ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

De部でサブ4なフルマラソンの軌跡 Vol4

time 2014/02/07


皆さんこんぬつわ、De部のFounder&CEO、主将の羅王です。人生観を変えた初フルマラソンから2ヶ月半。先日、ついに2回目のフルマラソンにてサブ4(4時間切り)を達成しました。一番速いわけではなかったけれど、もしかしたら一番重いサブ4ランナーかもしれないので、87kgのか弱い男児の感動と感謝の軌跡を記しておきたいと思います。
 
※主な登場人物
 
元帥:ランの師匠。ミケランジェロの白いダビデ像を黒に塗り直して、ハイシャイン仕上げにしたような御仁。税理士、IT、トライアスロンのスペシャリスト。人格者だが、自分よりフルマラソンを速く走る人間はキライ。ランクラブのメンバーをしきりに本業のトライアスロンに誘っているが、人格者なのに断られ続けている。極低周波ボイスなので、あまり遠くの人に話しかけるのは得意ではない。
 
熊:De部の共同経営者であり、ライバル。De部副主将なのに、自分よりはるかに小柄で細いヤツを風避けにしてハーフマラソンを走ろうとする。この例でお分かりの通り、たまに全く意味のない不合理なことに神経を費やして、勝手に疲れるクセがある。マスコット&マッチョの合わせ技で’マスコッチョ’を目指している。行動の原動力は全て嫉妬。
 
小僧:スリム部のライバル。30歳になっても子供のような感じで、きっと40代になっても子供のような感じなのだろうと思う。爆発力が結構あり、継続力があまりない。終電が苦手で、基本的には乗り過ごして終点までたどり着くことが得意。ケンカっぱやいためすぐ勝負をふっかけてくるが、いつのまにかその勝負の存在自体がうやむやになっていることも多い。
 
ハラル:スリム部所属。以下文中にて説明
 
ブルー:無所属。以下文中にて説明
 
 
【あらすじ】
諦めることを諦めて、戦うことを決めた俺。前門の虎、中門の龍、そして肛門の狼をまとめてうっちゃるために、俺はある作戦を発動することにした。そして、戦場へたどり着いた。

【レース会場に到着】

勝田駅についた。会場までは徒歩10分程度。ザッキー煮と談笑しながら、俺はフィールドの王様の中田英寿ばりに視野広く、ピットインできる場所を探すことを怠らなかった。アナリストとしてOPPに勝つには、質より量を追い求めるしかない。つまりできるだけ多くの回数、本番までにトイレに駆け込んでおきたい。
 
が、ぜんぜんない。あるにはあるがとんでもなく並んでる。このままでは間に合わない。
 
ゼロ秒思考を身につける中途過程である2秒思考ぐらいは身につけている俺にとって、用意していたコンティンジェンシープランに推移することは、大して難しいことではなかった。これも前回の初マラソンで学んだことだ。
 
そういえば、そんなこんなで多少のアクシデントはありながらも、昔小僧が言っていたことを俺は思い出していた。
 
『いやぁ、1回できたら次は10倍早くできますよ!』
 
 

【ためになった小僧の話】

『いやぁ、1回できたら次は10倍早くできますよ!』
 
なんのことを言っているかというと、彼は実は結構スゴイヤツなのであるが、過去の偉業を振り返っての発言である。
 
小僧は2年前、被災地を元気にすべく、20代でモノ、カネ、ヒト、経験という全てがないなか、東北にてボランティアフェスタをいきなり主催することに決め、そして実際に主催した。
 
突撃体当たりで東北に行き、突撃体当たりでレコード会社の社長を口説き、七転八倒、七転び八起き、四苦八苦しながら、いつの間にか集まってきた多くの仲間とともに、なんとか1000人規模のフェスを開催するに至ったのだ。
 
本当の本当にゼロから思いつきで、ただただ東北の力になりたいということで始めたこのフェス、小僧の人生を大きく変えるに至った。
 
当然、過程はめちゃくちゃだったらしい。なんせ何も分からない。誰も知らない。どうしてもいいかもわからない。が、小僧はなんとかそれをこなした。いや、こなさざるを得なかった。多くの失敗の中から極小粒の成功の種をつかみとり、そしてそれを発芽させて育てていったのである。
 
それだけ大変な思いをしたフェス開催の話を聞いて感動した俺は、小僧に聞いてみた。『もう1回やれって言われたらどれぐらいで出来そう?』
 
その答えが先ほどのこれである。
 
『いやぁ、1回できたら次は10倍早くできますよ!』
 
 
・・・そう、1回できたものは10倍早くできるのである。1/10の労力で実現可能なのである。確かに初フルマラソンの時、何もかもが初めてで、俺はいろんなことに面食らった。
 
会場のトイレに異様なほど人が並んでいて、しかもそれを朝まで生テレビのときの田原総一郎みたいにものすごいキビキビと捌く係員の方の姿に面食らった。
 
トイレが全て和式で、帰国子女もどきで洋式様式にしか順応できていない俺を拒絶しているとしか思えない会場の気配りのなさに面食らった。
 
前のグループに行けば行くほど短パンが短くなっていって、最後は履いているのかいないのかもわからないような、ちょっとそれ意味あるの?な極小ウェアに身を包む人が多いのに面食らった。
 
OPP傾向が強いのは知っていたが、本番出走中も含め3回もOPPに見舞われる自分の情けない身体にも面食らった。
 
 
そう、いろんなことに面食らったものである。
 
が、今回はそれを全て俺は知っている。身体で知っている。だから、うろたえることは微塵もなかった。
 
異様に並ぶトイレを前に、俺は頭の中の引き出しから颯爽とコンティンジェンシープランを取り出し、そして勝利のために大本営の幕僚総監に据えた。
 
10倍のスピードで決断し、迷いや面くらいによる精神的疲弊を1/10に抑えることができた。
 
 

そうだ、テーピングとドーピングだ!

 
俺は、OPP防止のための違法ドラッグを用量の倍ぶちこみ、禁断症状に震える身体に鞭打ちながら、本番を迎えることにした。
 
会場には、’ハラル’や’ブルー’の異名を持つ仲間が俺の到着を待っていた。。。
 
 
~続く~
 
 
世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただけたことを感謝します。
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。