※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。

ブログ:日々の問題について、北斗剛掌派的見地から徒然なるままに綴ってます。

メルマガ:世紀末の覇者として会社の組織変革と人財育成について書いてます。

メルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。経営者、士業、事業主の登録が多いです。

「北斗剛掌派」:世紀末の日本を救わんとする立拳民主を標榜する一派。少子高齢化と人口減少のなかでも、日本人の生産性を1.5倍にすれば帳尻はギリで合うと固く信じている。モヒカン、ボーガン系ヒャハり気味DQN男子はお断り。明日への希望となる種もみが好き。尊敬する人はウイグル獄長とミストバーン。
***
日本中の男子小中高生が下駄箱を不必要なまでに開け閉めして中を確認し、日本中の男性会社員が不必要なまでに社内にいる日。
そう、それが、
バレンタインデー。 
 
日本中の男子小中高生の99%と、日本中の男性会社員の99%が落胆している今日のこの日、僕はモテにモテていたため、3個ものチョコをもらったことをここに報告しておく。
今日はモテなくて当然チョコももらえてない君たちに、どうすればバレンタインデーにチョコがもらえるのかについて、話をしておきたい。
***
結論から言うと、本日の収穫は、
1つ:From 奥方
1つ:From1号機&2号機
1つ:From義母
てことで、
家族万歳!!! 
それ以外の女性からはなし!!!
(※会社で数値を達成することをコミットする見返りとして前借りチョコをもらったのは除く・・・)
 
結婚のメリットは色々あって、仕事に邁進できるとか、子供は宝だとか、マズロー的に社会的欲求が満たされるとか、老後が寂しくないとか言われているけれど、他の何よりもバレンタインデーにほぼ必ずチョコをもらえるという精神安定面のメリットが一番大きいのじゃないか?とすら思う。
それぐらい、世の男性諸氏は2月14日に向けて無精卵をひたすら温めるがごとくの無為な期待をする。
***
1号機と2号機が寝る前になんとかかんとか家に帰ると、奥方と珍獣たちが3人でなにやら手作りチョコをイジイジしながら作業をしていた。
 
「これはー、せんせいの」
「これはー、じーにあげるの」
「これはー、おともだちにあげるの」
「これはー、じぶんでたべるの」
「あ、なくなっちゃった!」
 
あの・・・パパのは??? 
 
「よくかんがえたらパパのないや」、「てかべつによくない?」、「ないんだからしょうがなくない?」という雰囲気をムンムンに押し出す三人。
というところから涙ながらに懇願しまくり、何とかして割り当て配給をいただいたのがこちら。

こうして、今年も無事、手作りチョコを手に入れたのであった。
***
今回のキモは何であったか。
そう、
「懇願」
である。
 
チョコをください。
お願いだからください。
なんでもするからください。
 
かように、自分の願いをストレートに伝えまくった結果、想いが通じたのか、はたまためんどくさいと思われたのか、無事チョコレートの配給を受けることができた。
もらえるのが当然と思っていたり、流れに身を任せていては、チョコは僕の目の前を通り過ぎていくだけだっただろうと思う。
しかし、僕はこれ以上ないぐらい懇願した。もう目に涙すら浮かべて。
そうして、2月14日という、国民的記念日を安堵のため息とともに終えることができた。
***
今の世の中、自分が一体なにを求めている人間なのかをきちんと周囲に理解してもらうことは、「忖度」と同様かそれ以上に大事なことである。
人に協力してもらうとき、人に紹介してもらうとき、「力を貸してくれ」、「良い人脈を紹介してくれ」、「なんかしてくれ」だけでは、相手は実際問題としてなにをしてあげたら良いのかがわからない。
してもらいたいこと、求めている人脈やツール、目指している場所など、誰にでもわかる形で明確に、そしてそれが間断なく人に伝わるようにしておくこと。
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないことに加えて、それが、結構大事。
 
参考になるのはアマゾンの「ほしい物リスト」
ほしい物がまんま、人に伝わる。そしてそれを、住所を公開せずに贈ってもらうことができる。
ごくストレートに、人間は欲しい物をもらえるのが一番嬉しいのだから、このサービスの着眼点には恐れ入るし、これからどんどん需要が増えそうだ。
 
たとえば赤ちゃんが生まれた家。
正直、おむつケーキや衣類ばかり送られても、困ると言えば困る。大型のプレゼントはとても嬉しいけれど、それがかぶったりしたら結構大変。
ならば、この「ほしい物リスト」に本当に欲しい物を列挙しておき、お祝いの気持ちがある友人にはそれを贈ってもらう、というのが一番賢い方法。
これなら無駄はないし、お祝いの気持ちは減衰なく伝わるし、双方ハッピーになる。
てことで近日中に僕の「ほしい物リスト」を公開しますので、このブログがためになった、人生の役に立った、あるいは暇つぶしになったなど、なんでも良いのでポジティブな感情を持ってくれてる方は、どしどしプレゼントください。
お礼は日本全体に寄与する形で返します。
 
そんなわけで今日の結論。
 
ギヴ・ミー・チョコレッツ!!!
 
***

※今日のトレーニング 体幹トレ5セット

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事