「フォロワー数1万人プロジェクト」、立ち上げたはいいけども。

先日、なぜかふと思い立ってTwitterフォロワー数1万人計画を立ち上げたわけであります。

理由は「やりたいからやる!」というシンプルな話なんだけど、それだけじゃ伝わらないものもあると思うので、もう少し深堀りしておきたいであります。
ちなみに再喝すると、
▼Twitterアカウントを開設したのは数年前。ただし使い方が分からず同年数放置。
▼2年ほど前に「フォローしまくる作戦」という邪なやり方を聞いてフォローしまくるも、価値を見出せず挫折。その頃の名残で670人ほどのフォロワーがいる。
▼初リツイート、初メンション(?)がこの2週間以内。ドキドキ。。
▼Twitter用語がよく分からない。マナーも分からない。
▼もちろん、何を投稿したらウケるのか、何をすればバズるのかなど全く分からない。
▼現状、Twitterに関して何を聞かれても「分かりません」、「知りません」しか言えない。
こちらが現状。
つまりは超初心者。Twitter童貞なのであります。ちなみにインスタも全く分からない。
そんなところからのフォロワー数1万人を目指すわけで、凡才的にはかなりのストレッチチャレンジなのです。じゃあなぜ目指すのか?をもうちょい詳しく解説。
***

なぜフォロワー数1万人を目指すのか?「やりたいからやる」の裏側にあるもの

「やりたいからやる」のはその通りなんだけど、実は裏にちゃんとした想いがある。それは、昨年の起業の理由でもあり転職の理由でもある、
日本の未来を変えるため
という大目標。
 
超絶遠く、非現実的で、時間もかかり、しかしどうしても成し遂げたい目標がこちらであります。
これは3年前に2号機が生まれてからフツフツと湧いてきた気持ちで、とにもかくにも、もうすぐ9才になる1号機と3才になった2号機が、将来子育てをする年代になったときの日本を、
今よりももっとより良い状態にしておきたい!「日本っていい国だよね」と言ってもらえる状態で、受け継いでいきたい!ただそれだけの気持ちで、それまで10年勤めた会社も辞めて起業と転職をしたのが昨年。
 
そしてそのために何が必要かを色々考えに考え続けた結果、
全てが必要
という結論に達したのであります。当たり前か。
 
ただその「全て」の中でも最優先で手に入れなければならないツートップ、それが、
発信力&影響力
で、いずれもここ3年ぐらいで界王拳20倍ぐらいには引き上げたいと思っている。じゃないと、どれだけ良いことを考えていたとしても、素晴らしいことを吼えても、誰にも伝わらないし、何も動かせない。
フォロワー数1万人ぐらいの漢になれなければ、何を言ってもどんなに崇高でも駄犬の遠吠えに過ぎないだろうと思うわけ。
 
これは、日本という国全体が抱えている問題とも実は通底するものもあって、日本には素晴らしい人も技術も観光地も食事も全部揃っているんだけれど、いかんせん世界に対する発信力&影響力がなさすぎて、損している面も多分にあると思う。
なのでそこにいずれは資する人間になるためにも、まずは個人としての能力を最大化させたく、発信力&影響力を図るわかりやすく判定するためのTwitterに焦点を当てた。そんな背景がある。
 
完全なるTwitter童貞だし何していいか分からないけれど、とりあえずここに書いてあることがめちゃくちゃ参考になるので、をTTP(徹底的にパクる)してやってみたいと思う。
0からTwitterをはじめる!フォロワー数1000人までの行動まとめ

1週間で1000人増!Twitterのフォロワーを増やすためにやった16のこと【完全保存版】


***
ちなみに。
起業・転職・今回のツイッターフォロワー数1万人プロジェクトへの想いの元となった2号機は、最近はかくれんぼもどんどん上手になってきて、どこに隠れてるのかだんだん分からなくなってきた。
当初のかくれんぼ。


 
ちょっと前のかくれんぼ。


 
つい先日のかくれんぼ。


 
どんどん成長していく3歳児に負けぬよう、こちらも成長していかねばならない。バチバチにライバル視しているからこその、新たなチャンレジ。
それが、Twitterフォロワー数1万人プロジェクトなのでした。がんばるぞー。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数681人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/1UjBxuf

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事