ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

SMAPの解散について思ふこと #1069

time 2016/08/14


 

BxBO1_LCIAAVRjy

(Twitter)

 

SMAPの解散が決定した。

”育ってきた環境が違うからすれ違いは否めない”

と名曲「セロリ」で言っていたけれど、実際は育ってきた環境がほとんど一緒でも、すれ違いは否めなかったということのようだ。

芸能界どころか日本全体にとってかなりの大事件として報道されていることもあり、僕なりに感じたことを書き留めておきたい。

個人的には「福山ロス」(=福山雅治が結婚して独身女性たちのモノではなくなるという悲劇)の比ではないと思っている。

***

今までSMAPについて深く知らなかったので、少し調べてみた。下記はファンの人にとっては当たり前かもしれないけれど、僕にとっては新鮮だったSMAPトリビア。

▼SMAPの結成はなんと1988年。僕がまだ8歳だった頃だ。

▼結成当時、木村クンと中居クンが15歳、稲垣クンと脱退した森クンが14歳、草彅クンが13歳、香取クンが11歳。現在はそれぞれ39−43歳になっている。

▼SMAPの正式名は、Sport Music Assemble People。知らんかった。

▼1998年の「夜空ノムコウ」が初のミリオンヒット、2000年の「らいおんハート」が2度目のミリオンヒット。2003年の「世界に一つだけの花」がダブルミリオン達成。

▼「CMタレント好感度ランキング」において、1997年ー2005年の9年連続1位。

▼脱退した森クンのオートレースにおける獲得賞金総額が5億円を超える。

▼シングル総売上は2000万枚以上、アルバム総売上は1000万枚以上。

おお、スゴい記録ばかりだ。

***

以上をふまえて、僕が感じるのは、

おつかれさまでした。

の一言だ。

今回の解散があり得ないのではなく、27年間解散しなかったことの方がむしろあり得ない。

僕だって、11歳のときに仲が良かったヤツらと、今も変わらずずっと一緒にいるかというと、当然のことながらそうではない。

友人というのは、時間とともに普通は変わっていくものだ。

27年間同じ会社に勤め上げた人は沢山いるかもしれないが、27年間に渡り同じ部署で同じ仲間と同じ仕事内容で働き続けたという人は恐らく皆無だろう。

SMAPには人事異動すらないのだ。その苦労は推して知るべし。

***

もう少しSMAPについて語ろう。

僕は、正直に言えばあまりSMAPが好きではない。

歌はヘタだし、ダンスもイマイチだし、テレビも出演していたらほとんどチャンネルを変える。

歌手で言えば、僕は狩人やクリスタルキングのような本格派が好きだし、ダンスはE-girlsのようなまともなダンスを見たい。

ルックスで言ってもEXILEの方がはるかにカッコいい。

草彅クンの演技はスゴいと聞いたことがあるけれど、実は草彅クン主演のドラマは何一つ見たことがない。

だから、SMAPがどれぐらいスゴいのかについてはイマイチ分かっていなかった。

SMAPのいる芸能界に興味があるかと言えば、なかった。

***

が、今回の解散報道を受けて「おつかれさまでした」という気持ちの次に湧いてきたのは、

SMAPのいない芸能界が想像出来ない

というなんとも不思議な感覚だった。

これは、SMAPがとてつもない存在であったことと同義であることを証明していた。

いることが当たり前で、いなくなると違和感や欠乏感を感じる

というのは、空気や水と同様、僕たちにとって必須の存在であったということだ。

SMAPが出てこないテレビ、SMAPが歌わない音楽番組、SMAPが出てこないドラマ。

いずれも、SMAPが当たり前のようにいたときには全く気がつかなかったけれど、いなくなってみるとどこかで何かが圧倒的に足りない気がする。

 

恐らくは国民のほとんどがメンバーのことを「クン付け」で呼んでいたことも、その存在の大きさの証左だろうと思う。「君付け」ではなく、「クン付け」で。

不思議なことに、ファンだろうが僕のようなややアンチだろうが関係なく、「木村クン」、「中居クン」といったように彼らを呼んでいた。

SMAPに近いアイドルである嵐にしても、「櫻井君」、「大野君」と呼ぶことはあっても、「櫻井クン」、「大野クン」とはなかなかならない。

「クン付け」という特徴的な呼び方がデファクト化している点で、SMAPはスゴいグループなのであった。

 

芸能人としての能力に関して言うと、歌がヘタでダンスがヘタでコントと料理がちょっと出来てルックスが並よりちょい上ぐらいで、

それで国民的アイドルの座に20年以上も君臨し続けたという事実。

これは本当にスゴいことだと思う。

僕の師匠は、「強みを掛け算せよ」と言っている。

いずれもそこそこの能力だったとしても、英語がそこそこ出来て盆栽技術がそこそこであれば、’BONSAI’について書けるのは日本でその人だけ、なんてことにもなったりする。

全てがそこそこ以下の能力しかなかったSMAPの活躍は、一芸を持つことが必須でそれがない人間はお払い箱となりつつあった芸能界に、勇気と希望をもたらしたのじゃないだろうか。

ディスってないですよ。

***

てなわけで改めて。

27年間も一緒にやってきたのだから、すれ違いはしょうがない。

だからあーだこーだと言ったり誰が誰と不仲だとか言ってないで、とりあえず

おつかれさまでした。

の一言で送り出してあげたいと思う。

あと、ジャニーズ経営陣は辞めてしまえ。あれはたぶんただの老害。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。