ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

祝・1400号突破! 「ラオウを目指す羅王のブログ」で目指していること #1400

time 2018/11/01


 

本エントリをもちまして、

「ラオウを目指す羅王のブログ」が1400エントリを突破

したことをお知らせします。

 

ここまで読んでいただいた皆さま、日頃から暇つぶしに読んでいただいている皆さま、時より「めっちゃ勉強になります!」と言ってくださる皆さま、本当にありがとうございます!

ブログ開設から、苦節5年(それまでもチョロチョロ書いてたけど、2013年11月に本格スタート)。毎日更新を謳っているため、本来であれば365日×5=1825エントリあってしかるべきなのですが、なぜかようやく1400号を超えたところ。

しかもいくつかの虫食いがある状態ではありますが、とにもかくにもここまで来られたことを素直に喜びたいと思います。応援、いつもありがとうございます。

 

さて、本ブログは、テーマが毎度多岐に渡るため、「一体なんのブログなの?」と訝しんでいる人も多いと思います。それはおっしゃる通りで、たまに自分でも何を書いてるのか分からなくなります。

がしかし、実は連載当初から1ミリも変わらずブログの底に流れてる理念、基本テーマみたいなものがありまして、それについて書いておこうと思います。何度か触れている話ではあるものの、1400号を機に改めて言語化しておくことは、自分にとっても少なからぬ価値を持つものと信じます。

***

基本テーマ1:娘たちへの遺言

そもそもブログを書こうと思ったのが、今現在9才になる1号機が生まれてしばらくした頃。生命保険という仕事柄、人の死をいやが応にも意識しなければならない毎日を送っており、ふと「自分が死んだらこの子に何を遺せるだろう?」と思ったときに、「思考の軌跡を遺したい」と思ったワケであります。

写真を遺すことは難しくないが、思考、すなわち、「そのときその瞬間にパパは何を考えていたのか」を遺すことは、ほぼ不可能。親のことが知りたいなと思う年齢になったときに、遺っているのがありがちな写真だけでは申し訳ないな、ということで書き始めました。

きっかけはビジネスセミナーで情報発信技術を手に入れよう、てな体裁の始まりだったけれど、書き始めて本当によかったと思います。今では遺言の遺し先が2つ(2号機は元気な3才児)になったので、さらに気合いが入っております。

 

基本テーマ2:300年後の子孫へのメッセージ

順調に行けば、1号機と2号機の子供ぐらいには会えるかもしれませんが、その子供となると心もとありません。一応100才までの人生はこれあると覚悟しているものの、いつ非業の死を遂げるかも分からず。。。実際、トライアスロンで落車したときなどは、頻繁に三途の川が見えます。

私としては、娘たちのみならず、300年後ぐらいの子孫に届くメッセージが遺せるのであれば、遺しておきたいと思っています。ここ数年は歴史に興味を持って色々勉強していますが、当たり前の事ながら、過去のことは史実という名の勝者のストーリーでしか知ることはできません。

直近で言えば、近現代史に興味を持って勉強しているため、戦前戦中戦後の人たちの当時の思考にとても興味があります。が、当然それらはいくつかの断片的情報という形でしか手に入りません。たとえば、特攻隊の人たちがブログを書いていたら、もっとその後の解釈は変わったのではないかと思うのは、僕だけでしょうか。

他にも、東郷平八郎がバルチック艦隊を破った時のことをブログに書いてたら?山本五十六が戦争に反対だったのに、連合艦隊司令長官を拝命せざるを得なかったときの心境は?など、知りたいことがたくさんあります。

今の時代なら、そんなことが実際に可能です。300年前の人たちの思考がそのまま遺せるなんて、面白過ぎる。きっと言われることでしょう。「ああ、うちのご先祖は、OPP(お腹PP)に苦しんでたんだ。今ならもう完治するのに・・・」と。

 

基本テーマ3:凡人諸氏の人生の角度を5%引き上げたい

世の中には少数のバケモノの成功法則が流布されていますが、この世を構成している99%は僕含めた凡人です。だから基本的にはホリエモンも落合陽一も参考にはなれど、ああなるのは無理と思っています。

彼らはそもそも抜きん出た知力を持ち、そして無尽蔵の努力を惜しまない人間です。そんなこと、凡人にはできません。一歩進んで二歩下がり、夢を見てはその距離の遠さに次の日に絶望するのが凡人です。僕自身、これまで何度「これで変われる!」と信じて、そしてやはり無理だったかと思い知ったかことか。

