野辺山100kmウルトラマラソン2018完走記です。制限時間6分前の13時間54分でのゴール。いつもながらのギリギリ完走記です。
 
野辺山ウルトラ完走記2018を最初からお読みになる場合はこちら。

 
初参加となった野辺山ウルトラ2014の完走記はこちら。

 
2回目の完走となった野辺山ウルトラ2015の完走記はこちら。

 
初リタイヤとなった野辺山ウルトラ2016の惨敗記はこちら。2017は惨敗過ぎて記事にすらなってません。

***
(あらすじ)
71km滝見の湯にて、生き残った強人たちの集い、ファンタスティック・フォーが結成された。ここまでくれば完走がかなりの確率で見えてくると同時に、ここから先は一つのミスが命取りになる。そんな緊張感を抱えながら、クライアントだからという理由での手加減も一切やめ、僕たちは本当の「同志」になりつつあった。。。
***

79km馬越峠〜87kmエイド


 
ついに最大の山場、馬越峠を越えた!!!
・・・と思ってはいけない。実はこの野辺山ウルトラ、最大の山場は90km〜97kmの激坂なのだ。高低図だと「ほんのちょっとだけ登り」に見えるのだけれど、これがどっこい、体力が完全に切れている最終局面に、地獄の坂が待っている。誰が作ったのか知らないが、早々に修正してほしいといつも思ってる。
ただまぁ、見た目的にも実質的にも最大の坂が立ちはだかるのはこの馬越峠なので、その意味ではここまで計画通りのタイムで来られたことは、賞賛すべき結果だと言える。現在開始から11時間弱。完璧である。
いける!いけるぞー!
と思って横を見ると、3人の様子がおかしい。
フランクミウラはまだ少し元気があるが、ゼッキーの目が開いていない。盤石だったはずのプリンス海老澤も、地に伏している。そして僕も、少し膝を曲げて屈伸したら危なく攣りそうになった。あれだけゆっくり登ってきたはずなのに、カラダはしっかりと限界に達したことを伝えてきている。

 
ただ希望があるとすれば、ここから87km地点エイドまではほぼ下り。12時間で87kmエイドまでたどり着ければ、完走はほぼ固い。
改めて完走が手元に近づきつつあることを告げ、再度気合いを入れ直す。極限状態においては、分かりきっているゴール設定でも、何度でも何度でも、それこそドリカムのようにしつこくリマインドすることが大事だ。
そうでなくては、雨あられのごとく押し寄せる言い訳に、唯一無二の価値を持つはずの目標は簡単に流されてしまう。ゼッキー、目を開けてくれ!!!

***
ここからは激坂ならぬ、激下り。たった数kmで500km以上も下る。De部(デブ)には大好物だ。
重力に任せ、走るだけでタイムが稼げる。スピードを殺さぬよう、しかし足を殺すことがないよう、慎重に下っていく。ファンタスティック・フォーの面々の足は限界にきている。無理をさせることはできない。
キロ6分〜5分40秒ぐらいだっただろうか。慎重に慎重を重ねて下っていった。が、後ろを見るとフランクミウラとゼッキーが遅れている。隣のプリンス海老澤も、ずっと黙っている。後から聞いたら、この下りが一番キツかったとみんな言っていた。限界に達した足に、下りの重力はガシガシと響いていた模様。
だけどもだっけど。手加減はしない。ここで手を緩めたら、全ておじゃんだ。足を全く動かさなくても重力で進めるこの区間は、お宝パート。食べ残すわけにはいかない。
あの名作漫画に書いてあったではないか。
「疲れた時こそリズミカル!!!」by桜木花道
激烈に疲れてはいるけれど、一歩一歩、リズミカルに足を出していく。力はもうないけれど、重力に任せてカラダを預ければ、少しずつではあるが進む。
 
そうして、激下りを終えると、87kmエイドはもうすぐだ。すでに大きく傾いている夕日を背に、パシャり。やはり貴族には日の光が似合う。

 
87kmエイド、最終関門まで、あと3km。なのにおかしい。足が出ない。走りたいのに、走れない。
そうか、ついにきてしまったのか、限界が。
ファンタスティック・フォーの面々を必ずゴールまで連れていくと決めた71km地点。完走を確信した79km地点。その勢いのままに、馬越峠から激下りを駆け下りてきたけれど、抑えめに走ったにせよ500mもの高低差を下ってきたその代償は、決して小さくなかった。
僕が導かなきゃいけないのに、先陣を切らなきゃいけないのに。
走れない・・・。
 
87kmエイドに2時間残しで行ければ、あとは相当楽ができる。しかしこのままだと、その貯金はなくなってしまいかねない。
そこで僕は、隠し持っていたイヤホンを耳に突っ込み、音楽に意識を傾けた。話をすることで苦痛を和らげるという選択肢をここまでは採ってきたけれど、もはやその余裕もない。音楽の奏でるリズムにでも頼らなければ、僕はもう走れそうになかった。
僕のミッションは、彼らと話をしながら進むことではない。彼らとともに、ゴールまで確実に行くことである。ここでのコミュニケーションすら犠牲にしなければ、もはや足を進めることもできない。各位には申し訳ないと思いつつも、僕はミッションを最優先として、外部の音をシャットアウトした。
 
このとき、おかしくなっていたのは僕だけではなかった。馬越峠からの激下りを経た代償は甘いものではなく、他のメンバーにも災厄を振りまいていた。
貴族のプリンス海老澤はまだ高貴さを失っていなかったものの、フランクミウラはもはやどこのおばちゃんかといったルックに。そしてゼッキーは、顔が違う人になっていた。

 
誰・・・?

