0歳児に学ぶ1歩目の成長戦略〜何故赤子はおむつやティッシュと格闘するのか?〜 #912


 

ある平日のクソ忙しい朝下がり。

寝てて欲しいのに眠れるモンスターが起きてきて、家中をカオスにしていた。

え?どうしたの?なにかあったの?あたしぜんぜんきづかなかったんだけど。

そんな顔をしているが、全部散らかしたのは君だということは捜査で分かっている。

IMG_4825

この世に生まれ落ちて8ヶ月になる2号機(初号機は6歳)は、日に日にパワーとスタミナをつけて、活動範囲を着々と広げている。

最近の流行りは、おむつボックスからおむつとティッシュとビニールを引っぱりだしてカオスを引き起こすこと。8ヶ月にも関わらず腕立てしたりつかまり立ちをしてるので、相当に成長が早いと思われる。

これからが楽しみで、かつ怖い。

***

さて、僕は2号機の行動を見てて、不思議なことに気づいた。

格闘する相手が、おむつとティッシュとビニールだけなのだ。

格闘する相手が、椅子やソファやベッドではないのだ。

どうでもいいことに気づいてしまったと我ながら思った。しかしその疑問は、何か大事なことを示唆しているようにも思えた。しばらく、2号機を観察することにした。

なんでだろ〜?

なんでだろ〜?

ななななんでだろ〜?

2号機は、明確に格闘する相手とそうでない相手を分けているようだった。何か共通することはないだろうか、と、僕は一生懸命赤ちゃん言葉を話す傍ら、2号機を観察した。

あるとき、ふとひらめいた。

「自分の力で動かせるものと格闘する傾向にあるのではないだろうか?」

***

コンサルの基本は、仮説思考だ。

そして一定のクオリティの仮説をぶち上げたら、その後はひたすらファクトをベースに分析する。

僕は、2号機が格闘する相手をファクトベースで脳内登録していった。

おむつ、ティッシュ、ビニールはもちろん、小さい熊さんのぬいぐるみ、風船、押せばなるピアノ・・・

そういったものと、2号機は格闘していた。

一方で格闘相手としてふさわしいように見える大きめのぬいぐるみや巨大なプーさんには、見向きもしない。仮説はある程度正しいように思えた。

 

つまり、こういうことではないだろうか?

自分の力で動かせる大きさ重さのモノを動かすから、モノが動く。モノが動くから、自分の力で動かした感が感じられる。すると自信が生まれる。となると次なる獲物に手を出す。それが動かせればまた自信が出る。たまにニヤ〜と笑う。

反対に、大きすぎるもの、重すぎるものには、2号機は手を出さない。なぜなら、手応えがないからだ。はっきり言えば歯が立たないからだ。歯はまだないけど。

2号機は、というか赤子というのは無意識に、自分のなかに成長のPDCAのサイクルを持っていて、手始めに自分の力で動かせるものにアタックするようにできているのじゃなかろうか。

きっとそうだ!

***

で、よく考えてみれば分かる通り、この法則は大人にも当てはまるように思える。

テレビを見たり本を読むと、スゴい人というのは世の中に沢山いるということがよく分かる。そしてそういう人たちに憧れる気持ちも、非常によく分かる。

しかし多くの人が陥りがちな落とし穴が、「出来もしない過大な目標を目指そうとして、直後にそれが不可と分かると折れる」というもの。

僕も何度もこの過ちを犯してきたし、たぶんこれからも結構犯すことと思う。まぁ失敗でへこたれるようなメンタルは卒業したので良いのだけれど、多くの人はそういった形の失敗で心を痛める。そしていつしかチャレンジしなくなる。

2号機のいたずらは、そこに大人にも適用可能なひとつの成長戦略を示してくれた。すなわち、

自分の力で到達可能な目標から着手する。そして自信がついたら次にチャレンジする。

というもの。

早起きの本を読んで興奮したら、いきなり4時起きを目指して挫折するよりは、普段7時起きなら6時50分に起きることを目指してみる。

6時50分起きが身に付いたら6時40分起きにチャレンジしてみる。睡眠時間帯を1時間も変えるわけではないから、ほんのちょっと前の日に早く寝る努力をすれば、なんとか達成できる。

「売り上げを1番挙げる」で遠ければ、まずは「今日だけでアポを10件取ること」でもいいし、なんなら「つながってもつながらなくても100件アポ電話する」でもいい。

こういう微細な前進を喜べるようになると、前進すること自体がライフワークになってくる。2号機や赤子というのは、そういう自身の成長戦略がDNAに刻み付けられているのか、全員が全員、そういう成長の仕方をする。いつまでも成長しない大人を尻目に、ガシガシ追い上げてくる。

大人も見習えばいいのに。

まずは手近なおむつを振り回すことからはじめよう。自信がついて勝手にPDCAを回せるようになるまでは、それで十分。1歩目が大事だ。

 

いつもくまもんボード書いてくれてありがとう、と言っていたら、1号機が、

IMG_4808

と書いてくれた。うれしい。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!