特に就活生がFacebookのプロフィールに使ってはいけない写真 #972


 

最近、よく街で就活生を見かける。

僕が就活をしていたのは2002年だから、もう14年も前だ。オーマイ神。どこも受からずに運良く面接が進んだ会社に拾ってもらった。

当時はリクナビが流行りだした頃で、それまでのようにひたすら手書きでエントリーしまくるというスタイルよりははるかに便利になっていたものの、今のようにFacebookを始めとするSNSは一つもなかった。Mixiですらなかったと記憶している。

もし当時の僕が今就活をしていたら、少なくともFacebookは確実に使っていることと思う。他人の情報にアクセスする敷居は、過去に比べてぐっと下がっている。

んで最近、よく街で就活生を見かけるし、高校生や就活生といった一回り以上違う世代と知り合う機会も増えてきたので、特に就活生に関してはこういうFacebookの使い方はあかんのじゃないかという典型例について、思いつく点をいくつか触れておきたい。

***

まず、Facebookはある程度選考の進んだ学生であれば企業側から必ず見られると思っていて良い。3年で新卒の3割が辞めると言われている現在、企業側は今まで以上に採用を多面的に行おうとしている。

面接だけの準備をしてきているヤツなんじゃないか、ただ成績が良いだけの性格最悪なヤツなんじゃないか、見た目だけで知性のかけらもないヤツなんじゃないか、後々会社に害を与えるような歪んだ危険思想の持ち主なのではないか。

そんなふうに、やや疑心暗鬼になっていると言っても過言ではない。それぐらい、企業というのは採用で過去に失敗してきている。

そんな企業から見た場合、FacebookやTwitterは学生を選別するための補助資料として、ヘタをするとエントリーシートや履歴書以上に有用である場合も多い。

特にFacebookには、その人間が面接だけでは見せることのない顔が垣間見えたりする。ある程度選考の進んだ学生を多面的に見ようとしてFacebookが覗かれるという事態は、決してない話ではない。というか、僕が採用するなら絶対に見る。

***

その視点から見ると、内容はさておき、下記のようなFacebookの使い方は絶対にやめたほうがいいと僕は思っている。

特にプロフィール写真。

プロフィール写真は家の玄関と一緒。まず最初にサイトを訪れた人間が見るページである。

そのプロフィール写真が下記のようになっている人は、少なくとも僕は一段評価を下げている。だって全然見る側のこと考えてないんだもん。採用する側から見たときの無駄なマイナスポイントは、この際改めておいたほうがいいのではなかろうか。

見なきゃいいじゃんとかそういうことではなくて、見られても大丈夫なようにぐらいしとけよという話。せめて就活期間中ぐらいはしっかりしようぜエブリバディ。

※当てはまる人いたらごめんなさい。他意はありません。

1、プロフィール写真が犬

pug-690566_1280

お前は犬なのか?と思われてしまう。猫も同様。

日向小次郎がベンガル虎のプロフィール写真を使ったり、スティーブ・ジョブズがリンゴの写真を使ったりというのならまだ分かるけれど、Facebookという「Face」の付くアプリを実名でやってる以上、犬にウリ4つぐらい似ているとかじゃなければ、やめておいた方が良い。

飼ってる犬が可愛いからなのかもしれないけれど、そのワンちゃんのことよりもあなたのことを採用担当者は知りたがっている。

 

2、プロフィール写真が2人以上の複数

friends-838993_1280

お、おう、そうか、友だち多いんだな?素晴らしい。

ところで、

お前どれだ?

一体どれなんだ??

そう思われる写真を平気で掲載している人は多い。繰り返すけれど、就活中であれば絶対にやめた方が良い。一番左が親友のクリシュナで、右から二番目が大学のクリケットでライバルだったシヴァ、で真ん中のメガネかけてるのが僕、クマールで・・・なんて言われても、何がなんだか分からない。

自分の名札に複数人の名前を書くのはやめよう。

 

3、プロフィール写真がblank

スクリーンショット 2016-05-09 17.31.41

僕が採用担当だったら、Facebookネイティブ世代の学生がこのプロフィール写真にしていただけで落とすかもしれない。それぐらいITに弱いと(誤解も含めて)思われてしまう。

ITが過去の世代と比べて相対的に強いことが今の若者の強みであるはずなのに、そこがいきなり欠落してるとなったらもう、ダメでしょそりゃ。

 

4、名前がありがちなのにプロフィール写真がありがちな自分以外の誰かか何か

「やまだいちろう」という名前は、Facebookで検索するとかなり出てくる。

採用担当者がもし運良くあなたのことをFacebookで検索してくれたとしても、まともな顔写真で「あのやまだいちろう君か!」と分かるようになっていないと、検索で疲れた担当者はそこであなたへの興味を失ってしまう。

実際、僕は何度か会って数分しかしゃべっていない人に対して「あ、この人おもしれーな」と感じて後からFacebookで検索したら、同性同名の人が100人ぐらい出てきて、挙げ句その人の顔写真が全く見つからず、さじを投げたことがある。

世の中はほんの少しの縁とタイミングで出来ているが、それをわざわざ逃す手はない。

 

プロフィール写真についてだけでも色々言いたいことがあったのでこれにて終了。

就活生の皆さんはせっかくの機会なのでFacebookもフル活用してくださいまし。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。