コネクトしようとしないとドットはコネクトしない #1003


 

間違いなく世界を変えた人間のうちの一人、スティーブジョブズがこの世を去って、はや数年。

このスピーチは、今もたまに見返すと大事な何かを思い出させてくれる。

ちなみに、ジョブズのスピーチも最高だけれど、僕のイチ推しスピーチは下記2つ。イチ推しなのに2つ。

【インデペンデンス・デイでエイリアンにめった打ちにされた米軍が最後の勝負に出る際の大統領のスピーチ】:未だに全部暗唱できる。

 

 

【2004年の民主党大会でジョンケリーを大統領に推すためオバマの応援演説】:オバマが世界に初めて知られるようになった伝説の演説で、一時期コレの後半部分は勉強兼ねて完コピしてた。

 

ジョブズのほうもいずれ完コピできるようになりたい。今のところ

“Stay foolish, stay hungry”

しか言えない。

***

今日言及したいのは、最後の”Stay foolish, stay hungry”と同様に有名なスピーチ中のフレーズ、

“Connecting the dots”

について。

過去に起きたことは、一見バラバラで脈絡がないように見えても、後で必ず意味を持ってくるものなんだ。点と点がいつのまにか結ばれるかのようにね。だから恐れず前へ進め。

といったような意味の言葉で、既に巷では会話の最中に「それ、connecting the dotsだよね。」と言っても、まともなビジネスパーソンなら大体は意味を理解するぐらい有名になっている。

で、今日は偉大な指導者ジョブズ師に対して、珍しく反対意見を言いたい僕の話を聞いてほしい。

あのね、

コネクトしようとしないとドットはコネクトしないですから!!!

***

最近、しばしば強みコンサルティングめいたことをしている。

「僕の強み、なんでしょうか?」

といった感じで、ドナドナの羊よろしく列を成して相談される。

いや、それぐらい自分で考えろよ、と言いたいところだけれど、見た目に反してお人好しな僕は、たとえば起業したてで自分の強みが分からないヤツの強み分析をしてあげたり、

たとえば起業のエントリーシートで自己PRの仕方が分からない学生の強みを、そいつの代わりに作ってあげたりしている。

ガッデム、これで見た目がもう少し優しければ、「優しい人認定」をもらえるのに!!!

***

第三者という視点を差っ引いても、たぶん僕の方が圧倒的に彼らの強みを的確に表現できているといつも思う。逆に言えば、僕から見ると、彼らはあまりにも自分の魅力が分かってなさすぎる。

その強みや魅力はどこから来るかというと、当然のことながら、見た目を別とすれば、あとはすべて過去の蓄積である。つまりは過去に何をやってきたか、その種類と組み合わせと濃度である。

甲子園出ました、と言われるとお!と思うし、セパタクローやってましたなんて言われるとそのニッチ度に心がうずく。

それらを陳健一のごとく中華鍋に放り込んで調味料を加えて強火で調理し、相手がおいしーと言ってもらえるように仕立て上げる。

ただそれだけの作業なのに、僕に相談に来るヤツらはてんでそのあたりがダメ。「よくそんなの思いつきますね!」と言われるけれど、僕からすると返す刀で「よくこの程度思いつかないね!」と言いたい。

***

これは、どこから来る差なのだろうか?と少し考えてみたことがある。

別に僕が自己PRの天才というわけではない。自己PRなんて勉強したこともない。

エントリーシートを学生時代に何百枚も書いたわけではない。始めた頃には終わってる企業も沢山あって、だいぶ焦った記憶がある。

文章は多少は得意だけれど、それと人様の強みを分析する能力はまた別だと思う。

 

ただ一点、僕がやっていて彼らがやっていなかったこと、それは

ブログを書くこと

だ。

もう少し細かく言うと、

ブログを書くために自分の過去を洗い出し、使えると思われるネタとネタを接合したり掛け合わせたり関連づけたりを無理矢理する作業を毎日繰り返してきた

のだ。

ジョブズ風に言うと、ドットをコネクトしようとしまくってきたということだ。

***

一方の彼らはというと、やってきたこと自体は僕がほー、へーと唸るような立派なことばかり。

穴があったら入りたいとこちらが思うほど立派なことをしていたり、その濃度において到底叶わないなと唸らされることも多い。

しかし、ドットをコネクトしようとしてこなかったので、ドットがドットのままだったのだ。過去の経験も出来事も、それぞれバラバラのまま。何のつながりも起きない。

だから結論として自分の強みも魅力も分からない、という状況に陥っていた。

やろうとしないことは永遠に出来ない、という真理の典型的な例に思えた。

ジョブズの言っていることはとても大切だ。彼はいつだって真理しか言わない。

しかし、

コネクトしようとしないドットは永遠にコネクトしない。

ということもまた、覚えておく必要があると思った。ジョブズが言っていることが森羅万象すべてに当てはまる、というわけでもないのだ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。