ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

政治家はやはり大変な職業だと実感した話  #1234

time 2017/12/16


 

※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。

ブログ:日々の問題について、北斗剛掌派的見地から徒然なるままに綴ってます。

メルマガ:世紀末の覇者として会社の組織変革と人財育成について書いてます。

メルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。経営者、士業、事業主の登録が多いです。

「北斗剛掌派」:世紀末の日本を救わんとする立拳民主を標榜する一派。少子高齢化と人口減少のなかでも、日本人の生産性を1.5倍にすれば帳尻はギリで合うと固く信じている。モヒカン、ボーガン系ヒャハり気味DQN男子はお断り。明日への希望となる種もみが好き。尊敬する人はウイグル獄長とミストバーン。

***

僕が思う、日本三大割に合わない職業

それは、

第3位:介護士

第2位:学校の先生

第1位:政治家

であります。

 

介護士は、一文字違いの看護師と比べても圧倒的に待遇が悪く、大半の人が志高く就職し、心が折れ腰を痛めて若いうちに辞める。

少子高齢化社会でこれからますます需要が高まるのに、一向に待遇の改善が為されない、不遇の仕事であると僕は考える。

血のつながったじいさんばあさんならまだしも、他人のじいさんばあさんの上から下までの世話なんて、僕には無理だ。

みなさんほんとすごいと思いまふ。

 

学校の先生は、素晴らしい仕事だと思う。

しかし、教育を学校に押し付けてくるDQN親は世の中にたくさんおり、ある意味で人間形成のもっとも大事な時期であるにも関わらず、後ろからも前からも撃たれる立場で、与えられた武器は極めて少ない。

ちょっと怒るとすぐに乗り込んでくるDQN親は本当に彼らの頭痛の種で、僕は2人の娘の親として、それだけはすまいと思っている。なんなら、ビシバシとやってもらいたいぐらい。

役割は素晴らしく大きいのに、それを実行するための方策を各方面から制限されるのみならず、教えた当の本人がそのありがたみに気づくのが十数年後、という意味で、割に合わないかなと思う。

だからこそ、この職に就いている方々を心から尊敬する。

 

 

で、映えある第1位は政治家。

上記2つに比べたときの最大の特徴は、職が全く安定していないこと。そして、誰からも「悪いことをしている」と思われていること。

当選していない間はただの人、と言われるぐらい、政治家は不安定。

給料だって、当選している間はある程度もらえるが、よほどの大物にならない限り、一千数百万もらっていたところで、そんなのは交際費やスタッフ費に全て消える。

僕は営業の際に、自分が好まない顧客を相手にしない権利を持っているが、政治家の顧客は一部の愚劣極まりない人間も含めた民衆である。

自分が何をしてもらえるか、自分の住む地域にどんなメリットがあるかなどの短期的な視野しか持たない人間に生殺与奪の権利を持たれるのは、どんな気持ちなんだろうと思う。

政治がポンコツだと、国は立ち行かなくなる。日本が図らずも先進国でいられたのは、ダメだダメだと言われながらも大きく道を踏み外さなかった自民党のおかげだ。

政治が腐った国がどうなるかは、アフリカのいくつかの事例を見ればすぐに分かる。

国の不沈という、そんな膨大な責任を負わされているにも関わらず、何をしても、あるいはしなくても批判されるのが政治家。僕のようなチキンハートには到底務まらない。

見返りはほぼなく、時間も資産もマイナスにしかならない。ほんとすごい。

***

で、前置きが長くなったけれど、そんな政治家の方2人に話を聞く機会があり、非常に刺激になったので下記に備忘録。

順不同で印象に残った話をば。

 

1、「ほんとは学校にクーラー付けるのも僕は反対です。」

なるほどな、と思わされた話。

僕たちが小学生、中学生の時代は、学校のクーラーはかなりポンコツだった。が、今の学校にはよく効くクーラー完備のことも多く、学ぶ環境は以前に比較して格段に向上していると感じる。

学ぶ環境が良くなることはいいことなんじゃないの?と反論してみたら、こんな答えが返ってきましたとさ。

「教育っていうのは、不便不自由不親切を通じてやるもんなんです。

不便だから工夫する。不自由だから頑張る。不親切だから考える。

そうやって人は育っていくんです。

クーラーを設置するのもいいし、トイレを洋式にするのもいいですが、そうやってどんどん便利に便利にってやっていった結果、たとえば『クーラーないとこでなんて働けません。』という人間が増えてしまいます。

クーラーだけならまだしも、どんどん環境に甘えるようになるし、最低ラインの要求がエスカレートしますよね。それが日本をダメにしてるんです。」

とな。

なるほどなるほど。

不便不自由不親切が人を強くする。

良い言葉や。

***

2、「日本人は民度が低いです。」

薄々思ってたけど、民衆を相手にする政治家だからこその視点。言われちまった、と思った。

曰く、

「日本人は、韓国人とか中国人が民度低いとか言うけど、日本人だって全然低いです。

未来のために今を多少なりとも犠牲にして何が遺せるか、なんて、ほとんどの人は考えてません。

私たちのところにくる話は、ほとんどすべてが自分のために何をしてくれるか、自分の地域のために道路つくるとか施設つくるとか、クーラー設置しろとか、そういうくだらないことばかり。

