ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

そうはいっても資格やタイトルはとっておけ #953

time 2016/04/20


 

「昔取った杵柄」と「昔打った篠塚」は、今頼るには力不足である

という格言(?)がある。過去の栄光だけを頼りにしていては、いずれ仕事でも人生でもふん詰まる時が来ますよという意味だ。(篠塚とは、巨人黄金期を支えた名選手。なんと通算打率3割を超えている。当然今はただのおじさん。)

自己投資を重ねる道中で、そのようなことを、形を変えて色々な人に何度も僕は言われてきた。

確かにその通りだと思う。

東大を卒業したところで、その後何の努力もしなければ、早慶やMARCHを卒業した後猛烈に働いてきたヤツにあっさり抜かされる。

学生時代にサッカー部のキャプテンだったヤツも、仕事やら子育てやらで運動をサボっていれば、子どもの運動会で恥を書くことになる。

税理士試験をくぐり抜けてきた人たちは極めて素晴らしい集中力を以て難関試験を突破してきた猛者たちであるが、僕の見たところ、ろくでもない税理士が9割ほどいる。特に50代以上は壊滅的だと思う。

昔いくら素晴らしい資格やタイトルを取ったところで、それに甘んじて継続的な努力をしていなければ、自分でもびっくりするぐらい衰退するのが人間である。

その考えに、今も変わりはない。

***

が、それはそれとして本質論ではあるものの、その逆の側面もきちんと見ておく必要があるなと感じるように、最近なってきたように思う。

つまり、昔取った杵柄も昔打った篠塚も、今でも十分頼りになる、という視点である。

僕は、様々な点で粘りがないことが悩みである。

わりとすぐ諦めるし、継続力はないに等しい。自分でも残念な人間であると思うことは沢山ある。

「凡事徹底」という言葉が座右の銘の一つになっているのは、それだけ凡事が苦手だということの裏返しでもある。

ただ、そんな僕でも継続出来ていることがある。仕事での社長杯の10年間の連続入賞と、85kg以上のカラダを引きずってのウルトラマラソンの完走(※2016年の野辺山ウルトラマラソンで、過去の連続完走記録が切れました。涙)、そしてトライアスロンのアイアンマンディスタンスの連続完走である。

外からどう見えてるかは分からないけれど、ある程度のレベルのタイトルを更新し続けるのは、正直きつい。毎度きつい。楽勝だったことは一度もなく、結果的に連続入賞、連続完走しているものの、毎回死にそうになりながらゴールまで辿りついている。

「心が折れそうなのを必死に支えた」と言いたいところだけれど、そうではない。実際、心は道中で何百回も折れている。

にも関わらず結果的に成果に結びつけることが出来続けているのは、僕が「昔取った杵柄」と「昔打った篠塚」への頼り方を知っているからだと思う。

それは、サイヤ人の王子、ベジータ様が、ピンチになるとわなわな震えながら、

「俺は、俺は、サイヤ人の王子、ベジータ様だぁぁぁあぁぁぁぁあああああ!!!」

とブチ切れて本領を発揮するのに少し似ている。

ピンチは毎回来る。心底大変だと思うことしかない。

しかしそんなときでも、

「俺は、俺は、社長杯に入賞し続けてきた社長杯の常連じゃーーーーーー!!!」

とか、

「俺は、俺は、ウルトラマンであり、アイアンマンだぁぁぁぁぁぁ!!!」

と心の中で叫びながら、たまに実際に叫びながら、崖っぷちのところから少しだけ頑張れるのである。結果的にそれが成果だったり完走だったりに結びついている。

そしてそれは、僕が実際に過去に社長杯に連続入賞してきたからであり、ウルトラマラソンやアイアンマンを完走してきたりしたからである。

過去の栄光と言われればそうかもしれない。しかしそれが、ギリギリのところで自分を支えてくれる糧になるのである。

***

新しいことを始めると、不安になる。

単純なことでも、続けるのは困難なことである。

それでも誰しも一度や二度は過去に頑張ったことがあり、1つや2つは過去の栄光というものがあると思う。

それをいざというときに自分のエンジンに添えるミニ型の酸素ボンベにできるか否かが、結構大事なところでの成否を分けるのだと、最近は思うようにしている。

てわけで、僕は小学生の頃に神様扱いされていた過去の自分に、最近は酔っている。

どんな資格やタイトルも、取らないよりは取っておいた方がいいのである。いつ役に立つか、良い意味でも悪い意味でも本当に分からないからだ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。