ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

二度と行かない飲食店の条件 #1376

time 2018/10/08


 

僕は食べるのが大好きだ。

見てくれとは異なり酒も飲まないし夜遊びもしないが、見てくれの通りに食べることには命をかけており、現在88kg(パパ)を誇るこの肉体は、優しさと高脂質の食べ物で出来ている。

写真は先日ふと入ったハンバーグ屋さんで、そこそこに美味しかった。でもある理由で二度と行かないことを決めた。多分に僕自身の価値観によるものなのでなんの普遍性もないけれど、「こういう飲食店には二度と行かない」という判断基準をシェアをしておく。

***

1、虫(主にコバエ)を3匹以上発見

飲食店である以上、虫とは無縁でいろというのは無理な相談かもしれない。けれど、日本の飲食店であれば結構どの店も頑張っている。なので逆に、虫が何匹も目撃されるような店はあまり努力をしていないのだなと考え、もう行かないというタグをつけている。1匹ならしょうがない。2匹もまぁ我慢しよう。しかし3匹も僕の視界に入るとなると、おそらくは生ゴミの処理やキッチンの衛生管理に手抜きがあると見て良いと思われる。ちなみに味は好きなので何度か通った店があるが、その度に必ずコバエがこんにちはしてくるので、さすがにもう行かなくなった。

 

2、トイレが汚い

これはもうその場でアウト。女子か!と言われるかもしれないが、僕はトイレをいつからか重視するようになってしまったのだからしょうがない。おそらく、もっともリラックスできる場が汚いと心が荒れる、とか考えてるんだろう。物理的に汚いのは論外として、下水の臭いがキツイ店なども、見えない部分の不衛生を疑ってしまって次から通うことができない。トイレが汚いと、食べたものの好印象も台無し。

 

3、トイレが狭い

これももうその場でアウト。上記と同様、一番客がリラックスできる場所が無意味に狭い店とか、何考えてんだろうと思う。店主は飲食店は味でしょとか思ってるのかもしれないが、違う。飲食店はトイレだ。トイレをしっかりしても差別化要因にはならない、なんてことはなく、店の格が2−3個上に見えるから投資すべき。

 

4、店員さんがすぐ来ない

店員さんが呼んでから来るスピードは、その店が顧客本位か否かの判断基準としてそこそこ的を得ていると思っている。といっても、激務の時間帯に来ないからふざけんな、という意味ではない。ダメな飲食店は、リソースが十分な時間帯でも店員さんがなかなか来ない。これは、一人一人がきちんと教育されてないことの証でもあるから、店のレベルも推して知ることができる。

 

5、不味い

当たり前だけど念のため。飲食店なのに飯が不味い、というのは、罪である。医者だけど手術は失敗する、保険に入ったけど保険が出ない、というのと同等の罪。何してんの?舌腐ってんの?改善しようと思う知性がないの?と、ひどいかもしれないけど思ってしまう。普通に考えて、僕レベルの料理初心者でも一生懸命研究して一生懸命練習すれば、そこそこに美味しいものが作れる。それを飲食のプロであるはずの人がしないのは、ひとえに怠慢である。

 

6、◯◯屋さんなのに「その他」がウリ

これはビジネスに疎い地方だとよくある話。なんでもかんでもおすすめにしたいのは分かるが、先日入った焼肉屋さんでは「締めのラーメンがおすすめ!」と書いてあった。いや、まず推すべきは肉でしょうよ、と言いたくなった。牛タンとかカルビとかが一丁目一番地でしょうよ、と。案の定、その店の肉は不味く、締めのラーメンまでたどり着くことはできなかった。

 

7、(中華限定)チャーハンが不味い

チャーハンが不味い店は、だいたい不味い。チャーハンがこれはと思うレベルの店は、だいたい何を食べても美味い。なぜチャーハンの実力が全ての料理に影響するのかの方程式は僕は知らないが、まず間違いなくチャーハンのレベルでその店のランクは分かるということだけは書いておく。

 

「成功の形はそれぞれだが、失敗には再現性がある」

と、失敗を科学している本にはだいたい書いてある。

飲食店でも同じようなもので、あくまで僕基準であるが、上記に一つでも当てはまる店は、ラーメン二郎以外は大したことがない、と思う。たぶん。ラーメン二郎は汚くて狭くて虫もいるが、あれは文化なので仕方ない。

みなさんも

▼こういう店は絶対美味い!

▼こういう店は絶対行かない!

という基準があればぜしおしえてくださひ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数720人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。