ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

「おっかしーなー?」と思ったら要注意。「おかしいのはお前だよ」と思うべし。 #932

time 2016/03/30


 

皆さん、こういう経験はないだろうか?

自社製品の営業をしているとき、プレゼンは完璧だったのに、想定していたのと程遠い成果しか出ないことがある。そんなとき、「おっかしーなー?」と首をかしげる。そういうときは、来月もまたその次の月も、同じミスを繰り返すことになる。

テニスをしているとき、ボールがネットにかかる。何度やっても、ネットにかかる。そんなとき、「おっかしーなー?」と思いながら、ガットに指をかけて、ボールがうまく飛ぶよう微調整する。

ダイエットをしていると、思い通り痩せないことがある。ライザップの使用前使用後のように、数ヶ月で劇的に変わることを期待していたのに、数ヶ月経っても使用前の背筋が曲がったままの姿を、鏡の前で見ることになる。「おっかしーなー?」と、本来無くなってたはずの横腹の肉をつまむ。

物事が自分の想定通り運ばなかった時、人は、「おっかしーなー?」と首をかしげながら独りごちる。僕はこの「おっかしーなー?」を人生で数千回、いやもしかしたら数万回以上経験してきたかもしれない。

受験でもそうだった、スポーツでもそうだった。何なら仕事でもそういう場面がしょっちゅうある。その上でたどり着いた結論があるので聞いてほしい。

 

「おっかしーなー?」と思ったら、十中八九、おかしいのはお前だよ。

 

***

世の中には、自分が考えや行動を変えれば何とかなることと、自分が考えや行動を変えても何ともならないものがある。

セルフマネージメントや未来、物事の解釈に関しては前者だし、他人や過去、起きた事実については後者である。また、隕石が降ってくるのも、地震が起きるのも、人間がどうあがいたところで止められるものではない。

「7つの習慣」のスティーブン・コヴィー博士は前者を「影響の輪」、後者を「関心の輪」と定義し、「影響力の輪」に注力することこそが成功への近道であると説いている。(ちなみに宇多田ヒカルクラスになると、「受け入れられないものを変えるチカラをくださいよ。」と神様に祈っている。Wait&See参照。)

言い方を変えれば、原理原則に従って考え、行動すれば物事はコントロール可能な領域に留まるのに対し、原理原則から外れた考えや行動をすれば、途端にコントロール不可になり、手に負えなくなるということでもある。

「おっかしーなー?」と思うような意図しない成果しか得られない場合、偶発的、あるいは外発的要因を別とすれば、かなりの確率で自分自身がこの原理原則を無視した考えや行動をした結果であることが多い。

営業であれば、顧客の声に耳を傾けることこそが原理原則だ。にも関わらず、自社製品のメリットばかりに目を向けたプレゼンを展開すれば、それは当然、「おっかしーなー?」という結果になる。

テニスであれば、スピンをかけたい場合はラケットを下から上に振るというのが原理原則だ。上から下にラケットを振っていては、絶対にスピンはかからない。「おっかしーなー?」と思いながらネットに引っ掛けるのがオチである。

ダイエットの原理原則は、消費カロリーを摂取カロリーよりも上回らせることだ。そうすれば絶対痩せるのに、某生命保険営業マンは、「おっかしーなー?」と言いながら、今日も「たべっこどうぶつ」や「パックンチョ」をもしゃもしゃ食べながら88kgから動かない体重計を見つめている。

こういうことって、日常で結構やっちゃってるんじゃなかろうか?

「おっかしーなー?」と思ったら、「おかしいのはお前だよ。」と自分に対して言ってみてほしい。たぶん、それは88.9%以上の確率で正解だ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

 

 

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。