「毎日ブログを書くことが素晴らしいことである」という、一見すると仕事や人生の生産性からはほど遠い文化が、不思議なことに僕の周りでははびこっている。
ある師匠は4000日以上書いているし、別の師匠は3000日を超える。周りでも1000日以上書いてる人もちらほら。毎日更新はデフォルト以上でも以下でもないとされている。
毎日更新以外あるの?と真顔で低い声で言う色黒の黒光りした低音ボイスの漆黒の太腿をもつ日焼けした税理士さんとかいるぐらいだ。
僕自身、1000号に迫る連載を重ねてきて、一定の成果を得てきたと自負している。
しかし、そのために使っている時間や労力は決してバカにできたものでもない。
▼ブログのために毎日時間を割いてるし、
▼ブログのネタ探しのために頭は常にフル回転だし、そのせいで疲れることもあるし、
▼ウンコ踏んでもお茶をかけられても「ネタができた!」とか喜んでるし、
▼仕事に基本的には関係ないブログの勉強会とか出ちゃってるし、
▼とはいえ仕事に直結するほどのアルファブロガーでもないし、
ということで、諸事情あってブログを一定期間、「戦略的に」止めてみて、その効果のほどを計ることにした。
ノリで止めたんじゃないよ。「戦略的に」止めたのよ。。。
***
分かったこと。
 
 

何も起きねえ。。

何も進まねえ。。

何も考えられねえ。。

 
 

止めた効果、完全にゼロ。。

 
 
唯一分かったことは、「戦略的に」とか言ってる時点で自分がロクでもない状態になっていたといことだった。
***
「戦略的に」という言葉は、とても便利だ。
この言葉を使うだけで、一見頭が良さそうに聞こえる。なにやらとても色々考えてる人に見える。
 
「この案件は戦略的に進める必要がる。」
「テストと言えど、戦略的に計画することが大事だ。」
「就活も婚活も戦略的に考えた人間が勝利する。」
 
しかし、今回の僕の「戦略的に」の使い方に代表されるように、多くの人にとってはこの言葉は諸刃の剣、どころか、デメリット一杯の愚者の戯言になってしまうこともしばしばなので気をつける必要がある。
どういうことかというと、

「戦略的に」という言葉は、

怠惰なヤツが当たり前の努力を何かお手軽な手段で代替してラクをしようと思ったときに、

つい周りに対してかっこよく見せようとして口から滑りでてくる負け犬の言葉だってこと

に、僕は気づいてしまった。
***
アポを取る、朝早く起きる、仕事を他の人間よりも長くする、常に体力維持に努める。
やらなければいけないことは沢山あれど、その大部分は人より多く量に関する努力をすることで報われる、と過去の経験から言える。
しかし、「戦略的に」と言い出した瞬間に、その量に関する努力が選択肢から外れる。みんながみんなそうではないかもしれないけれど、僕の場合はそういうことが多い。
頭を使ってるとは言えるかもしれない。
確かに戦略がないよりあった方がいいのかもしれない。
青写真がない方がはるかに危険なのかもしれない。
だけどもだっけっど、「戦略的に」と言ってるときの僕は、明らかにそうでないときよりもラクをしようとしているということだけは確かだ。
皆さんもそうなってないか、自分で確かめてみてほしい。
結構「戦略的に」が口癖で、使えないヤツは多い。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事