普段、全く・・・というわけではないけれど、朝起きてからのニュース番組を片目で見るぐらいしかテレビに関わらない生活をしているので独断と偏見でしかない話なんざんすが、
9・11に関する報道が全くない
ことに驚いた。夜帰ってきてちょっとテレビを回してみたけれど、夜のニュース番組でも目にしたのは皆無。代わりに、鶴瓶がローテンションでしゃべるくそつまらない番組や、有田の顎が目立つ番組がやっていた。
 
いいんです。
いいんです。
川平慈英ばりにいいんです。
別に。
 
ただ、あれだけの事件。
ニューヨークのど真ん中にそびえ立つ2つのスーパータワーに飛行機が突っ込み、数千名が亡くなったあの事件。
そしてそこから、正確に言えば今も終わらぬ泥沼の戦争へとつながった、あの事件。
震災同様予期することができず、震災と異なり人為的に引き起こされたという意味では、原因含めてより深刻なあの事件。
2001年、17年前に起きた事件とはいえ、
あまりに忘れすぎじゃなかろうか?
と思ったのは僕だけでしょうか。
***
ちなみに僕自身はうっかり忘れかけていたことを正直に告白しておく。
より正直に言えば、9・11だけではなく、3・11も、8・15も、ともすれば日常の引力に飲み込まれてふとその当日にすら思い出すのを忘れそうになる。
そう、人間というのは良くも悪くも忘れる生き物で、僕のようにいずれも一定レベル以上で被災し、被害を受けていない身からすると、毎年毎年その時間に振り返って涙を流して過去の反省をし、未来に活かす・・・なんてのは実は簡単ではない。
人間は、忘れる生き物である。それは僕だけではなく、みんなそうなのだと思う。
 
だからこそのメディア。
メディアですよ。
メディアの役割ってそういうところにあるんじゃないだろうか。
忘れてはならないことを忘れさせないようにできる、
唯一の手段と力を持つのがメディア
なのじゃなかろうか。
 
大坂なおみのUSオープンテニス優勝はまことめでたいので騒ぐのも結構。
関西台風や北海道地震の件は日本の直接の被害だからバンバンやっていただいて結構。
だけど、どうでもいい番組ばかり流して、忘れちゃいけないことを忘れられるような環境しか作れないメディアって、
テレ東以外要らなくない!?
と思ってしまうのは僕だけだろうか。
 
国民の民度を下げ続け、バカ量産機に過ぎなくなりつつあるテレビが、唯一まともな価値を持つとしたら、
人類が忘れてはならない日を忘れさせないように、
自らの発信力を以って毎年僕たちを立ち止まらせる
ことぐらいじゃなかろうかと。
高い給料、そういうことに使うためじゃないのと思う今日この頃。じゃなきゃテレ東とAbemaだけでいいって話になるですよ。外国の話だから別にいいのかね。
あの日に亡くなられた方、そこから不幸にも広がってしまった戦争で亡くなられた方全てに、黙祷を捧げます。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数681人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/1UjBxuf

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事