ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

東京駅からたったひと駅のディープスポット、神田駅のおすすめランチ #1219

time 2017/12/01


 

※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。

ブログ:日々の問題について、北斗剛掌派的見地から徒然なるままに綴ってます。

メルマガ:世紀末の覇者として会社の組織変革と人財育成について書いてます。

メルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。経営者、士業、事業主の登録が多いです。

「北斗剛掌派」:世紀末の日本を救わんとする立拳民主を標榜する一派。少子高齢化と人口減少のなかでも、日本人の生産性を1.5倍にすれば帳尻はギリで合うと固く信じている。モヒカン、ボーガン系ヒャハり気味DQN男子はお断り。明日への希望となる種もみが好き。尊敬する人はウイグル獄長とミストバーン。

***

日本の中心地であり、日本最大の駅であり、すべてのOLが働くこともしくは彼氏を見つけることを目指す梁山泊、その名は東京駅。

丸ビル、新丸ビル、KITTE、ブリックスクエアなど、僕レベルの庶民では窓的買物をするしかない建物が並ぶ丸の内側に比べ、タクシーと長距離バスがガンガンに並ぶ八重洲側は、やや庶民的と言えるかもしれない。

それでも、東京駅というのは圧倒的な都会であり、そこかしこから日本を代表するエスタブシッシュメントが集まる。

 

そんな東京駅からJRでたった2駅北に向かうと、今度は日本最大のオタクの聖地、秋葉原が待っている。

外国かと見まごうばかりの異国情緒溢れるこの街は、日本中のオタクと世界中のオタクの心をつかんで離さない。

僕は元世田谷区屈指のゲーマーではあるが、オタクではないので、いまいちこの街の魅力はわからないが、しかし妖艶な雰囲気を漂わせていることだけはわかる。

 

前置きが長くなったが、そんな日本屈指の東京駅と、日本屈指の秋葉原駅に挟まれているのが、僕が今年3月までの人生で一度も降りたことがなかった神田駅。

東京駅と秋葉原駅の間にたまたまある駅、それが神田駅。僕のなかでは特徴がない山手線の駅ナンバーワンに長年君臨する田端駅と、そう位置付けは変わらない。

僕の神田駅の認識はその程度だった。

ひょんなことから起業と転職を同時にすることになり、転職先のオフィスが神田駅という耳慣れない場所にあったため、今年から神田駅と付き合うことになった。

***

そんな僕の神田駅に対する第一印象は、

汚い

だった。

衛生的にというわけではない。統制が全くもって取れていないのだ。

カオス

と言ってもいいかもしれない。

駅前には「雑多」としか言いようのない風景が並ぶ。

消費者金融の看板は多数。

500円以内ランチをやってる店もいくつかある。丸の内とは価格帯が全く違う。

1単位あたり50円や100円という低価格を打ち出す店がたくさん 。

ファミレスがないということで家族連れは皆無。

フィリピンやマレーシアなどのマッサージ店が並ぶ。行かないけど。

夜はガールズバーもどうやらたくさんあるらしい。行かないけど。

キャッチの兄さんが絶えず声をかけてくる。行かないけど。

今時珍しいタバコ専門店が2つもある。吸わないけど。

そして何より、あまり将来こうはなりたくないと思ってしまうようなおっさんが多い。

夕方5時を過ぎると、東京駅や汐留のように大企業のオフィスが並ぶわけでもないのに、どこからともなくおっさんが湧いてくる。蟻塚からおっさんが何万と這い出てくる感じだ。

そんな神田はボスゴリラ曰く、

日本有数のディープな街

なんだそうだ。

そう定義されると、途端に魅力的に見えてくるから不思議だ。

東京駅からたったひと駅でこんなディープな雰囲気が展開している場所があるとは、つゆ知らなかった。世界はまだまだ未知に溢れている。

最近の趣味の一つは、神田駅周辺を歩くこと。何度歩いても道に迷うこの駅は、さながら香港の魔境、九龍城のようだ。

***

前置きがもう一度長くなったが、デイタイムに神田駅に入り浸る者として、だんだん好きになりつつあるこの駅のおすすめランチを紹介したい。

注意したいのは、住所に「神田」とあっても、下手をすると神保町や小川町の方まで住所の上では「神田」が続いている。今回は、あくまで「神田駅周辺」に絞って紹介する。

ただランチ紹介したかっただけなのに、思わず感極まって余計なことまで色々書いてしまった。

 

1、ホルモン屋 神田店

いわゆる焼肉ランチ。昼から焼肉を食べたいポチャリーマンにはとてもありがたい。セセリとモモのチキンコンボがおすすめ。

肉も美味いが、最大の魅力は食べ放題のもやしナムル。いつまでも食べ続けられるほど洗練された奥深い味わいのナムルが、瓶に大量に入った状態で支給される。

 

2、ビーバー

昭和の喫茶店の香りしかしない店で、おっかさんととうちゃんが経営している。

ここに来れば誰もが東京オリンピックを思い出すことができる、生まれてないけど。

なにを食べても外れがなく、またご夫婦の愛情が調味料として入っているのか、あたたかい味がする。

特に「ビーバーステーキ」なる、全然ステーキじゃないただの生姜焼き定食は、非常に美味しい。

 

3、TRATTORIA Jugemu

食べログ3.51を記録する、神田駅の誇るイタリアン。

パスタ、美味い。

カレー、美味い。

量、多い。

欠点が一つも見当たらない。

強いて言えば、糖質制限をしている今、通うべき店ではないということだ。

ワインが何百本か置いてあり、飲まないから価値がわからないが、夜もかなり良い雰囲気っぽい。

 

4、いわし料理 すゞ太郎

あまり普段触れることのない、いわし料理専門店。

ランチでは、脂の乗った美味しいいわしの刺身を大量に食べさせてくれる。

週に5日は焼肉ランチを、週に2日は魚のランチを食べたい僕にとっては、ありがたいお店である。

ただ問題は、美味しいためいくら食べてもお腹いっぱいにならず、いつも空腹感に苛まれながら店を後にしなければいけない点。

***

丸ビルなどに見るような、「ああ、あの店がここにも入っているのね」といった有名なチェーン店があまりない駅なので、まだまだ個別具体的な名店があるような気がする。

探しているのは名カレー店、名とんかつ店、名焼肉店、名ステーキ店、名魚店、名中華店、名餃子店など。

知ってる方いたら教えてちょんまげ。

お礼はカラダで払います。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。