ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

朝トレしたらガイジンにつかまった話 #955

time 2016/04/22


 

IMG_9893 (1)

ある日、珍しく朝早く起きて朝トレをした帰りに、タリーズに寄ってみた。

そしたらイスラエル人と台湾人のカップルに捕まった。

「ナ〜イスバーイク!!!」

そう言って僕のトライアスロン専用バイクを褒めてくれたガイジンさん二人は、バイクを褒めるに留まらず、色々と聞いてきた。

「いつからやってるんだい?」

「どこでトレーニングしてるんだい?」

「どれぐらい泳いだり走ったりするんだい?」

ネイティブではないものの現在はフィラデルフィアに住んでいるという二人はめっぽう英語がうまく、そしてこちらはそうではない。おまけに、タリーズの目の前には車がガンガン走っており、テラスで話している僕たちの声をバシバシとかき消していた。

僕は拙い英語でなんとかやり取りを重ねた。

 

そのうち、なぜか話は国防の話になった。

イスラエル出身の男性の話が興味深かった。

「俺たちは、若い頃に徴兵制があるから必ず軍隊に行かなきゃいけない。なんたって周りは敵ばっかりだからな。だから国をどう守るかということに関しては、一般市民まで皆考えてるよ。ところで日本はどうなんだい?」

日本には徴兵制はなく、志願兵しかいないこと。そして平和ゆえにみんなそれが長続きすると考えていて、正直に言えば平和ボケしつつあるということ。そんなことを日本の現状として話した。

僕は、マイナスの意味を込めたつもりだった。国の守り方を一般人までもがちゃんと考えてるあんたの国が、少し羨ましいと。

そしたらイスラエル人のカレシは、少しきょとんとしながらこう応えた。

「ん?徴兵制も敷かなくていいぐらい平和なの?それって素晴らしいことじゃんか!もっと誇っていいと思うよ!」

サシミは嫌いだ、と言ったそのイスラエル人は、それ以外に関してはお前の国は最高だ、と言って明るくカノジョと去っていった。

隣の芝生は青く見えるというけれど、日本の芝生は本当に青いのかもしれない。その青さを、どう保か、そんなことを少し考えた朝だった。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。