バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!
大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。
※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!
***
(登場人物)
元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。
仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。
えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。
みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。
ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。
熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。
***

ザックのための走ろうと思ったけどムカついてきた


他の選手のバイクに轢かれ、「お膝ピキピキ病」を抱えながらなんとか180kmのバイクを走破した。
残りはたったの5時間40分。直近走ったフルマラソンは、なんと2年前。大丈夫か俺!どうするどうする!
とはいえ、先ほど決意した通り、もはや完走以外の選択肢はない。応援してくれてる五島の人たち、本気で支えてくれてる運営の人たち、まだ走ってる仲間のことを考える。
そして病床に伏したザック。

 
2015年はバイクでDNF、2016年の今年はなんとDNS。悔しかっただろう。泣いてるだろう。心配するな。お前の分も、膝がぶっ壊れても走ってやる。
そうザックのことを考えながら走り始めた。
すると、ザックのナメついた顔が次々と浮かんできた。
完走パンを片手に得意げなザック。

 
お茶碗を威嚇するザック。

 
ああ、だんだん腹が立ってきた。
大体なんであいつはあんなムカつく顔をしてるんだ。
なんで温室育ちで、苦労もせず大学に受かり会計士になり、トップ講師になり、方々で活躍してるんだ。俺だって人生ナメたい!!!
腹立ちとムカつきが頂点に達した。
そしたら少しずつ走れるようになってきた。
右膝は痛い。痛いけど、痛いだけだ。それさえ我慢すれば、どうってことない。
 

苦悩しながらも、耳にイヤホンを押し込む

さて、作戦発動である。
残りは5時間40分。最初の数kmを走ってみた感じだと、このまま行ければオーケー。しかしどうせ後半ダレるだろうから、完走は不可。そんなイメージだった。
ということで、僕は開始早々に音楽作戦を投入することにした。爆風スランプ「Runner」などのテンポの良い曲を全開で聞きながら、脚にリズムを持たせるのだ。
通常、「勝負所」というと、人は後半戦を思い浮かべると思う。「ドラゴンボール」でも、悟空が必殺技を出すのは後半だし、「スラムダンク」でも、一番盛り上がったのは山王戦の後半だった。
しかし、出し切ったあとの出がらし状態で戦うロングのトライアスロンでは、ランの後半になって「いざ勝負!」といったところで、本当に何も出ない。しかも、トレーニング皆無による実力の絶対的不足というオマケ付きだ。出るものが何もないことは、容易に想像できる。
であるならば、まだかろうじて余裕のある今、距離と時間を稼いでおくことが、僕にとっての「勝負」だ。いまだ!いまなんだ!
元気玉をベジータに当てようとするクリリンに指示する悟空のように、僕は音楽作戦を発動した。
 
しかし、副作用が1つある。五島の人たちの応援が聞こえないのだ。
これにはすごく悩んだ。1000人のレース参加者に対して、3000人ものボランティアの人たちが、僕たちが1人でも多くゴールできるように、支えていてくれている。
見ていて面白いトップ選手だけならいざ知らず、僕たちのような歩いているのか走っているのか分からない遅い選手のことまで、必死に応援してくれている。
そんな人たちの声援を聞きながら走ることで、得られるパワーもものすごく大きい。
しかし僕は、心の中で謝罪しながら、耳にイヤホンを押し込んだ。人には、時に周りの目を気にしないで、突き進むべきときがある。
今は、とにかく距離と時間を稼がなければならない。彼らの応援の声が聞こえなくても、顔を見ることはできる。そしてなにより、応援に応える最大の貢献が、僕自身がゴールすることだ。
とにかく、一歩でも前へ!1mでも前へ!
 

疲れたときこそ◯◯◯◯◯!!!

僕は、敢えて自分の殻に閉じこもって、リズミカルに鳴り響く音楽に耳を傾けながら、それと同期させるように脚を動かしていった。
不思議なもので、激痛に苛まれて限界を超えている脚のハズなのに、リズムをとるだけで前に進める。
そうだ、そういえば高校生の頃に学んだんだったんだ。
 
疲れたときこそリズミカル!!!
 
この言葉を見て、「スラムダンク」の22巻、全国大会前の2万本のシュート練習をしている桜木花道のセリフだと気づけた方は、相当なジャンプフリークである。
そう、疲れたときこそリズミカル!!!
面白いぐらい、といっても自分のなかではだが、脚を前に運ぶことができた。
みよっしー、仙人、えぇ。。さん、厳密には別チームの熊、それぞれ、僕に比べればはるかに順調なレースをしている。彼らはきっとゴールするだろう。元帥も、今はまだ後ろにいるけれど、きっとなんとかしてくるだろう。アイアンマンでも、佐渡でも、元帥はきっちりランで修正してきた。
問題は僕だ。
上りは諦めて歩いて、平地は曲が流れる間は走り、しかしすぐに限界を迎えてとぼとぼ歩きながら、テンションが落ちてきたらより激しい曲にする。
それでなんとか帳尻を合わせながら、最初のハーフ21kmを2時間41分で駆け抜けることができた。遅いけれど自分的には一応計算通り。
残り21kmを2時間59分で走れば、奇跡のゴールとなる。
問題が1つあった。
完全なるガス欠。そして、手元にはジェル類が1つもなかった。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事