ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

JR東日本の電車遅延はもっと頻繁に起こっていい #976

time 2016/05/13


 

ブログ仲間やアルファブロガーのをザッピングするのが日々の習慣の一つになっているあたくし。

ある友人のブログを覗いていたら、編集後記にこんなことが書いてあった。

このところ、電車遅延が非常に多いですね。
相互乗り入れなどで運行のレベルが上がっているのは分かるのですが。
それを差っ引いても、KPIの設定・業務プロセスの整備など、
組織として今まで普通に行えていたことができなくなっている。
JR東日本はそれが顕著ですね。
昨日・今日の件に限らず、組織としての弱体化を感じています。

この友人は僕が朝立ちしても勝てないぐらい真面目な人間なので、いつも会うたびにその緻密な思考に「勝てないわ〜」と思わされるのだけれど、この編集後記にはとりわけ敗北感を感じた。

こんなこと、考えたこともなかった。「KPI」をほんの少し前まで「キューピー」と読んでいた身としては、この友人が人生を比較的うまくコントロール理由を垣間見た気がした。些細なことを些細なままにしない。そこが強い。

んで、僕はむしろ、

電車遅延?どんどん起こればいいじゃない?

と思っていた派なので、この差は当分埋まらないだろうなぁと痛感することとなった。以下、個人的な意見をば。

***

僕は、日本は世界でも、国民が最も幸福を感じられる可能性の高い国だと考えている。

各所に問題はあるにしても、未だに安全、安心、裕福。何より飯が美味く、肉のはみ出たボンレスハムみたいな女性が少ない。漫画も世界一面白いし、公衆トイレの清潔さに民度の高さが現れている。

世界同時大震災が起こったとしても、世界で最も秩序立って行動できるのが日本人であるはずだと信じている。

んが、それほどまでに完成された国でありながら、国民の幸福感という点に立てば先進諸国の中でも最悪に近いのが現状となっている。

なんでだろう?自分たちはほんとは自分で思っているよりも幸せなはずなのに、と前から思っていた。理由はよく言われている通り、恐らくの原因は「生きづらさ」みたいなものが国民全体で共有されてしまっているからなのだろう。

じゃその原因はなに?となると、話が相当に飛ぶようだけれど、僕は

JR東日本、特に山の手線が時間に対してあまりに正確過ぎる点

だと今回の友人のエントリを見て確信するに至った。

風が吹けば桶屋が儲かる的な話に聞こえるかもしれないが、結構僕は本気でそう考えている。

***

今の都心では、山手線が1分遅れると誰かが舌打ちをし、10分遅れるとクレームを言うヤツが出てくる。

電車を降りれば、健常者なのに一目散にエレベータに向かうバカが大勢いる。後ろには妊婦さんやベビーカー連れの親子、高齢者が申し訳なさそうに待っている。

この国の都心の駅の絵面は、どこか強烈に間違っている。

断っておくと、JR東日本は非常によくやってくれている。最近は遅延が多いのかもしれないけれど、とにかく正確であろうとしてくれている。

顧客の要望には全力で応えようとしてくれている。そしてそれがゆえに、よくやってくれてるからこそ、困った事態を引き起こしている。

JR東日本が遅延を無くそうとすればするほど、正確であろうとすればするほど、そこからほんの少しでも逸脱したときに激怒する心の狭い人間が増えてくる。遅延したから本でも読もうか、といったような心のゆとりは、どんどんなくなってくる。

時間に正確なのは良いのだけれど、それを実現することをJR東日本に全権委任しているから、基本的に頭のなかが他責思考になる。電車が多少遅れても、場合によっては来なかったとしてもなんとか時間までに目的地にたどり着こうとするインドのビジネスマンたちとは、そういうところの思考回路が決定的に変わってくる。

全ては主体性の問題ではなく、JR東日本任せになる。

***

JR東日本の電車の正確さというのは、僕から見れば局所勝利が全体勝利につながらないことの最たる例だ。それだけ見たら極めて正しく、そして全体から見たら完全に調和を乱している。日本人の時間に関する概念のバグの大半は、JR東日本が生み出している。

だって、たかだか1分の遅れに激怒するヤツの脳内には、残業を少しでも少なくしようと努力するためのメモリなんて残ってないもん。ささいなことに目くじらを立て、感情を乱すから、本当に大事なことに対するこだわりが生まれる前に、全員が疲れてしまう。

てなわけで、僕の個人的な意見としては、JR東日本は既にもう十分よくやっているので、あとはもう適当でいいんじゃないの?ということを言いたい。

「この電車はベスト・エフォートなので、無理なときは普通に遅れまーす。」とか、

「1分遅れたぐらいで文句言うヤツは、絶対に出世しないと断言出来まーす。」とか、

「今日も皆さんの胆力がこの遅延によって試されてまーす。」とか、

あの鉄道会社の車掌さん特有の鼻声でアナウンスしてやればいいのに、と思う。

どうでもいいところに全力を使う日本の悪いくせは、JR東日本から修正していくべきだ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。