良い子のみなさんは気づいていただろうか。
去る8月27日からの数日間、夜中0時付近のお茶の間が騒然としていたことを。
この日、かのクソ真面目テレビ局である、本来なら融通の効かない代表格である国営放送のNHKが、ついに民意に寄り添い始めたことを示唆する番組が放送された。そう、
「みんなで筋肉体操」
である。
タイトルからして言いたいことがたくさんあり、話が長くなりそうなので2−3話使ってお届けしたい。
***
8月27日の23時50分に第1回が放送されたと同時に「どうしたNHK!」、「攻めすぎだろ!」、「なんなんだ一体!」と方々から声が上がり、一週間の放送を経てあっという間に放送終了となり、短期間にして伝説と化したのがこの番組。
たった5分間のこの番組。まずは始まり方からして異常だった。
 
こちらは番組が始まるわずか1分前の映像。
傍若無人なアメリカと、本来なら天敵であるはずのロシアに身を寄せ始めたトルコの対立についての「時事公論」。冗談の要素は皆無。

 
番組終了を告げる、お決まりのどこかのJRの駅の映像。さすがはお堅いNHK。シリアス極まりない。

 
そして画面が切り替わる。僕はオフィスでこれを見ていたが、このあまりの変化に嗚咽せざるを得なかった。

 
そして紹介される講師陣。なんと、職業は左から
大学准教授、庭師、見たことある俳優、弁護士。

NHK PR
もはやカオス。
 
公開されている情報だけでも、頭が混乱してくる。
左から
①谷本道哉氏
職業:近畿大学物理工学科准教授
格言:「筋肉は、裏切らない」
 
②村雨辰剛氏(スウェーデン出身)
職業:庭師
格言:「切るのは私ではない、筋肉だ」
 
③武田真治氏
職業:俳優
格言:「音楽は筋肉の叫び」
 
④小林航太氏
職業:弁護士
格言:「筋肉は万物の法」
 
最初は真面目に広報していたNHK広報局も、だんだんよく分からなくなってきたのか、適当なアナウンスになっている。


 


 
番組の内容自体には笑いが一切含まれておらず、5分間ひたすら真顔で筋トレが繰り返されていく。
まずは精悍な顔つきで並ぶ3体の肉塊。一番右の人の名前が「村雨辰剛」でも気にしてはいけない。これから始まるのはあくまで筋トレの番組である。

 
引き続き、一切の笑いがなく粛々と「本日のプログラム」に移っていく。5分間腕立てをやるともうパンパンだ。左奥の人が弁護士だとか、そういう小さいことを考える必要は一切ない。

 
我らが武田真治先生がいつの間にかマッチョになっていたことを知らない人は結構多い。今は芸能界屈指のマッチョで、昔のナヨナヨしたイメージは顔だけである。大胸筋はかなり凶暴になっている。

 
そしてしばらく姿を消していた谷本先生が最後に、決め台詞を言ってこの番組は終了する。
「筋肉は、裏切らない」
なんか金を払わない視聴者に裏切られてきた歴史を示唆するかのような隠喩ではなかろうか。
 
あまりの勢いに、下手をすると唖然としたまま番組の5分間が終了するので注意。ちなみにある程度鍛えている人じゃないと、5分間でも筋トレを続けることはなかなか難しいのでちょうど良い負荷設定だったりする。
***
国民医療費はついに40兆円を超え、年金を70才からにしようとか、いや人間100才まで生きるのにどうすんのとか、あと数十年で人口1億人切るよとか、色々言われている日本。
その危機に際して、必要なのはどこかの頭の良いだれかがやってくれるウルトラC・・・ではなく、国民一人一人の意識改革、すなわち筋肉改革であるという点に着目したNHKは、テレ東と並んで今世紀に唯二残すべきテレビ局だということがはっきりしたように思える。
また、このような国家レベルのメッセージをかような番組に置き換えて送りつけてくる政権に対しても、支持率の急激な上昇が今後見込まれると思われる。
今回のブログはタイトルの通り、「みんなで筋肉体操」と「スラムダンク」、そして「チームラボ」の共通点およびマーケティングについて書きたかったのだけれど、予想通り番組紹介だけで終わってしまったので、続きはまた明日。
なお、見たい方はYoutubeでもNHKオンラインでも見られます。大人気すぎてまた再放送するみたい。
ゆっくり脳に情報を届けて、消化してください。最初に見るとだいたいみんな混乱します。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数712人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事