ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

ボクシングの世界チャンピオンになれる人と司法試験に受かる人の共通点 #1379

time 2018/10/11


 

ボクシングバンタム級の井上尚弥選手が、先日WBSSで行われたトーナメント(World Boxing Super Series、世界の階級別統一トーナメントのようなもの。ボクシングは主要団体だけで4つもあり、チャンピオンが乱立していて誰が本当のチャンピオンか素人にはわからない、という問題があった。)で、衝撃的な1RKO勝ちをおさめた。

当たる相手が全てチャンピオン級というなかでの1R、しかもたった70秒での勝ち&たったパンチ2発でのKOは圧勝以外の何物でもなく、「THE MONSTER」との異名そのまんまの強さで蹂躙した形。行く末はパッキャオか!?とも言われるぐらい、世界的な評価も高い。

 

例によって気になった選手のことは調べまくるのが趣味なので、井上尚弥選手に関する動画、情報を集めまくってみたら、所属ジムの大橋会長の話がなかなか興味深かった。

大橋会長はこれまで川島郭志氏、八重樫東選手、そして井上尚弥選手と三人の世界チャンピオンを育てている、ボクシング界の重鎮。その重鎮に、インタビュアーが「世界チャンピオンに共通する資質は?」と聞いたところ、答えたのが下記。曰く、

やはり「毎日の単調な練習を継続できること」だと思います。

その次が、生まれ持ったボクシングの才能。

 

これには驚いた。井上尚弥選手を見ている限り、どこからどう見ても才能だと思っていたら、どうやら違ったご様子。21歳までど素人だった川島郭志氏、毎回打たれて顔がボコボコになる八重樫東選手、ここ最近2試合で強すぎて180秒しか試合をしていない井上尚弥選手の共通点が「毎日の単調な練習を継続できること」とな?

ある意味で勇気の出る、しかし残酷なまでにおっしゃる通りな原理原則だと思った。ちなみに、なんと動体視力や反射神経などの数値は、井上尚弥選手と一般人のそれで数値がそう変わらないという。びっくらこいた。

***

確かに、極真空手をやっていた身からしても、思い当たる節はあった。僕は自分で言うのもなんだが、比較的センスはある方だと思っていた。特に帯が下の頃は結構強く、「お前やるねー」と誰からも思われていたと思う。

がしかし、僕の悪い癖で、ちょっとペースが乱れると、途端に道場に行かなくなったりした。やれ勉強が忙しい、やれサークルが忙しい、やれゼミの飲みが忙しい。色々な理由をつけて数ヶ月道場に行かなくなると、それまでは大したことがないと思っていた仲間が、あっという間に強くなっていた。

これを数回繰り返すとどうなるか?もともと自分よりはるか下にいた人たちに、全く勝てなくなる。考えてみればこれは空手に限らず僕のあらゆる分野における悪癖で、自分の「センス」なるものに過大な期待をして、当たり前の努力をしないということが自分の中で常態化していた。

結果、どの分野も日の目を見ることはなかった、という悲しい話。極真空手で強くなる人は、結局のところ、いつも道場にいる人だった。

***

ある老紳士が、僕に会いたいと言ってくれてランチをご一緒した。

聞けば、老紳士は弁護士で、この道数十年の超ベテランであった。当然、ロースクールが整備される前の弁護士が超難関資格だった頃の合格者である。(今も超難関ですが・・・)

僕はふとしたタイミングで聞いてみた。司法試験に受かる人は人はみんな頭が良いのだろうけど、中には超優秀なのに10浪しても受からない人はいる。この違いは何なのか、と。頭の良さなのか、記憶力なのか、論理的思考能力なのか。

だいたいそのあたりだろうとあたりをつけて聞いてみたら、ちょっと角度の違う答えが返ってきた。

「うーん、”机にどれだけ座っていられるか”ですかねぇ〜。」

 

六法全書を見ただけで覚えられる一部の天才は置いておくとして、普通に努力を積み重ねて司法試験に合格する人と、そうではない人を分ける違い。これは脳の出来次第だと思っていたら、まさかの机に座れるかどうか、との答え。

曰く、頭が良くてもすぐに席を立ってしまう人は、数年の積み重ねの後にそれができる人との間にやはり差ができてくるのだという。

ある意味でこれも「脳の出来如何で司法試験の合格不合格が決まるわけではない」という意味では勇気の出る話だったが、しかしこれもまたなかなかに残酷な話なのであった。ちなみに、僕は机に座っているのが極端に苦手である。

***

以上、3つのエピソードをご紹介したが、これは我々のよく知っている言葉で代替できる。

すなわち、

継続は力なり

であります。

以上。昔から生き残っている言葉には、それなり以上に根拠があるのだと思う。このブログも間も無く1400日。頑張ってるなぁ。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita(現在フォロワー数720人)
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。