ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

パスタを食べようとして入ったお店でフレンチトーストが横やりを入れてきた話 #1173

time 2017/10/17


 

※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。ブログでは諸々にまつわる問題を世紀末覇者的見地から徒然なるままに、メルマガは北斗神拳の伝承者として組織と人材育成について書いてます。

メルマガキボンヌな方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。一日数件申請いただいてます。多謝。

***

今日、僕はとあるカフェに入っていた。

目の前には、ル・メヌ。

日本で言えば、メニュー。

お昼を食べてないからパスタを食べようと思って入ったのに、18時以降にしかオーダーできないと言われる。15時の現在は、デザート類しかオーダー出来ない。

ル・メヌ、いや、メニューを見る。パンケーキはあまり好きではないので、比較的好きなフレンチトーストのページを見ると、

ベーシックに見えない「ベーシック」(フレンチトーストwith生クリームwithキャラメルソースwithバニラアイスクリームwithグラノーラ)と、これ以上ないぐらい色々載っている「キャラメルチョコバナナ」(フレンチトーストwith生クリームwithキャラメルソースwithバニラアイスクリームwithグラノーラwithバナナwithチョコレートソース)が目に入る。

その下の「奈良小町」は抹茶味が好きではないので除外するとして、僕のなかで「ベーシック」と「キャラメルチョコバナナ」が戦いをはじめ・・・

ることなく、一瞬で「キャラメルチョコバナナ」に内定を出した。

皿が運ばれてきたときには、「こんなんデカすぎて食えねーよ。ダイエット舐めんな!」と心のなかで毒づいたが、一瞬気を失って気づいたら、何もない皿だけが僕の目の前に置いてあった。

記憶がないのに全部食べてしまったらしい。

僕は今、ダイエットしていて、半月後のマラソンで、3年ぶりのタイムを狙っている。たまたま昨日は焼肉で、その前の日も焼肉で、その前の日も焼肉だったけれど、今僕はダイエット中で、半月後のマラソンで、3年ぶりのタイムを狙っているのは否まない事実だ。

さて、食べた記憶はないのだが、どうしよう。

***

先日、とある保険会社のコンプライアンス研修で話されていたことを思い出す。

お財布が目の前に落ちている。中には20万円入っている。目の前に交番がある。

そういうとき、日本人の普通の感覚としては、届けるだろう。

しかし、お財布が目の前に落ちている。そして周りには誰もいない。

そんなとき、そのお財布をどうにかこうにかしてしまおうと、ほんの1ミリですら頭によぎらないと、みなさん誓えますか?

そんなことをスピーカーの方に問われ、少なくとも僕は10ミリぐらいはそのまま拾って自分のものにしてしまうことを考えてしまう人間だと、自分のことを恥じた。

そのスピーカーの方は言った。

「そう思ってしまうのは、人間として当然のことです。しかし、その誘惑を理性でコントロールすることが出来るのもまた、人間が与えられ能力なのです。だから、どうするかはあなたが選べます。」

パスタを食べようとして、しかしパンケーキやフレンチトーストしかオーダー出来ないという状況に陥ったとき、別にアイスコーヒーをオーダーするだけで済ますことは出来た。

しかし、気づいたら僕の目の前には「キャラメルチョコバナナ」を完食した皿。そう、僕はそうならない未来を選択することも出来たのに、最もハイカロリーな未来を自ら選んでしまったのである。

多くの人が誘惑に遭ってもそれを撥ね除けることができただろうに、僕は右を見ても左を見てもおねーちゃんたちが美味しそうにパンケーキやフレンチトーストを頬張る姿を見て、自らもその権利があるものとしてオーダーしてしまった。

先の例で言えば、僕は財布を拾って自分のものにしてしまったのである。そういう行為を自分で選んだのだった。

***

多くの人は、目標がないわけではないが、その設定の仕方がユルい。

目指してはいる、しかしそれは所詮Wantな程度である。

だから、線路の枕木のごとく、ありとあらゆる方面から邪魔が入る。様々な言い訳がいちいち合理的に見えてきて、今回の僕のようなハメになる。

18時以降にしかパスタを頼めないんだからしょうがないじゃないか。

お昼食べてないんだからしょうがないじゃないか。

隣のおねーちゃんたちもバクバク食べてるんだから僕だって別にいいじゃないか。

今からブログ書くんだし、頭使うからいいじゃないか。

そうした言い訳たちは、目標設定がユルいと隙間にじわじわ入り込んできて、そして目標そのものを壊していく。

思えば、アイアンマンを制した2014年は目標が「素人から半年でアイアンマンを完走!」というふうに極めて明確に設定されていて、それ以外のことは考えなかった。アイアンマン完走はWantではなく、Mustだった。

だから前日の朝シャン中に肩に肉離れを起こして歩けないほど痛くなっても、死にかけながら病院にいって先生を説得し、痛み止めを10錠飲んで無理矢理完走するということが出来た。

「目標設定は大事です。皆さんが思ってる、その10倍は大事です。」

とサッカー元日本代表監督の岡ちゃんは言った。

アイアンマンの時には出来た自らのコントロールが、しかし今日は全く出来なかった。その違いは、目標設定の強弱、濃淡であり、Mustな目標だったか、それともWantレベルだったのかの違いだったのだ、と、目の前のキャラメルソース&チョコソースまみれの皿を見て自己省察するわたくしめであった。

ダイエットは明日から。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

※組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。