※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。ブログでは諸々にまつわる問題を世紀末覇者的見地から徒然なるままに、メルマガは北斗神拳の伝承者として組織と人材育成について書いてます。

メルマガキボンヌな方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。一日数件申請いただいてます。多謝。

***
昨日、アルファブロガーかさこさんの主催するかさこ塾なるところで出逢ったビジネスコーチ話し方聞き方コーチ研修講師ラジオパーソナリティオヤジキラー(※)歌手当時路上ライブを年間360日ぐらいやっていたと多動力の塊みたいな加藤望さんのインターネットラジオ番組、
加藤望の渋谷仕事大学
に、AKB羅王コンサルタント保険家アイアンマンウルトラマンブロガー執筆者囲碁三段の微動力が売りの僕が出演した。
※「オヤジキラー」とは、通常はオヤジを転がす女子のことを指すが、本編においては、「傲慢なオヤジをバッサリ切る女子、すなわち切るer=キラー。」の意。
芸能界に撃って出るにはもはや娘たちの可愛さに頼る他ないか、と諦めかけていた僕に差した、一筋の光。
案内されてフラフラとたどり着いた先は渋谷だった。
***
待っていたのは、芸能界臭をムンムン漂わせた加藤さん。何回聞いても本業が分からないが、どうやらビジネスコーチが本業らしい。ずいぶんtalentedなビジネスコーチだ。

 
メディアに出たのは、はるか昔「紺野美沙子の科学館」以来@小学生だったので、ド緊張。あのときは、確か自転車を激しく漕いで発電することで電球を灯す、という企画だった。
少し前に集合してブリーフィングを受けるが、全く頭に入らない。ヤバい、ヤバい。
そうこうしているうちに、ラジオが始まってしまった。
ホンモノのプロの人というのは、サッカーにしろテニスにしろ囲碁にしろ、本業のシーンになった瞬間に、強烈なプロオーラを発する。それは、大概、素人にも見えるほど強烈なものだ。
一度、「出川でぇーす!」と飲み会で騒いでいる、確かにやや出川哲朗に似ていなくもない高校の先輩に仕事時間中に時間をいただいて会いに行ったら、とある金融機関の超が付くおエラいさんで、オンタイムだったせいか異様に荘厳な雰囲気で出迎えていただいたことがあった。
あのときも強烈なプロオーラに当てられて尻込みしたが、今日の加藤さんからも、第一声ととともにプロオーラが一気に拡散したのを感じた。
オンタイムもオフタイムも、「ラオウになりたい」とぶつぶつ言っている僕とはエラい違いだ。
***
序盤、予想通りの仏頂面。
緊張しかしてないのがよく分かる。
こんな手の組み方、したことないし。

 
とはいえさすが相手は120回以上番組を回しているプロで、徐々にコチラの緊張をほぐしてくれる。おお、言葉が次から次へと出てくるぜ。

 
途中、脇に置いた携帯がみるみるうちにブルブル震えまくっている。
僕がこの時間にラジオに出ているのを知っているはずの、とある会社の社長だ。
後で確認したところ、出演中に92件もの罵詈雑言という名の応援メッセージが入っていた。
 
序盤。面白がっている様子はあるが、応援してくれてる感じがする。

 
中盤。飽きてきたのか、ヤジが飛び始める。プレゼンのコツを指南してくる輩までいる。見てないのに見てると指摘される。

 
後半、ついに電話を初めとした妨害交錯を会社全体で始める。

そういうわけで、僕の携帯は鳴りっぱなしだった。カノジョに送るはずの「一人で寝ちゃうよ」というメッセージを僕に送ってくる意味不明な輩もいたりして、全力で僕を邪魔しようとしてくれてた様子が手に取るように分かる。
愛の反対は無関心。そういう意味では、関心を持ってくれてたことに感謝だ。
 
終盤になると、メラビアンの法則がよろしく、急に身振り手振りが激しくなる。

 
と、調子のビッグウェーブに乗り始めたところで終了。プチメディアデビューとなった。
ああ、プロってこうだよな、こうあらねばな、と思わされたラジオ出演だった。
出演の模様は、こちらにアップされますので起業話やら自己変革について時間を無駄にする覚悟で視聴してくれる方はこちら。
加藤望の渋谷仕事大学
 
最後に、「今回はたまたまかさこ塾の縁で出演させてもらいましたけど、今後はどういう人に出演してもらいたいんですか?良ければ面白い人沢山紹介しますけど。」
と、あんな人やこんな人を頭に思い浮かべながら、加藤さんに聞いたら、
「イケメンで頭が良くて面白くて私の話を聞いてくれて傲慢じゃなくておじさんじゃない尊敬出来る人です。」
とノータイムで返してきたので、
「それはあなたの好みでしょーが!」
という話で終わった。
おしまい。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

※組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事