ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

38歳になりまちた。 #1353

time 2018/09/15


 

1980年9月15日に生まれて以来、38回目の誕生日を迎えました。

有形無形に関わっていただいている皆さま、このアホなブログをいつも読んでいただいている皆さま、本当にありがとうございます。

誕生日ではありますが、家でお祝い・・・かと思いきや、なんとクライアントとともに丸2日間を費やして戦略オフサイト合宿を行なっております。家族は激おこプンプン丸であります。

 

通常であれば誕生日ということで断るこのような企画。なぜ受けたかというと、

「より良い日本を娘たちに遺す」という人生の壮大なる目標から

逆算したときに、このままじゃ全然間に合わねぇ!

とガチで思っているからであります。

***

ご存知の通り、いやほとんどの人は真面目に受け取ってないかもしれないですが、日本は中長期的に見れば沈みゆく船に本格的になろうとしています。

世界の人口は70億人から100億人に増えつつある一方で、日本の人口は現在の1.2億人があと50年で2/3の8000万人に、そこからさらに50年で1/3の4000万人に減ることがほぼ確定しています。

「世の中の変化が大きすぎて将来どうなるかはわからない」というのはある分野においては正しい見解ですが、人口動態の世界においてはほぼ将来どうなるかは決まっています。

今現在何歳の人が何人いて、出生率が何%だから将来こうなります、というのは、多くの人たちの楽観的予測とは裏腹に、国の未来が暗澹たるものであることを如実に示しています。

よく「出生率が上がればなんとかなるはず」と言っている人がいますが、実は人口が減りつつある中で出生率をちょっと増やしたところで、人口が減るのは止められないないことが確認されています。アフリカ人やインド人みたいに一生に7−8人生むとかなら別ですが、現実はなかなかそうはいかない。

人口が減るということは経済規模が減るということであり、しかも少子高齢化が進むということは、消費意欲のある人たちがさらに減るということです。これは日本経済にとってはダブルパンチであり、相対的な地位は相当に下降していくであろうことが、人口動態からほぼ明らかです。

ちなみに、現時点では失礼ながら「日本よりはるかに下だろ」とみなさんが思っているであろう国々に、あと50年もすれば抜かれます。

たとえば、人口の多いインドネシアに、日本は抜かれます。現在でもバンバン経済が伸びている国であり、イスラム教国でありながらあまり不合理な規律などもなく、合理的にビジネスが回るようになっています。

また、以外なことにメキシコにも日本は抜かれます。理由はよくわかりませんが、メキシコも人口が伸びている国であること、そしておそらくは経済大国であるアメリカがすぐ横にいて、その規模についていける実力がついてくるのが、50年後ぐらいなのだろうと思います。

そしてなんと、我々の国から現時点でははるか遠くにあり、視界にも入っていないであろう国が、猛追してきます。たとえばナイジェリアは、その頃になると人口が5億人を超え、なんと日本の真後ろに位置するようになります。

そうならないことを祈っていますが、将来の経済ランキングを見たときはガチョーンとなりました。

***

じゃあテクノロジーがなんとかしてくれるはずだ、という光明も、少し怪しいと思っています。現在世界のテクノロジーを支配しているのはGAFA、すなわちGoogle,Apple,Facebook,Amazonです。

Googleは今年5月に、これまで社内の非公式モットーとしていた”Don’t be evil(邪悪になるな)”を、そのリストから外したと言われています。代わりに登録されたのが、”Do the right thing(正しいことをしよう)”。

言っていることは似ているかもしれませんが、そしてもしかしたら”Do the right thing”の方が企業倫理的には良いことを言っているのかもしれませんが、僕としては”Don’t be evil”の方が悪の道に行くことに対する抑制効果は高いのではないかと思います。

というのも、Googleほどの会社になれば、本気さえ出せばよろしくないことをそれとわからぬように世界中に伝播させることがいくらでも可能であり、そういう道にふと行こうと彼らが考えてしまったときに、より強い言葉で止めるべきだと思うからです。

