※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。

ブログ:日々の問題について、北斗剛掌派的見地から徒然なるままに綴ってます。

メルマガ:世紀末の覇者として会社の組織変革と人財育成について書いてます。

メルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。経営者、士業、事業主の登録が多いです。

「北斗剛掌派」:世紀末の日本を救わんとする立拳民主を標榜する一派。少子高齢化と人口減少のなかでも、日本人の生産性を1.5倍にすれば帳尻はギリで合うと固く信じている。モヒカン、ボーガン系ヒャハり気味DQN男子はお断り。明日への希望となる種もみが好き。尊敬する人はウイグル獄長とミストバーン。
***
「上島竜兵理論」
という有名な理論をご存知だろうか。
たぶん国民の65%ぐらいが知っているアレである。
「押すなよ?押すなよ?絶対押すなよ!?」
と言われたら、
「心の底から押してくれ!押し倒してくれ!」
という意味である、というアレだ。
噂ではGoogle翻訳がついに「忖度」を覚え、
「押すなよ?押すなよ?絶対押すなよ!?」
と日本語で入力すると、
"Push me! Please! Sincerely!"
などと変換してくれるようになったとか。
Googleはやはり半端ない。
***
で、今日紹介したいのは、「上島竜兵理論」ではなく、その亜流である、
「上島竜兵理論α」
について。
まずはこちらの写真をご覧いただきたい。

とある地下鉄の駅で撮影したものだけれど、初めて見る類の注意書きだったのでびっくりした。
意味するところは皆さんお分かりのことと思う。
そう、構内で寝ころんでる人、座り込んでる人が多発している、ということだ。
なんどもなんども注意し、そのたびにトラブルに見舞われながら追い出しを図ってきた駅長さんはじめスタッフの皆さんの苦労がにじみ出ている。
寝転ぶ人、座り込む人が一人もいないような駅であれば、こういう注意書きが書かれることはない。
注意書きがあるということは、書かれている内容のトラブルが頻発しているから注意している、と、そういうことだ。
つまり、「上島竜兵理論α」とは、
「上島竜兵理論」は熱い風呂に落とすとき以外の、社会のあらゆる場面に当てはまる
という理論体系のことを指している。ダメだと言われていることほど、頻発しているということだ。
***
「ベンジャミン・フランクリンの十三徳」
という有名な格言がある。
言わずと知れた100米ドル札の顔であるベンジャミン・フランクリンが遺した言葉で、人生で気をつけるべき13のポイントについて述べられている。
 
1、節制
飽くほど食うなかれ。酔うほど飲むなかれ。
 
2、沈黙
自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
 
3、規律
物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
 
4、決断
なすべきをなさんと決心すべし。決心したしたることは必ず実行するべし。
 
5、節約
自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
 
6、勤勉
時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
 
7、誠実
詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出ですこともまた然るべし。
 
8、正義
他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
 
9、中庸
極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うときも、激怒を慎むべし。
 
10、清潔
身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
 
11、平静
小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に、平静を失うなかれ。
 
12、純潔
性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし、信用を傷つけるがごときこと、あるべからず。
 
13、謙譲
イエスおよびソクラテスに見習うべし。
 
さて、「上島竜兵理論α」にすでに精通している読者のみなさまは、この意味するところがもうお分かりのことと思う。
そう、こんな立派な言葉を遺さざるを得なかったベンジャミン・フランクリンは、おそらくはもともと、
毎日暴飲暴食をし、
ベラベラと無駄なことをしゃべりまくり、
机の上は汚く、仕事は残業ばかりで、
決めることもできなければ、決めたこともできず、
誰でも彼でもオゴリまくっていつも金がなく、
競馬とパチンコとタバコとカジノをこよなく愛し、
嘘をつきまくるわ、
人を騙しまくるわ、
極端なことしか言わないわ、
家はゴミ屋敷で服も1ヶ月洗わず、
ヤリ◯ンすぎて腰を常時痛めており、
イエスにノーをつきつけ、ソクラテスにツバを吐く
というクソ野郎だったということだ。
アーメン。
次に100ドル札を見かけたら、「お前も成長したな」と声をかけてやってください。
中国に立派な格言、書物が多い理由も、この「上島竜兵理論α」によって説明できてしまうところが恐ろしい。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事