もちろんそういう人たちの票がないと当選できないんですが、それにしても目の前ばっかり見る人の多さに、危機感しか湧いてきません。」

僕の周りには、将来の日本をどげんかせんといかん、そのために今何ができるか、しか考えてない人間がほとんどのため、この話には少なからずショックを受けた。

まだまだ日本人は修行が足りない。

***

3、「最後は一発戦争やるしかないと思います。」

「ミサイルが真上を飛んでもくだらない芸能ニュースがトップに来る日本は危機感が薄いと思うんですが、それは教育でなんとかなるものなんですかね?」と聞いた僕の質問についての回答。

日本人は優秀だから、一度危機感が共有されれば、その後の動きはかなり効果的になる。しかし、その危機感自体が、年がら年中戦争している国々と違って、お花畑レベルで弱いのが日本。

スイッチを本当に入れるためには、犠牲が少ない範囲で有事が本当に起きるしかない。

そんなことを言われ、またまた日本への危機感を強めたわたくし。ちなみに自衛隊筋によると、わりと戦争は現実的に起きるらしいですぜ、ダンナ。

***

4、「キレたくなることなんて、毎日ありますよ、そりゃ。」

「国の未来のこと、地域のこれからを考えてたいのに、今しか見ない輩の相手しててキレたくなりませんか?」と聞いた質問の回答。

毎日キレたくなるそうです。ついでに、

「どんなふうにキレたくなるんですか?」と聞いたら、

「てめーら、あの徳川家康ですらできなかった豪華な生活を全員ができてるのに、不平不満ばっかり言いやがってふざけんな!」

と心のなかで叫ぶそうな。

おっしゃる通り、我々は徳川家康をはるかにしのぐ生活を国民全員が手に入れている。だのに、もっともっとと、醜いことだと思う。

ノーブレス・オブリージュという言葉の意味をみんな理解した方がよろし。我々日本人は、生まれた時点で世界の勝ち組なのだ。

***

5、「コンビニに行くにもスーツです。」

日本人は、公僕に完璧であることを求める修正がある。

キツイことの一つが、嫉妬。

「税金で食ってるくせに」と反論しようのないことをグチグチと言われるらしい。アーメン。

そしてこの「コンビニに行くにもスーツ」も地味にキツイらしく、プライベートで油断することが許されない。

ゴミ出しもスーツじゃないとイカンのだとか。

***

6、「ほんとは餅なんか突きたくないですよ。」

「なんでいっつも餅突いてるんですか?来てくれるのは嬉しいけど、来ないからといって候補から外したりなんて、僕は考えませんよ?そんな時間あるなら政治をちゃんとやってほしいんですが。」と聞いてみたらこの回答。

「そう言ってくださる方はほんと少数で、やはり餅つきなりに行かないと、不満を持たれます。特に力のある、ちょっと曲がった人は、すぐに話をあることないこと広げますから、結局行かないといけないんです。」

政治家の方々が一番頭を悩ませるのが、「力のある、曲がった人」だそうな。金も力もあるそこのじいさん、気をつけな。

***

7、「保育園無償化は意味ないし、高校無償化は格差を広げるだけです。」

これは個人的にショックが大きかった意見。

保活にも教育費の高騰にも苦しんでいる親としては、保育園の無償化はぜひしてもらいたいし、高校が私立まで含めて無償化されたらどんなに楽だろうと思ってたの実は。

しかし、先生はこう言う。

「確かに短期的に見れば良いように見えます。でもそれが落とし穴。

保育園を無償化したら、確かに子供は増えます。

けどね、一旦無償化したら、それってその次も無償化、その次も無償化を要求する波が必ず来るんです。

保育園には通えたけど、お金がなくて小学校、中学校には通えない。そんな子供がわんさか出て来ちゃう。

保育園の無償化はなんとかできても、それ以外の無償化をするお金は我が国にありません。

高校無償化も、なんとなく良いふうに聞こえますけど、あれは格差を助長するだけです。

高校のお金がかからないと、高所得層はガンガンに塾に注ぎます。そうなるともっともっと差が広がります。

そして、タダで手に入るものには、人は努力をしなくなります。バカが増えて教育が壊滅するだけです。」

日本人の民度をナメていたかもしれん。てことで対案は、「高所得層の3人目以降に1000万プレゼント」だそうな。

まず受け入れられないと思われる考え方だが、個人的には大賛成。ビッグダディに1000万プレゼントしたら、競馬とパチンコで消えてしまう。

***

最後に、「そもそもですけど、なんで政治家やってるんですか?割に合わないですよね?」と聞いてみた。

「いやー、なんでなんですかね。

割に合う合わないなんて考えてたら、この仕事は一番やっちゃダメなやつですね。

一つだけ言えるのは、日本をなんとかしたいという想いだけです。」

お金にならなくても、感謝されなくても、家族に不安な想いしかさせていなくても、毎日人にペコペコしていても、成し遂げたい何かがある。

それって、最高にかっこいいなと思った。自分は、そこまで自分を懸けられているだろうか。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。