 
平常時がこちら。

 
全員がしっかりと限界に達し、もはやもう走れないというところまで追い詰められていた。ただ、87kmエイドには、名物のうどんがある。1年目、2年目と、最後の補給場所であるこのエイドのうどんには、大いに助けられた。
ラスト2時間の戦いのための最後の補給をここで行い、しっかりと戦う。そんなプランを事前に話していたため、3人ともエイドを楽しみにしていたようだった。「めっちゃ食ってパワー溜めようぜ!」なんてのを話しあっていた。
ただ僕は、彼らには話していなかったが、頭の中である種の警報が鳴り止まないのを自覚しており、プランBを必死に模索していた。
そうこうしているうちに、87kmエイドに到着。そして僕は彼らに、あまりにも残酷な決定を伝えた。

***

87kmエイド〜90kmラストモンスター

「ごめん!計画変更!このエイド、休みはなし!」
がっつり休んで補給をしようと思っていたであろう3人には、冷や水をぶっかけられるような話であっただろうと思う。「え〜!」、「そんなぁ〜!」という声が聞こえた。
でも僕の中の危機管理センターが、このエイドを犠牲にしてでも、前に進むべきだとこれ以上ないぐらい強く主張していた。
過去2回ゴールしたときには、ここから先を平地はキロ7分半、上り坂でも9分ほどで走る力があった。それでも結局ゴールしたのは制限時間の2ー3分前で、文字通り死力を尽くしてのゴールだった。
今の僕に、その頃の走力はない。自分の限界が思ったより早くきてしまったことへの正確な認識が、意思決定を変えさせた。
 
そして、僕以上に限界に達しつつあったメンバーのこともまた、気がかりではあった。
馬越峠からの下りをあまり走れていなかったということは、下りを走る力すら残されていないということを示唆していた。気合いと根性が最大の武器であるメンバーだからまだ保っているものの、残されたエネルギータンクは限りなくゼロに近いということが、手に取るように分かった。
事実、ゼッキーに至っては顔自体が違う人になってしまっている。
 
ならば、止まらずに歩こう。止まって休憩した分を後で走って取り返すことは困難なほど疲れているが、休まずに歩くことならギリギリできる。
うどんや果物、ボランティアのおばちゃんたちの笑顔といった「心あたたまる補給」はできなくとも、今僕たちが持っているエネルギージェルで最低限のカロリーの補給はこなすことはできる。
絶対にゴールする。その唯一にして最大の目標のために、全てを集中することにした。一歩でも、前へ進もう。

***
1桁の計算すら怪しくなっている状況で、それでも頭をフル回転させる。
あとどれぐらい時間を残した状態で「アイツ」のところまで行けばいいのか。「アイツ」にどれだけの時間を使えるのか。そのために今すべきことは何か。
87kmエイドから2〜3kmは歩いただろうか。もちろんなんども走ろうとした。しかし、他の誰でもなく、僕自身が限界だった。
ただ、このあとには「アイツ」が待っている。ここで、「最終兵器」を出すわけにはいかない。
 
「最終兵器」とは、これのことである。僕たちは事前に、「超サイヤ人になれる薬」を手に入れていた。


 
売店のお兄さん曰く、
「これ飲むと、直後に超サイヤ人になれますよー。
で、30分ですっからかんになれます。
余力?ああ、1ミリも残りません。
完全なすっからかんになるんです。
カラダに残ってる糖質全部燃やしちゃいますからねー。
でもその分、賢者タイム中は最強です。」
 
いとおそロシアな説明文付きのこのジェルは、実は1回だけ使ったことがあった。それが去年の野辺山で、言われた通り30分間の超サイヤ人な賢者タイムを経たあと、抜け殻のようになって死にかけ、結果リタイヤへと繋がった。
いずれにしろ実力不足で完走はならなかったと思うが、このジェルの破壊力と副作用を知るには十分すぎた。
だから、まだ使うわけにはいかない。
そうしてついに、「アイツ」が姿を表した。
高低図に書いてある緩やかな坂とは似ても似つかない、90km地点から始まる謎の激坂だ。
これあるを予期できる馬越峠と異なり、「緩やかにフィニッシュに向けて登っていく」ようにしか見えない90kmからの登り。
しかしこの坂は、ひと目見て走ることが不可能だと分かるほど、妙な傾き方をしている。限界を迎えたカラダには、絶望そのものに映る。
横を見ると、プリンス海老澤が驚愕の表情を浮かべ、これからの戦いに向けて気合いを入れていた。

 
後ろを見ると、フランクミウラとゼッキーが泣きそうな顔になっていた。てか、半分泣いていた。

(DBより拝借)

野辺山ウルトラの真の大ボスは、この90kmからの区間なのである。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Twitter: @raoukeita
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事