JR五反田駅から程遠い西五反田の一角に、「TOCビル」という有名なビルがある。
1970年代に建てられたそれは、今の洗練されたショッピングモールとは全く異なり、昭和の香り漂う、センス皆無のショッピングセンターとして知られる。
脈絡なく集めたとしか思えない店舗は、どう見てもセンスの悪い内装をそのままに、しぶとく生き残っている。何を隠そう僕の所属する保険代理店の本社がここにあるため最近足繁く通っているのだが、このTOCビルに入るたびに、自分が昭和を懐かしんでいることを実感する。
地下にはうどん屋もカレー屋もパスタ屋もラーメン屋もあり、その合間になぜかダイソーが入っているなど、なかなか通底する方程式を見つけることは困難。そんななかの一角に「食事処 志野」と書いてあるのが今回おすすめするお店。
ランチタイムはほぼ途切れることなく満席が続き、近隣界隈のサラリーマンたちの圧倒的な支持を集める。「食事処」とおしとやかに書いてあるぐらいなのでなにやら和食をメインとしてそうに思えるが、中身はゴリゴリの中華。糖質、脂質バンザイのメニューがたくさん並ぶ。
最近の健康本を見てると、ほぼ例外なく「ランチのラーメンチャーハンを食べてるサラリーマンはダメリーマンです」みたいなことが書いてある。ラーメンチャーハンは糖質をおかずに糖質を食す愚行であり、肥満や塩分過多による内臓障害への道をひた走ることになるのだという。
そんなことは僕だって知っている。だから、ラーメンなんてめったに食べないし、ラーメン屋さんに入らないのだからチャーハンも必然的にあまり食べる機会はない。入ったとしても、ラーメンを8割食べてお腹いっぱい、というのが、情けないながらアラサーの胃の戦闘力である。
 
そんななか、出会ってしまったのが、今回ご紹介する「食事処 志野」。
本社のメンバーとミーティングをするためにたまたま入ったのが最初の機会だったと記憶しているが、大して期待もせずに頼んで食べてみてびっくり!!!ラーメンと半チャーハンのセットを頼んで最初にラーメンをすすってみたのだが、
う、美味い。
美味すぎる。
 
正確には、「めちゃめちゃ美味い」というわけではない。「めちゃめちゃ美味い」という料理の大半は味が濃すぎたりコスパが悪すぎたりして、ランチに向かない。ランチに大事なことは、「そこそこ美味く、毎日でも食べられる」ということだ。毎日だって食べられるそのある種のさっぱり感も、ランチには必要だったりする。そのさっぱり感を感じさせつつ、しかし中華特有の濃厚な味が、僕を魅了した。
「美味すぎる」と感じた理由は、味覚的なこともそうだが、より重要だったのは記憶的な部分だった。脳が「これは美味い!」と判断したということだ。子供の頃に食べたお菓子が本来以上に美味く感じられ、子供の頃に母が作ってくれた料理が自分のfavoriteになるというのはよくある現象だが、それと同じ感覚だった。
どこか懐かしい味なのである。このなんとも言えない懐かしさが、「食事処 志野」をサラリーマンをして聖地にさせているのではないだろうかと思う。
最近のお気に入りは、ネギラーメン。ネギラーメンは、店によってはネギに依存してラーメンが全くの日陰者になってしまっているケースも多いのだけれど、ここのネギラーメンはネギと元来のラーメンが見事にフュージョンして戦闘力を何倍にも高めている。
 
また、驚くべきはチャーハン。これがまた、懐しさ満点の味で美味い。
僕は◯◯屋さんは◯◯で評価する、みたいな判断軸を持っており、中華料理屋さんの場合はチャーハンで実力が分かると思っている。作るのがそう難しいわけではないが、チャーハンはその店の実力をほぼ体現していると言って良い。シンプルな料理だからこそ、地力の差が出る。

糖質に糖質を重ねながら糖質制限の本を読んでは見たものの、全く頭に入ってこなかった。「食事処 志野」、五反田駅から徒歩10分か巡回バスで5分ほどかかるが、ノスタルジックな味で脳内が占められること請け合い。

まだ食べてない「にくしち」なる看板メニューもあるらしく、今後の志野さんとの付き合いが楽しみだ。
 
「食事処 志野」
なつかしさ:☆☆☆☆☆
味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆(安くはない。ラーメン&半チャーハンで1000円弱。)
栄養バランス:☆(健康にはならない。)
リッチ:☆☆(五反田駅から徒歩10分)

関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

 
 
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事