「ジョジョの奇妙な冒険」は今だったら少年ジャンプに掲載されていない #970


 

1970年代〜1980年代生まれの人で、青春時代の座右の漫画が少年ジャンプに掲載されていた「ジョジョの奇妙な冒険」だという人は多い。

僕の座右の漫画は「ドラゴンボール」や「スラムダンク」、「幽々白書」、「ダイの大冒険」、そして勿論「北斗の拳」なので、ジョジョ推しの人とは、理解は出来るものの少しだけ話が噛み合わない。

「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のパロディ版、「ギザ細かすぎて伝わらないモノマネ選手権(アニメ版)」では

ジャン・ピエール・ポルナレフの不必要に派手な初登場シーン

エリナ・ペンドルトンがディオに無理矢理キスをされて泥水で口を洗うシーン

などといった、タイトルだけで笑ってしまうか実際の絵面は見たことがないシーンのモノマネなどを見たときは、少なからずジョジョを知らないことに対する羞恥心のようなものが湧いてきた。

御参考。個人的には本家「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」より好きです。

***

てなわけで最近「ジョジョ」を復習している。漫画が読みたいわけではなく、大人の教養として。

普通にグロい。血が飛ぶのは当たり前だし、頻繁に腕は取れるは首はもげる。顔の表面だけが剥がれて地に落ちるなんてこともザラ。決して「少年」が読んでいて健全な漫画であるとは思えない。

だけど、「ジョジョ」が少年ジャンプで連載中止になりかけたなんて話は聞いたことがないし、漫喫から「ジョジョ」が消えるとはとても思えない。

どこまでも少年向けの漫画ではなかったにも関わらず、「ジョジョ」は今も昔も絶大な人気を誇っている。

ただ、これがもし今現在少年ジャンプで連載していたとしたら、PTAや保護者の皆さんから、あるいは全く関係のない皆さんから膨大なクレームが集英社に入り、連載中止に追い込まれていたであろうことは間違いないと思う。

それぐらい、今は「常識から外れた何か」に対する世間の目は厳しい。

ちなみに発禁処分になったりはしなかったものの、名作「おぼっちゃまくん」で有名な「ともだちんこ」があまりに流行ったため、一時期僕の通っていた小学校では、先生から「おぼっちゃまくんは読んではいけません!」と禁止令が出ていた。

アホな同級生が女の子たちに「ともだちんこ」しまくっていたせいなのだけれど、純情少年だった僕は勿論そんな愚行に手を染めることはなかった。記憶によると、保護者からのクレームでこういう事態になったのではなかったか。

初めて「責任」という言葉の存在を知ったのは、この「ともだちんこ事件」だったように思う。

※「ともだちんこ」=「ともだちんこ!」と叫びながら、友人の手を自分の股間に持っていって握らせて友情を確かめ合う行為

***

「責任」という言葉が、正確には何のことを指しているのか、その定義を僕は知らない。英語風に解釈すれば主体性とか能動性といった意味のようにも解釈できるし、日本語風に解釈すればある人間が果たすべき当然の義務のようにも聞こえる。

しかし、もともとの意味がなんであれ、最近の「責任」という言葉は

大した責任のない人が、ある程度責任ある人を不必要に追いつめ、蹴落とすための武器

という体裁を帯びてきているように思う。

大企業のちょっとしたミスを糾弾しまくっているのは、大抵が「お前関係ないだろ?」としか思えないネット民である。

芸能人のスキャンダルに対して「許せない!」と騒ぎまくっているのは、芸能界にもマスコミにも何の影響力も縁のなさそうな人たちである。

そして一つ不思議なことに、明らかに「責任」という言葉を使って糾弾してて叱るべき対象が、既に大きな実績を作って厳然とそこに存在している場合、大した責任のない人たちはその対象の責任を問いただすことはほとんどしない。

今で言えば少年誌的に完全アウトに決まっている「ジョジョ」の「責任」を問う声が全く聞こえてこないのは、「ジョジョ」が既に伝説的に売れている漫画だからだ。

なので僕の肌感覚的には、「責任」という言葉を口から頻出させて人は、それその時点で、相当にイタい人であると判断している。大したことない人ほど、ぐぅの音も出ない強い言葉を使う。

本当に責任ある人は、やたら滅多なことでは「責任」という言葉を口にしない。繰り返すけれど、「ジョジョ」が今連載始まったばかりであれば、すぐに読者に対する「責任」問題に発展し、完全にアウトになると確信している。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。