ということで、ダイエットに108回挑戦しては萎え、ライザップに通っては2kg太り、イライラしたら漫喫にすぐ引きこもる僕だからこそ書ける何かがあるのではないかと思い、筆を取っています。普通の人が普通以上の人生を手に入れるためにはどうしたらいいのか、その思考の軌跡とちょっとの奇跡について、書いているつもり。まぁ、大したものを得ているわけではないですが、僕程度の話でも喜んでくれる人は結構多いのです。ありがたや。

 

基本テーマ4:第2象限力を高める

基本的には上記のメッセージ性を外部に対しては持ちつつも、当然のことながら自己のトレーニングにもこのブログを活用しています。人生を分けるのは第2象限(緊急ではないが重要な領域)であり、ここに5年10年かけてお金と時間と労力をかけられるかが、彼我の差を分けます。

たとえば健康管理を毎日し続けている人と、おざなりにしている人では今日明日では差が出ませんが、10年も続ければとんでもない美ボディと醜ボディの差になります。僕は残念ながらカラダに関しては後者になってしまっていますが、同じことがブログについても言えると信じ、(ほぼ)毎日書いています。

これは、ブログという成果物を毎日書くという効果以外に、「第2象限にフォーカスする能力を鍛える」という意味でも極めて大事です。多くの人は、第2象限を忙しさにかまけて放置します。僕も同様。毎日毎日、意識しなければ緊急性に押し流された第2象限が溜まってしまいます。それを解消するためのトレーニングがこのブログなのです。

 

基本テーマ5:言語化能力を高める

基本テーマ4と似て非なるものが、こちらです。人は、言葉によって世界を作っています。また言葉によって世界を表現しています。人間と動物を分けているものは言葉であり、(スポーツはいまいちわかりませんが)ビジネスにおいて成果を分けるのも、言葉の質と量の標準装備がどのレベルにあるかだと僕は考えています。

言語化能力の一部は、幼少期からの教育によって決まってしまう部分があるため、はっきり言えば親や先生次第というところがあります。しかし一方で、人生そのものは親や先生に色々と教えてもらう期間以外の時間の方がはるかに長く、その時間を使って言語化能力を高めることは、決して不可能ではないと思います。

言語化能力を高めるのには、まず第一として良質のインプットをすることが必要です。これには良書の大量消費が不可欠。ブログも良いけどやはり本かなと思います。

そして、同じぐらいの量のアウトプットもまた不可欠。インプットをどれだけしても、アウトプットの訓練をしていない人は、言語化能力はそこまで高くありません。テレビにはよく何をしゃべっているかわからない東大生が出ておちょくられていますが、あんな感じです。人とのコミュニケーションもアウトプットの一形態なので、それをおざなりにして勉強ばっかりしてた東大生がああなるのも、仕方ないところだと思います。

僕のように勉強を全くしないのもどうかと思いますが。

 

基本テーマ6:自らの備忘録

小学校1年生と3年生では、間違いなく3年生の方が知識も経験も多く、カラダも強いですが、大人の場合は30才と32才では、下手をすると30才の時の方が大人だったぜ自分、みたいなことが頻繁に発生します。子供の頃と異なり、大人になってからの成長は確約されたものではなく、それと意識して毎日を生きないと、なかなか漸進的な成長と言えど、遂げることは簡単ではないなと思います。

そんな事情もあり、また自分が忘れやすいということもあり、備忘録としてその時々の思考の軌跡を残しておくことには、一定の意味があるような気がします。数年前のエントリを読んで、「めっちゃ良いこと書いてあるやん!」と驚くことは少なくありません。そして直後に、「なのに今の俺はなんなんだ・・・」と絶望することも。

自分が辿ってきた軌跡ですら忘れるのが人間。ならば、日記は字が下手すぎて書けないまでも、オンライン上にそれを残しておきたいなと思うわけです。

 

 

こんな感じの基本テーマを以って(ほぼ)毎日書いていますが、あいも変わらずPDCAを回し、試行錯誤を重ねる毎日です。まだ理想とする到達点には遠いし、知識も経験も実力も、全てが足りません。

だからこそ、その発展途上な各エントリに意味があるのだと信じて、今日も書いていきます。今後ともよろしくお願いいたします。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Introduction(初めましての方用)

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。