バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!
大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。
※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!
***
(登場人物)
元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。
仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。
えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。
みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。
ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。
熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。
***
 
バイク180.2km!
レース中、最大最長の勝負が始まった。コースの全容はこちら。
スクリーンショット 2016-06-28 22.19.16
(Source:バラモンキングHP
 
五島のバイクコースは「ジェットコースターみたい」と形容される。180kmのなかに平地も勿論あるが、それ以上に登って下ってばかりなのだ。
こちらの方のブログを参考にさせていただくと、180kmのなかで

4%以上の坂は約450回出現、計27km、
うち7%以上は約300回出現、計15km、
さらに10%以上は約200回出現、計1.3kmでした。

だそうな。なんだか大変なことはよく分かる。
 
僕は85kgオーバーのカラダである。重力には弱い。
だから、下りで加速して、その勢いで登りを半分ほど制覇してしまう。平地では30km以上は出るのでそれでいく。
DHポジション(空気抵抗の少ないトライアスロン特有のポジション)をずっと続けるほど体幹が強くないので、適宜休みを取りながらストレッチしつつ進む。
目標時間は7時間。ランに6時間は残したい。6時間あれば、野辺山ウルトラを42kmでリタイヤした僕でも、なんとかなりそうな気がする。
大体の作戦をそんな感じで定めていた。勿論、7時間というのはあまり速いタイムではないため、余裕があれば上を狙っていくつもりだった。
***
バイクパートは、個人的には一番楽しい区間だ。
スイムは正直に言ってまだまだ怖い。ランは最後の追い込みだからツラすぎるし、何よりスピードとは無縁である。
バイクだけが風を颯爽と切りながら、自らに羽根が生えたかのごとくハイスピードで移動できるパートなのだ。
楽しいなぁ、楽しいなぁ、と思いながらバシバシ人を抜いて漕いでいたら、20km地点でトンネルエリアに差し掛かった。
少し薄暗くなるので怖い。ただトンネルを走ってる自分がナイトライダーになったみたいで、トンネル自体は結構好きだ。
 
・・・と思ってたら、前日ほとんど寝られなかったツケが、1秒だけ来た。暗いトンネルで、一瞬だけ眠気に襲いかかられた。僕は、リフレッシュの意味も込めて、刹那の間だけ目を閉じた。
そしたら気づいたときには、僕は道路サイドの縁石部分に前輪を取られ、
 

トゥルン!

とハゲ頭に落ちた水滴のごとく滑って落車してしまった。
 

おおおおおおぉうぅ!

 
と一瞬焦ったものの、落車そのものもトゥルンといったので、打ち身はおろか、擦り傷一つすらしなかった。登り基調のトンネル内部で、23kmぐらいしか出ていなかったことが幸いした。
あー良かった。
 
・・・と思った次の瞬間、
 

バコォン!!!

 
頭を吹っ飛ばされた。
後続車に轢かれ、高速で回していたペダルが頭を直撃したのである。
頭への衝撃は結構強く、カラダも半分ぐらい回った。
幸い、ヘルメットをしっかりかぶっていたのでダメージは完全にゼロであったが、忘れもしないのは、僕を轢いた人が直撃の直後、
 
 

「あ・・・(しまった。。)」

 
 
とだけ小さくウィスパーして走り去っていった光景だ。
彼は、僕を轢いたことは確実に認識していた。そして、わずか一文字にやっちまった感の全てを込めて、僕を置いていった。
トライアスリートには決断力がある人が多いが、彼の轢き逃げの決断力は一級品だった。立場が逆だったら、僕は自分が轢いた人を置き去りにすることが果たしてできるだろうか???
無理だろうな。。
***
落車に軽いショックを受けながらも、遅れを取戻すべく、ペダルを回す。
すると、今回のバイクコースには珍しい、すれ違いコースに入った。チェックポイントが海沿いの道の先にあり、そこへの往復区間は行き帰りの選手たちが交錯するのだ。

「AKB!!!」

熊が対角線から呼びかけてきた。
あれ?熊ってこんなに速かったっけ?折り返した分を計算に入れると、距離にして5−6km、時間にして10分以上の差をつけられてることになる。
僕の知ってる熊は、山王工業の河田弟。「おら、しゃきっとせい。」と河田兄に小突かれて、
「ごむぇん、にいちゃん」
とまごまごしているのが日常だった。
その熊が、スイムではほぼ同着だったのにこんなに先に行っている。僕は不思議でならなかった。
熊は、いつの間にか成長していたようであった。
・・・と思ったら、「AKB!」と僕に勢いよく呼びかけたときにハンドル操作をミスったのだろうか。
密集のなかを走っていたにも関わらず片手を話して僕に呼びかけたせいで、熊のバイクは左右に揺れた。
「ヘイヘイヘイ邪魔だ!」
と並走していた怖そうなトライアスリートにめっちゃ怒られてた。
やはり熊は怒られるのが似合ってる。
***
30km地点に差し掛かったとき、ふと脚に違和感を覚えた。
気のせいか?と思ったけど、気のせいではない。
まさか、こんな序盤で?と思ったけれど、そう、こんな序盤で。
疑惑は確信に変わった。
不安が事実に変わった。
 

「安西先生、膝が、膝が痛いです。。。」

 
ランでよく発症する「お膝ピキピキ病」が始まったのである。正式名称は腸脛靭帯炎とでも言うのだろうか、たぶん。
 
もともと、直前のトレーニングでジムでエアロバイクをガシガシ漕いでいたときに、2回ほどお膝ピキピキ病でリタイヤしたことがあった。
そのときはまぁ大丈夫だろうと思っていた。
その後にランニングマシーンで走っても、割と大丈夫だったからだ。
通常お膝ピキピキ病は、ランのオーバーユースのせいで発症する。
しかし発症したのがバイクで、しかもその後走っても痛くなかったことから、そのときは小事に過ぎないとタカをくくっていた。
そして30km地点で、それは無視出来ない痛みとなって僕に襲いかかってきた。
冗談じゃないぜ。
 
僕はこの時点で30km地点にいた。たったの1時間ほどしか漕いでない。
バイクパートは残り150km、計算上は6時間近くもある。
どんどんひどくなる痛みを抱えながら、僕はここから先の6時間を、

「リタイヤ」

の4文字と戦いながら過ごすことになる。
この4文字との戦いは、スイムを制したときに終わったと思っていた僕がバカだった。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事