“Do the right thing”程度のことはどの会社も言っていることであり、言ったところで悪の道に突き進む会社も決して少なくはないのですが、”Don’t be evil”と社是にあったら、「そ、そ、そうだよね・・・」と少しは逡巡したり改心したりするんじゃないでしょうか。まぁ個人的な好みですが。

「全ての権力は腐敗する」と言われています。過去にもたくさん、権力は腐敗してきました。そしていくら頭が良い人たちの集まりだからといって、GAFAだけがそのくびきから逃れることができるとは、どうしても思えない。

過去に大きな過ちを犯した人たちは極め付けのバカだったかというとそうではなく、当時の第一線級の頭脳を持った人たちが、権力を握ってから少しずつ凋落して言った結果、後世から見ればバカにしか見えない所業を犯していったのです。

欧米は基本的に、本音のところでは帝国主義を捨てられていないのだと思います。世界がぐちゃぐちゃになったのは、日本のせいでも中国のせいでもなく、欧米のせいです。そしてそんな国々のトップたちを、僕は心の底からは信用できません。

もちろん、じゃあ日本が素晴らしいかというとまだそこまで言えない現状はありますが、もう日本人は大きな過ちを犯さない。そう断言しても良いほどのモラルと民度は身につけたのではないかと、震災などの極限状態を見て思います。まあね、リーダーの力不足は甚だしいけど。

話を戻すと、そんなテクノロジーの頂点はアメリカに、そして最近だと中国で取られてしまっていますので、そこに期待というのはちょっと無理かなと。テクノロジーの恩恵は受けるでしょうが、そのリーダーシップを日本がとるというのは難しいのじゃないかと思います。

***

残るは、テクノロジー以外の方法で生産性を上げることです。

生産性さえ上がれば、人口が2/3になったとしても生産性が1.5倍でギリギリイーブン。そんな浅はかな青写真を持っています。そして生産性はやはり企業において上げるべきです。だって経済の主体は企業なのだから。

最新のテクノロジーを使ってウルトラC級に生産性を上げる。そんなことができるならそれも良いと思いますが、僕の考えはちょっと違って、もっともっと基礎的な能力を鍛えることによって、日本の企業の生産性は大きく向上させることができるのじゃないかと思っています。

たとえば、多くの人が感情の基礎的なコントロールすらできていません。最近流行りのメンヘラなんかも増えています。周りの人に迷惑をかけながらストレスを発散させるのとか本当にやめてほしいのですが、それは彼彼女らが人間の思考の成り立ちやコントロール方法を知らないからです。

知らないからできない。できないから改善しない。ただそれだけで、膨大な機会損失がそこかしこで生まれています。

そう我々が知らないのは先端的な話・・・だけではなく、実は物事の基礎中の基礎、人間の基本中の基本のことについても、まだまだ皆知りませんし、知ろうともしてません。そこにチャンスはあるのじゃないかと思っています。

人間が考えて行動する動物である以上、思考を変えれば行動が変わり、だからして結果が変わります。そのアップサイドは、思いの外大きい。だから僕は、思考のコントロール方法をできるだけわかりやすく、広くあまねく色々な人が理解できるように、これからも書いていくし、今回のようによくわからない誕生日前後の時間を使って、合宿や研修などで伝えていきます。

今日もとある企業のエース軍団をギチギチと缶詰にして2日間研修をしているのですが、今まで数年かかっていたことも、この2日でできるように、そんな飛躍ができるようにプログラムを作っています。そして参加者のみなさんはそれに全力で答え、限界を突破しようとしてくれています。

所詮は軽井沢でやっているただの企業研修の話・・・かもしれませんが、こういうところからいずれは国を変えるところまで持っていけたらと思います。

そのためには能力も筋肉も脳力も全部足りないので、これからガシガシと身につけていきたいと思いますが、とりあえず38歳になり、1桁目の端数を取ればアラサーとなりましたので、これまでより一層力強く走ることを誓い、よくわからない結論になった誕生日の挨拶とさせていただきます。

1日中喋り続けていたので疲労困憊な誕生日ということで、許してください。

俺たちは、俺たちの国はまだまだ変われる。そう信じています。みなさん協力してこの国をよくしていきましょう。

これからもよろしくお願いいたします。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数712人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。