ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

(自分の話は置いといて少し極端な話)頭が悪い人の残念な特徴 #1166

time 2017/10/09


 

※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。ブログでは諸々にまつわる問題を世紀末覇者的見地から徒然なるままに、メルマガは北斗神拳の伝承者として組織と人材育成について書いてます。

メルマガキボンヌな方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。一日数件申請いただいてます。多謝。

***

そもそもお前の頭のデキはどうなんだ、という、高3の時分に母国語の現代文で偏差値8を取ったこともあるわたくしの頭脳に対する不都合な真実の指摘は脇に置いといて、今日のタイトルの話をば。

結論から言うと、

頭が悪い人の残念な特徴とは、

考えるべきを考えないから、いつも思考が極端に偏り、結果的に行動も極端に偏ることである

と僕は考える。

いくつかの事例を挙げたい。

***

今日、痛ましい事件が放送されていた。

32歳の父親が、一家6人(妻、子ども5人)を殺害。原因は離婚が少し前に確定していたことと、ギャンブルや浪費癖のある旦那側でなく、妻側が子どもを引き取ることになっていたという当たり前の状況に対してカッとなり、というのが概要。

死んでも守ると誓っている2女の父親としては悲しすぎる事件で、心が痛すぎる。もうなんともコメントのしようがない。・・・という当事者としての許せない立場を一旦脇に置いておいて、この事件を少し冷静に見てみたい。

ツッコミ所はいくつかある。

まず感じたこと。

子ども達の名前が読めない。まんまは書かないが、下記とそう違わないと思ってもらって大丈夫なほど読めない。

恋空(ひかり)、小林(かりん)、聖闘(せいんと)

最後の以外はジャンプの読者じゃなければ分からない。

頭の良い子は「子」という名前が多いとか、統計的に立証されきれてない噂も数あるが、少なくとも僕が確信しているのは、

人が「まともに」読めない名前を付ける親は大抵DQNである

ということ。いち意見ですけどね、たぶん外れてないと思う。人が読めないてことを全く想像できず、「これよくね?俺らシブくね?」という感じで決めたのだろうと推測。

役所の人も、これから出逢う先生たちも、友達も、会社の人も、一番大事なはずの名前の読み仮名がしばらく分からない、というところまで配慮が行かず、自分たちの思考様式が世の標準であると錯覚するほどの極端さ。

さらに、今回悲劇を生んだのが犯人である父親の短絡的思考。妻と離婚→子どもを取られる→だったら全部壊してしまえ。

こういった形で進んだであろう思考のせいで、尊い命がいくつも失われた。All or Nothing ではなく、Andで色々なものを並列に考えられたら、結果は違ったはずだ。

***

頭が悪い人は、反射的に物事を判断する。一次情報に当たるとか、情報を総合的に判断するとかができない。

僕は一時期、「夜もヒッパレ」という番組を超絶愛していて、そのなかでもマルシアがわりと好きだった。力強い声、キツそうだけど綺麗な顔、ブラジル人特有の腰の振り。結構好きだったと思う。

が、ある日、誰かが「マルシアはワキガらしいよ」と根も葉もない噂を流しやがった。

素直だった僕は、それ以来、マルシアが「夜もヒッパレ」に出るたびに、

あ、ワキガ女だ

あ、ワキガ女だ

あ、ワキガ女だ

と呪文のように頭を駆け巡り、結果として嫌いになってしまった。

何の情報も確認せずに噂を鵜呑みにすると、こういうことになる。

 

またある日は、キムタク全盛期にある友人がこう言った。

「キムタクはめちゃくちゃ口が臭いらしい」

それ以来、どのドラマやバラエティを見ても、キムタクがキムタクとしてのポジションを確立するに至った成功要因の因数分解などには目もくれず、ただただキムタクを「とか言ってもあいつめっちゃ臭いしな」と嘲笑する日々が始まった。

工藤静香と結婚が決まったときも、よっぽど彼女が物好きな臭いフェチであるはずだと確信していた。

思考が極端に偏る頭の悪さを持つと、こういうことをしてしまうのである。我がことながら、恥ずかしい。

***

余談だけれど、政治家の発言がいつも玉虫色でモゴモゴしているように聞こえるのは、彼らが決断力のない優柔不断な人間だからではない。彼らが超絶頭の良い人間だからだ。

頭が良いからこそ、一つの発言があらゆるステークホルダーの利益を最大公約数的に満たすものでなければならないことを、彼らは熟知している。有権者A群とB群があり、A群にとっては耳障りの良いことでも、Bにとってはふざけんな!となる話はいくらでもある。

それをそのまま話せないのが政治家である。だって有力な有権者B群を失うことになるから。A群のメリットに触れつつも、B群にも決して損にはならない話なんだよ、ということを触れ込まねばならない。実際の世界では有権者はAからZぐらいまであり、そのそれぞれを納得させなければならないので大変だ。

トランプのように、不法移民は出てけー!テロリストは消えろー!と叫んで貧困層の白人を煽動しているほうが、よほどラクなのだ。

よく、「政治家はバカだから」という人がいるが、たしかに知識や知恵と良識は同居が前提ではないと思うものの、「ほぼ100%に近い確率で、そんなセリフを吐いているあなたより賢いけどね、政治家は」、と言いたい。

過日話題になった安倍総理の終戦70年談話も、見る人が見ればあらゆる国の顔を立てつつ、国益のために言うことは言うという絶妙なバランスによって構成されていて、近年の談話としてはこれ以上ない出来だったといっても過言ではないほどと言われている。

これを、謝罪一辺倒で行ったとしたら国益に大きく反するし、過去は水に流すとか言ったら帝国主義御大諸国にボコボコにされただろう。彼らが過去にやってきたことはものすごい高さの棚に上げておいといて。

***

ということで、ちょっと憲法改正の話が出たら「戦争はんたーい!」、「安倍ヤメロー!」とか叫んでる人も、

ちょっとお店のごはんに虫が入ってたら騒ぎ立てる人も、

ちょっと電車が遅れただけで詰め寄っても意味がないのに駅員さんに激詰めしているリーマンも、

ちょっと事件が起きるとすぐにネット上で罵詈雑言を浴びせて当事者を吊るし上げる暇な輩も、

ちょっと仕事の修正を依頼しただけで自分が否定されたと勘違いして騒ぐお局OLも、

わたくしはみんな頭が悪いのだと思う次第であります。かさこさんみたいだけど。

もう少し、全国民が「遅い思考」や「中庸」なんて感覚を共有できたらなと思う今日この頃。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

※組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。