ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

悲劇のスマホ道五十三次。この1年で携帯をau→UQmobile→IIJmio→SoftBankに泣き寝入りしながら替えてきた話。 #1433

time 2018/12/18


 

この1年で、au→UQmobile→IIJmio→SoftBankと携帯を替えてきて、非常に不毛な経験をしたので共有しておきたい。紳士淑女の個人事業主の皆さまにおかれましては、

「つべこべ言わず御三家にしとけ!できればSoftBankにしとけ!」

というのが今日の結論ですので損をしたくない方は耳と目をかっぽじってよくお読みください。

 

なお、「紳士淑女の個人事業主の皆さま」とは、

・文字通り個人事業主で、会社からの携帯貸与などがなく、「会社の携帯でYoutubeを見る」などが出来ない。

・家でも外でもネットをよく使う。例えば保険営業パーソンは外出先で各保険会社によくつなぐ。

・電話をしないに越したことはないが、電話しないと成り立たないビジネスをしている。(営業マンなど)

といった方々をイメージしています。

 ついに格安simデビュー!au→UQmobileへ

18歳の頃から20年近く使ってきたauに、ついに別れを告げる日が来たのが1年ほど前。

以前はiPhone6を使っていたのだけれど、落とした際のショックか音が致命的に聞こえにくくなっていたことと、世間から遅れかけていたことに焦り、格安スマホに移行することを決意。

もともと、長期契約しているわりには新規顧客にばかりサービスをする体質が気に食わなかったこともあり、世の趨勢的にも格安simが安定してきたと読んだため、踏み出すことにした。

auの関連会社のUQmobileなら手続きも安心だろうということで、アップルストアで買ったばかりのホヤホヤのiPhone8を持って、UQmobileに駆け込んだ。

 

その場でテキパキやってくれ、見事に契約成立。はぁ、これでやっと俺も時代の最先端。「まだ御三家で消耗してるの?」とか言っちゃいたい。早く自慢したい。

ちなみにこの直前、実は会社の近くにあったY!mobileに駆け込んでいるのであるが、「iPhone5以下じゃないと格安simは動作保証できません」とイミフなことを言われた。

確かに最新機種で格安simが契約できたら、そりゃ御三家としては商売上がったりだよな、と思い、この時は仕方なく退散。

 

(スマホ道五十三次① au→UQmobileへの変更)

機種:iPhone6(たぶん128M)→iPhone8(たぶん256M)をアップルショップで買ってUQmobileへ

料金:12000円ぐらい(端末含む)→6000円ぐらい

容量:7ギガ→7ギガ(さらに7ギガをしばしサービス)

失ったもの:解約金1万ぐらい

満足度:やったったで感満載

 iPhone8だとアレが出来ない・・・だと?

事件はほどなくして起きた。携帯が思うように動かない。急いで近くのUQショップに駆け込むと、「sim不良ですねー」と言われる。電波がつながったりつながらなかったりを繰り返してたので変だと思ってたら、初期不良のようだった。

「じゃあ替えてください」と言うと、「ここでは出来ません。ここに電話してください。」と紙を渡される。なるほど、これが格安simのサービスが大人向けと言われる所以か。

ショップではプロモーションと新契約以外の手続きは行わない。手間のかかるものは全てコールセンターへ。徹底している。

オーケーオーケー、それぐらい理解しているさ。なんたって俺は、「格安simユーザー」だから。時代の先を行ってる漢だから。

大人の香りを醸し出して承諾し、数日後に新しいsimが届いた。数日間は不安定な携帯で我慢した。

 

新しいsimが来て一応の動作は戻ったものの、別の問題が発覚した。なんと、テザリングができない!

テザリングは個人事業主のお供みたいなもので、外出先で不安定なスタバwifiやタリーズwifi、課金されかねないホテルのwifiに頼らずにネットを接続するには、不可欠。それがなんと、「テザリングはUQmobile×iPhone8だと出来ない」とな?

当時、オフィスと家の往復ばかりで、テザリングを試すことがなかったので気づかなかったが、いつまでもアクティベートしないのでおかしいと思っていたら、なんと「対応予定なし」とのことだった。

iPhone買うときにアップルの人に「UQmobileにします」とゆうたのに教えてくれなかったし、UQショップでは質問することすら頭をよぎらなかった!

ちなみに、「テザリングができない」=「保険契約のネット申し込みができない」とほぼイコール(厳密にはホテルのwifiが使えれば良いとかはあるけど)なので、UQmobileにはアウトの宣告。色々ビックカメラで聞いた結果、2号機の名前にも似ているIIJmioで契約することにした。

今度はテザリングもばっちりらしい。

 

(スマホ道五十三次② UQmobile→IIJmioへの変更)

機種:iPhone8で変わらず

料金:6000円ぐらい→6000円ぐらい

通信容量:7ギガ→6ギガ(さらに6ギガをしばしサービス)

失ったもの:また解約金1万ぐらい

満足度:「聞いてない」はこちらの責任という事実に凹む

 信頼と実績・・・だと?

