バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!
大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。
※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!
***
(登場人物)
元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。
仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。
えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。
みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。
ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。
熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。
***
現地に着くと、まずは競技説明会に出席しなければならない。この競技説明会に参加すると、「ああ、俺はまた命を賭けた戦いに臨むんだな」と実感する。
IMG_0118
 
トライアスロンは、特にロングの大会になるほどに命のリスクが大きくなる。
スイム、バイク、ランで比較すると、スイムの事故率が圧倒的に高い。年間数人はトライアスロンで死亡しているが、そのほぼ全てがスイムで発生している。
次に危ないのがバイク。僕クラスの重量打線になると、下りでのトップスピードは70kmを超える。(プロだと100kmを超える。アホかと。)
少しのハンドルミスがあっても大事故になるし、運悪くスリップしたら命が危ない。五島には何個か90度カーブがあり、曲がりきれずにガードレールに突っ込む人もたまにいる。
ランは命の危険はないけれど、関門切れも含めたリタイヤが一番多い種目だ。僕も今回スイムで0回、バイクで50回、ランで385回ぐらい完走を諦めた。
 
そういった226kmもの長距離、15時間もの長時間に渡るレースの注意事項を説明してくれるのが競技説明会。
だから、みんなとても集中して聞いている。
ザックはすっと目を閉じて、一言一句漏らさないように聞き入っていた。
IMG_0335
 
僕なんぞ、さらに集中力を高めるべく光を遮断してまで聞いている。
IMG_0332
 
そして現地の子どもたちによる吹奏楽と応援。こういうのは本当にありがたい。このときはザックも僕も、目をぱちくりと開けて音響を楽しんだ。
IMG_0121
 
帰り際に1枚。こうして見ると、個人競技のトライアスロンではあれど、「チーム」という感じがす。(熊だけは厳密には別チーム)
「ポセイ丼!」と呼んでもらえることも増えた。ありがたやありがたや。
IMG_0126
 
***
宿に戻ると、まずはバイクの組み立て。
我が黒王号を丁寧に開封し、組み立てる。
IMG_0116
トライアスロンショップに頼んだのはメンテナンスと梱包、配送だったのだけれど、よく見ると勝手におニューのタイヤに交換されており、さらに勝手にボトルゲージが代えられていた。
トライアスロンは様々な自然現象との戦いとなるため、ある意味で「テキトー」にならなければやってられない。天候の変化にイチイチ楯突いたところで、ロクな結果にならない。
だからいい感じのところで神経がテキトーになるのだけれど、困ったことにそれらトライアスリートに対して物品を販売するトライアスロンショップの人たちまで、結構な確率でテキトーな人たちが多い。
今回のように、「チューブチェックしといてください」と伝えたらタイヤごと変わっていたり、速さに影響が全くないはずのボトルゲージまで、これみよがしにおニューになっていたりする。ある淑女は、メンテを頼んだらギアが電動になっていたそうだ。
これ、「インド人よりもテキトーなのになぜか商売が成り立つ」というトライアスロン業界の七不思議。
***
僕がバイクを組み立てていると、ある方向から強烈な視線を感じた。見覚えの無いある漢が、こちらをずっと見ていたのである。
仙人が男性にモテるのはよく分かる。何せ、なんとなくいつも誘ってる感がある。こんな感じで。
仙人
 
ところが、僕に全くその気はない。いままで幸いにも、男性に声をかけられたこともない。
来るべきときが来たか・・・と思ってふっと顔を上げると、
 

「も、もしかして、羅王さんですか?」

 
と声をかけられた。
 

「ブログ、読ませてもらってます。」

とな。
 
なんと、世界誰も読んでないランキング第53位ぐらいに輝く当ブログが、まさかの同じホテルの人に読まれていたのだ。
 
さらに、振り返った漢は驚くべきことを口にした。ザックの方を向いて、
 

「『フフフさん』、ですよね?」

 
と言ったのだ。これにはぶったまげた。
 
背景を解説しよう。
 
ザックの去年の番号は「777」であった。それがザックのナメた顔つきも相まって、どう見ても「フフフ」にしか見えなかった、という話を去年のバラモンキング完走記で書いた。
ラッキーナンバーが3つも並ぶ神聖なはずの「777」が、「フフフ」に見えてしまう。なんてナメたヤツなんだろうか。ちなみにこのナメた顔のせいで、ザックは去年、DNF(Did Not Finish)に終わってしまう。
IMG_0746-1024x768
 
つまり声をかけてきた漢は、
1、「羅王のブログ」を読んでいた。
2、ブログのauthorの顔をしっかりと記憶していた。
3、そのブログに出てくるザックの顔も記憶していた。
4、さらにそのザックの番号まで記憶していた。
という極めて驚くべき完成されたコンディションで声をかけてきたのである。
 

めっちゃファンやんけ!!!

めっちゃ読み込んでるやんけ!!!

 
 
僕たちは軽く興奮した。ポセイ丼の知名度はここまで高まっていたのか。
と同時に、少し恥ずかしくもなった。
なにせ、有名になりつつはあれど、全員のレースの平均偏差値は40程度。全参加者のうち、ほとんどが底辺を這いつくばっているのだから。
声をかけてくれた漢さん、これ読んでたら申請ください。ファンクラブ1号として認定します。
***
さて、夕食である。
僕たちが泊まるホテルは、いつも素晴らしい料理を提供してくれる。(来年混むと困るから言わない。)
人間の生存3原則である食う・寝る・出すのなかで、僕は食うが一番好きだ。
IMG_0127
 
さて、夕食が終わると夕食である。
バラモンキングほどのレースに僕のような88kg級選手が立ち向かうと、15000kcalほどを消費する計算になる。エネルギーを消費するためには、まず溜め込まねばならない。
2時間ほどの休憩を挟み、2度目の夕食に向かう。
去年滞在期間中2回もお邪魔した「和」に。
IMG_0129
 
五島には「五島牛」なる牛さんがいる。いつも美味しくいただいている。
IMG_0154
 
肉にがっつく前に肉の撮影にがっつくポセイ丼メンバーたち。撮るか撮られるか。被写体を撮ってるつもりが、いつのまにか自分が被写体になっているのがポセイ丼というチームだ。
IMG_0140
 
フリーザ様第3形態に似ているくせに猫舌なえぇ。。さんのために、懸命にユッケジャンクッパを冷ましてあげる元フフフなザック。
思えば、彼が輝きを放ったのはこれが最後であった。
熊は厳密には別チームのため、ポセイ丼Tシャツを与えられず、熊なのにパンダTシャツを着ている。
IMG_0158
 
五島牛の握り。とても美しい。
IMG_0159
 
食後には、軽く鉄棒で運動。みんな、元帥が逆上がりできることに驚いていた。
至尊の頂にあるお方が、逆上がりなんていう俗なものをマスターしていたとは。。。
IMG_0170
 
これを最後に、ザックはずっと寝込むことになる。
脇の甘さを全面に押し出しながら。
IMG_0179
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事