ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

「信頼は、積み重ねるのには時間がかかり、失うのは一瞬である」という誤謬 #1365

time 2018/09/27


 

「誘ってオッケーしても半分以上の確率であいつは来ない」、「朝いちのイベントだとだいたい寝坊して、毎度わかりやすく風邪引いたことになってるよあいつは」などと言われているメンバーが、みなさんのコミュニティにも一人はいるかもしれない。

僕の所属するコミュニティにもいる。そう、心友の「熊」だ。

ああ、それはそうと、本論の前に告知。

地元広島動物園に気候区する熊のために、11月中頃まで毎週土日早朝に「熊引退記念ラン」をやるので、これをご覧の貴方も冷やかしに来てほしい。日本でトップ50に入るぐらい優しくまごつきがちな動物と触れ合える良い機会になる。

最後はロッキーみたくなればいいなと思う。

(お知らせ)チームメイトの「熊」の引退記念ランやります。 #1356

(↑最終日はこうなってたらいいな)

***

先週の土曜日、上記の「熊引退記念ラン」を実施した。二回目の開催だった。今回はなんと、僕と熊のファンだと言ってくださる壮年の御大もいらっしゃるとのこと。

御大とはウルトラランナーの聖地、「山北」で1年半ほど前に初お目見え。熊といっしょに走る準備をしていたら、「羅王さんですよね!?」と歩み寄ってきてくださった。

聞けば、僕が所属するランチーム「アドミラル」、トライアスロンチーム「ポセイ丼」のメンバーのこともブログを通じて全員把握しているご様子。しかも、奥方と妹さんも同じステータスらしい。ガッデム、ブログ続けてきてよかった。

その御大が、今回の「熊引退記念ラン」の告知ブログを書いた直後に連絡をくださり、今回合流の運びとなった。

***

朝6時@皇居。

予想通り、熊は来ない。僕も御大もとっくに到着している。

 

15分後、のそのそと向こう側から巨体がやってきた。

僕たちへはまだ距離があるのに、早めの踏み切り。

 

からのジャンピング土下座。

 

もはや顔が常習犯。謝り慣れ度が半端ない。

 

そして開始5秒で怒られる。動物虐待ではなく、正当なしつけ。

 

約束する→まごつく→怒られる

という流れを辿らせたら日本有数なんじゃないかと思うぐらい、熊はよくこの手のミスをする。まさかの自分の追悼ランでまでやらかしてくれたので、むしろ安心してしまったぐらい。

 

熊は仲間内のブログで必ず「厳密には熊は別チーム」と描かれており、実はそれにはちゃんとしたワケがある。数年前にトライアスロンを始めた時、初回の海練を企画したのが熊だった。

コードネーム「元帥」と呼ばれる絶対権力者が統べるのが我々のチームであり、熊は勇敢にも「元帥」に「僕は初心者なので海練付き合ってください」と上奏した。「うむ」と短い返事をした「元帥」は、「明日熊と海練ですわ」と嬉しそうだった。

お察しの通り、熊はその日、寝坊した。そして練習を欠席した。誘われた「元帥」はまさかの依頼主不在で海練をすることになり、その日から熊は「厳密には別チーム」と言われるようになった。

以来、チームTシャツすら配布されない状態で、いっしょにアイアンマンディスタンスのレースやウルトラマラソンに出ている。

 

そんな過去の流れがあったので、僕は十中八九、熊がまごついて間に合わないことを予期していた。そして実際そうなった。それでこそ熊。予想を裏切らない熊。

ある意味心の中でいかなる時もブレない姿に感嘆しながら、ジャンピング土下座する熊を見ていた。

***

信頼は、積み重ねるのには時間がかかり、しかし失うのは一瞬である

とはよく言われることである。

その通りだと思うし、異論はない。

 

しかし厳密に言えば、

信頼を失うのも実際は一瞬ではなく、ちゃんと段階がある

のだと、熊の事例を見ていて痛感した。

確かに、痴漢をしたり犯罪を犯したりすればどれだけ社会的地位があっても一瞬で転落はするけれど、一般的な生活をしている限りにおいて、信頼を一瞬で失うのは、実は極めて事例としては特殊なんじゃないかと思われる。

 

普段から早朝練にバリバリ練習しにきている人が遅れるのと、普段から早朝練でバリバリ遅刻する熊が遅れるのとでは、ワケが違う。そこには根拠があり、前科がある。

熊に対しては、人としての信頼(人じゃないけど)は絶大なものがあるが、熊の朝活に関する信頼は地に堕ちている。何も最初から信じてなかったワケではないけれど、今では来なくても「そうだよね」という程度にしか思わない。

いろんな意味で、実績を積み重ねてきた結果である。

人は人を(熊は人じゃないけど)、一瞬のミスで見限ったりは意外としないものである。プラスもマイナスも、なんだかんだと言いながら少しずつの積み重ね。

「そういう人」と思われるには、ちゃんとそれなりの理由があるのである。

 

そういえば熊ばかり題材に挙げていたけれど、僕自身に関しても思い当たるフシがある。

マラソンやトライアスロンで、僕一人がエントリーしている大会の当日になると、決まってチームメイトから

「今日もDNS?」

とメッセが届くようになった。(*Did Not Startの略。会場にすら行ってないという意味。)

数年前まで、「なんだかんだやる漢」と呼ばれていたのに、最近はもっぱら、「なんだかんだDNSする漢」に成り下がり果てている。

確かに、一人ぼっちで寂しくてDNSした大会がこの数年で5回ぐらいあった気がする。目くそ鼻くそを笑ふ。皆さんはこうなってはいけません。「他山の熊」としてください。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数722人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。