UQmobileからIIJmioに替える前に、実は同じビックカメラに入っていたY!mobileに「iPhone8ってダメなんですよね?」と聞いたら、「え?できますよ?」と言われた。なんなんだ。

もしかしたら少しの間に対応機種が増えたのかもしれないけれど、不信感MAXなのでそのままIIJmioに。

IIJmioにした理由は、色々とネットで調べた結果、老舗であること、「信頼と実績」がウリであること、何より語感が可愛かったから。

多少の差はあれど、こちらが求めている格安simでテザリングができるところであれば、問題ない。こちらもサクッと契約。

 

ところが、2つの問題が出て来た。分かっていたはずなのに、避けられなかったと言った方が正しいかもしれない。問題の1つ目は、「格安じゃない!」という点。

なんだかんだと9000円弱取られていた。おそらくは通話で料金が嵩んだ結果なのだろうけれど、ある程度のギガを使い、通話をちょっとすると、全然格安じゃなくなる。これはコントロールできると思ったが、無理だった。

 

さらに、「遅い!」というのがストレスだった。特に、12:00ー13:00や仕事終わりの時間帯など、通信回線の遅さは致命的だった。GPSもなんだかいい加減で、レースのときは青森の山奥でかなり困った。

動画で勉強しようにもできない。ちょっとデータがあるとダウンロードもままならない。ベストエフォート型がこれほど厄介なものだとは思わなかった。ちょっと仕事が加速してくると、すぐにこのボトルネックが気になるようになる。

バリバリ仕事をしたいのであれば、通信速度に関してストレスフリーであることはめちゃくちゃ大事だということがよく分かった。ちなみに客先でテザリングをして保険会社につなぎ、回線速度が遅いと、非常に冷ややかな空気が流れることになる。

 

ダメだこりゃ、ということで、格安simは合わないという結論に達する。こちらの用途だと、格安simが全然格安じゃない、そして通信速度が遅い。この2点は譲れない点であり、満たせないならば御三家に戻るもやむなしと思われた。

そこで思い出したのが、SoftBank。20年近く愛したauに戻るのではなく、SoftBankに移行しようと、なぜか思ったのだった。

 髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのです。

この有名な言葉を残したのは、泣く子も黙る孫正義。この人に賭けてみようとふと思った。

auの社長を知ってる?Docomoの社長を知ってる?と聞いても、99%の人が答えられないだろうと思う。しかし、孫正義であれば、逆に99%の人が答えられると思われる。

それぐらい孫正義は有名な人であり、日本を代表する起業家である。旧態依然とし、既契約者から絞り取る事しか考えてないauやDocomoではなく、常に業界を変えようとする一手を打ってくるSoftBankと、初めて口座を開くことにした。

 

最後にまた格安simの抵抗に遭った。MNP番号の取得に4日かかるという。うそつけ。その場で発行しろ。思い立ってから数日かかってようやくMNP番号が発行され、先ほどようやくSoftBankで契約完了。

最後は最後でSoftBankで「端末も替えてください!端末も替えてください!」と懇願されたが、メリットもありそうだけどだいぶ疲れたので却下。ようやく全てが終わった。

ネットは、IIJmio時代に比べて、体感でわかるほど早くなった。この1秒前後の差が、既にストレスになってしまっているのね現代人。

 

(スマホ道五十三次③ IIJmio→SoftBankへの変更)

機種:iPhone8で変わらず

料金:6000円ぐらい(とはいえ実質9000円弱)→8000円ぐらい

通信容量:7ギガ→50ギガ

失ったもの:また解約金1万ぐらい

満足度:今度こそ!!!

 「安物買いの銭失い」、というのは本当だった

今回の教訓はまさにこれで、当初掛け金を最重視して切り替えを図ったつもりだったけれど、あれよあれよというまにいろんな方面から想定外の事態が起こった。

せめてau→SoftBankの乗り換えだけにしとけばよかったんじゃないの?というところ、寄り道をさらに2つ挟むハメになったのは、単に自分の無知無理解が原因だった。

 

とはいえ、「知らないことは思いつかない」ので、事前にテザリングの可否を確認するとか、どれぐらいの課金が実際にあるのかを前もって知るというのは、それはそれで不可能だった気がする。

数度の解約金に加え、合間に契約したモバイルルータ代なども入れると、一体俺は何をしていたんだという気分にさせられる。これがにわか知識をつけた素人の運命なのか、とちょっと思う。

効率的合理的に行動したつもりが、最終的にはもっとも効率と合理性から遠いところで話が終わってしまった。Softbankよ、もう裏切らないでくれ。

 

保険業界でも似たようなことがある。医療業界にも同じような話がある。調べよう、勉強しようとするのは良い。しかし、素人の付け焼き刃ほど危ういものはないな、とも思ったのが今回の話。

保険で言えば、どっさりパンフレットをどこからか仕入れてきて検討しまくってる人に限って、一番大事なところがすっぽ抜けてたりする。そしてそのズレを修正して差し上げるのが、僕たちプロフェッショナルの役割である。

ただまぁ、携帯業界に限って言えば、高齢者に要らぬ特約をつけまくったりとロクでもない販売店も多いので、回り道自体はしてもよかったのかなと思う。

とりあえずそこそこ外でネットに接続して仕事をする機会の多い個人事業主の人は、

つべこべ言わず、あれこれ寄り道せず、SoftBankにしとけ!

ってことです。50ギガは魅力的。あと、先陣切ってすごいプラン出してくるのも好感持てる。唯一の不安は、SoftbBankグループの有利子負債です。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
Facebook:https://www.facebook.com/keita.akaba
Twitter: @raoukeita
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Introduction(初めましての方用)

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。