100%と言って良いぐらい、前者の方が生産性も高く、成果も出やすかった。

つまり僕は原理原則を覆すほどの人間ではなかったということだ。考えてみれば当たり前で、「食う、寝る、出す」という原理原則に則って生きてる人間が、「食わない、寝ない、出さない」という生き方をしたらすぐに死ぬ。

ただし、「48時間以内に完了」である必要はなく、あくまで初手を打てば良いということにしている。初手が打てれば2手目以降は比較的スムーズに進む。テレアポで苦戦するのはいつも1件目だ。筋トレも、最初の5秒をやればあとは勝手にトレーニングが進む。

試しに72時間後に始めようと思ったときもあったけれど、これは普通に何度も失敗した。見事なほどNothing happened. 不思議なぐらい、やろうと思ったことを始めないまま終わってしまった。これは大きい話から小さい話まであまり変わらなかった。

***

ブログも同じ。

「このネタおもしれぇ!俺いいこと思いついちゃった!」という瞬間に出逢うことは、毎日ブログを書くために毎時毎分ネタを探していれば、結構ある。

そしてそんなときは忘れないように、携帯Evernoteに即座にメモをする。昔はメモすらしなかったけれど、こんな僕でも少しはカイゼンをしようとしている。

で、メモさえとっておけば、その「すげぇネタ」をもとに「すげぇブログ」を書けるかというと、そんなことは全くなかったのだ。

ネタを思いついてからすぐブログにした場合は、それなりの熱量を伴った文章を書くことができる。自分でも満足な出来になることは多い。

しかし、72時間以上経ってから書こうとすると、「あれ?なんでこのネタ、面白いと思ったんだっけ?はて?」と思うぐらい、どうでも良いネタになってしまっている。

ネタそのものは変わらないはずなのに、そのネタは72時間前には「すげぇネタ」であったにも関わらず、72時間経つと「何で盛上がったのか分からない程度のネタ」に成り下がっている。

***

つまりですね奥さん、いいですか?

時間の経過とともに変わる(下がる)のは「その事柄の価値そのもの」ではなく、「その事柄に対して自分が感じている価値」だということ。

勢いで買ったバーゲン品が、買う前は至高の品に見えたのに、いざ買ったらそうでもなかった、ということがよくあるけれど、根本は一緒。

バーゲン程度で被る損失は大したことないけれど、いざ行動を起こしたときと起こさなかったときの機会損失を考えると、その人は膨大なチャンスを無為にしている可能性すらある。それはそのまま、その人の人生の質が「その程度」であることの原因になっている。

僕は過去に「48時間でも72時間でも、あるいは96時間でも、やるなら一緒だろう」と何百回もタカをくくって、そしてその何百回もの「自分が変われたはずのチャンス」を棒に振ってきた。もうそろそろそういう人生をやめようと思う。

そういえばちょうど先日、ある友人から将来の起業に関して相談されたことがあった。対象が個人を対象としたスモールビジネスなので、ある意味僕の専門分野。

色々僕なりに有益と確信しているアドバイスをしたが、その友人が将来事業を起業に乗せられるか否かは、あれから48時間以内に、どんなことでも良いから起業につながる一手を打てたか、で決まると思っている。

メルマガを始めるでもセミナーを無料で開催するでも友人にアイデアを話すでもモニターを募集するでも何でも構わない。問題は、中身はどうあれ一手目を繰り出せるか否かだ。

今年こそ痩せるために48時間以内に300回腕立てとスクワットします。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。