「やらないことリスト」を師匠が作っていて、すごく良いなと思っていつも感心して見ている。
御歳40代半ばを超えた師匠は、年々不自由になる人生を生きている一般の40代男性(昇進昇格やローン、子供の教育費、恐妻などで)と比べ、実に自由に生きている。
僕より8つほど年上にも関わらず、僕より運動しており、僕より仕事量は少なく、そのへんの人の何倍もゲームをやって漫画を読み、それでいて仕事では高い業績を挙げている。天は何物を与えたもうたのかと思うほど、色々と人生を楽しんでいる。
その人生の秘密の一つが、「やらないことリスト」。師匠は自他共に認めるワガママ人間で、やりたいこと以上、やりたくないことが多い。たとえば、師匠は電話が嫌いなので、間違って電話しようものなら、すぐに機嫌が悪くなる。
電話で済む要件もメールやチャットで済まそうとするぐらい、電話が嫌いらしい。このあたりはホリエモンも似たようなことを言ってた気がする。
 
ただ、その「電話が嫌い」という習性を公言もしているしブログにも書いているため、ほとんどの人が師匠に電話をするという選択肢を頭から外している。本人はさぞかし快適だろうと思う。
他にも、士業なのに顧問先を増やさないとか、1日何時間以上は仕事しないとか、およそビジネスパーソンとして失格じゃなかろうかと邪推してしまいそうなぐらい、色々と「やらないこと」を決めてしまってる。その思い切りがむしろかっこいい。
 
ということで、僕自身もあれもこれもという人生を少しは反省し、ちょっとずつやらないことリストを拡充していこうと今回考えた次第。やってみたいことはたくさんあるため、今のところ少ししかないけれど、徐々に追記していきたい。

 羅王式やらないことリスト(順次追記予定)

(仕事)
・遠方への1アポのためだけの遠征をしない。(大阪、名古屋が中心)
・1つの作業をするときに同時複数平行でやらない。
・1つの作業を漫然と始めない。(ストップウォッチで管理)
・仕事自体を漫然と始めない。(目標マトリックスを閲覧)
・メルマガ、ブログを「オプション」、「第2象限」と考えない。(マストであり、第1象限)
・22時以降会社で仕事をしない。
・デスクトップを20個以上にしない。
・将来の案件を見込んだ現在の値引きをしない。(経験上、値切られてるだけ)
・抱き合わせの値引きをしない。(コンサル業はコンサルフィー。FP業はFPフィーで別)
 
(生活)
・朝の二度寝をしない。(しても眠いものは眠いし、なおさら眠い。)
・脱いだものを椅子に重ねず、格納する。
・飲みかけペットボトルを机の上に置かないで冷蔵庫行きかゴミ箱行きを決める。
・洗濯物をそのままにしないで格納する。
・机の上にものを置かないで格納する。
・やむを得ない場合以外、タクシーに乗らない。
 
(トレーニング)
・やるかやらないかを逡巡しない。まずは腕立て1回からやる。
・時間を決めないでスタートしない。ジム/ランも1時間と決める。
 
(SNS)
・Facebookの誕生日おめでとうメッセージを封印(誕生日非表示で対策)
・他人の投稿にコメントしない(後続のメッセに全てフラグが立つため)
・時間を決めないでSNSを見るということをしない。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事