広島のセ・リーグ3連覇を支えた主砲の丸選手の移籍騒動について、すったもんだの挙句、巨人に移籍ということで話がついた。
従前にはセ・リーグ2年連続MVPのこの傑物に対して多くの球団が動いたようだけれど、最後はさもありなんということで、最高額の5年35億を提示した巨人に移籍することになった。
ロッテならいい。楽天ならまだ許す。しかし巨人はダメだ!ということで、ネット上では批判の嵐が渦巻いている。特に広島カープファンの怒りは収まらないらしく、少なからぬ量の「銭ゲバ!」という罵声が飛んでいるようである。
年7億ももらうわけだから相当な額であることは確かだけれど、散々ぱらお世話になった選手に対して「銭ゲバ」と当てつける事に対して、果たしてそれはどうなのみなさんという意見を申し上げたい。
***
個人的には、報酬というのは、どれだけの人に夢を見せたか、どれだけの人の人生に影響を与えたか、で決まるのではないだろうかと思っている。
たとえば、CR7(クリスティアーノ・ロナウド=背番号7だから)は、ユベントスへの移籍というその話だけで、イタリア中の人に夢を見せた。ユベントスがあるトリノの人たちには最高の夢を、それ以外の地域の人たちには最悪の夢を、という違いはあるが、夢を見させたという点では共通している。
ユヴェントスのユニフォームは移籍が確定したその後24時間で52万枚も売れ、70億円相当の経済効果をユニフォームの売り上げだけで叩き出した。スペインのリーガ・エスパニョーラやイングランドのプレミア・リーグに近年押されまくって下火になっていたイタリア・セリエAに久々の活気が戻ってきた。
CR7が数十億円の年俸をもらっていても、誰も文句は言わない。それだけの夢を人々に与え、それだけの数の人々の人生すらを変えているからである。
***
翻って、丸選手。
元来、広島カープは弱小球団である。そして、Bクラスが定位置だった広島カープが、常勝軍団とも言える強国となった一因は、間違いなく丸選手にある。リーグ内の選手が数百人いるなかで、2年連続MVPというのは伊達ではない。3年連続90打点以上を叩き出し、今年に関しては40本に迫る本塁打。
丸選手を「銭ゲバ」と罵る人たちは、丸選手に払った年俸ではなく、丸選手から受け取ったものを金銭に換算してみると良い。阪神タイガースも広島カープも、弱小球団だった頃からファンは熱烈な応援をしていたが、しかしどんなファンであれ、チームが強いということ以上の幸せはない。その幸せをくれたのは、丸選手である。
もはや広島カープがその働きに報えないほど(カープには今も昔もお金がない)の選手に丸選手がなったのだから、快く送り出してあげてほしいと思う。
サッカー界には、新人を育て上げてレアルやバルサのようなビッグクラブに高く売ることを生業としているチームもある。南米の多くのチームがそれであり、スペインやイタリアにもそれ専門と見まごうばかりのチームもある。
広島も、「広島出身なら大丈夫!」と言わしめるような選手を量産できるようになれば、数年後には真に強い組織ができることと思う。
***
あともう一つ。
広島から巨人への移籍に怒るのは、NTTからGAFA(Google,Amazon,Facebook,Apple)に移籍する人に「恩知らず!」と怒るのと同様、
とてもダサい
と思うのは僕だけだろうか。育てたのはNTTかもしれないけれど、その結果当該人物の能力に対して相当程度の報酬や仕事を提供できなくなったのであれば、ステージを変えることについてとやかく言うことはできない。それと同じ。
能力がなければ一瞬で解雇されるようなところにチャレンジするようになっただけでもすごいし、その覚悟を汲んであげてほしいなと思う。巨人なんて、勝てば官軍、負ければ賊軍が日常。むしろ、広島でちやほやされてるだけの人生の方が、丸選手にとってはよっぽど楽だっただろうに。
 
タイガーウッズは、プレーオフの最終ホールで相手選手のパットに対して、「入れ!」と念じるそうな。入れと念じて入る分にはまだ戦えるが、外れろと念じて入ってしまった日には、心が折れてしまうからだそうな。
同じように、広島のファンの皆さまにおかれましては、巨人のユニフォームを着た丸選手に対して、
「打て!」
と念じてほしいものである。丸選手が打って、活躍して、それでもなお、広島が巨人を屠る。これこそが、チームとしてもっともかっこいいことではなかろうか。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Twitter: @raoukeita
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事