ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

電車に挟まれたおじさんのはなし

time 2014/01/10


先日、朝の電車に乗ろうとした時に、閉まろうとする電車にダッシュしてきて、見事ドアに挟まった結果、無理やりこじあけて乗り込むガッツのある人を見かけました。なんだかなぁと阿藤海のように思いつつも、なんとなーく別にこういうのって電車に乗るのに限った話ではないなーと思いました。
 
 
よく考えれば分かることですが当たり前すぎて見過ごしがちなことに、いつも遅刻ギリギリな人は、歩くスピードやドアが閉まる直前のダッシュ力が足りないわけではありません。そうではなく、ほとんどの場合、単純に家を出るのが遅いのです。もっと言えば、起きる時間が遅いのです。
 
家から駅への道をショートカットするための戦略が足りなかったわけでも、筋力不足で最大速度に至るまでのスピードが遅かったわけでもなく、ただ単純に起きるのと家を出るのが遅かったのです。そりゃそうです。だから遅刻ギリギリなんです。
 
これは受験などでも同じような話で、僕は数限りなく失敗してきた話ですが、要するに試験が近づいているのに一向に勉強がはかどらない人のほとんどは、勉強のスピードが遅いのではなく、着手するのが遅いのです。机に座って勉強を始めるまでに2時間とか平気でかかっていた僕が言うんだから間違いありません。
 
 
 

『速く動く』のではなく、『早く動き出す』

高校サッカーとリーガエスパニョーラやセリエAなどの欧州サッカーを比べるとなんとなく感じるのは、前者の方がガチャガチャ頑張っていて、後者はゆったりしているように見えるということです。当然本来は高校サッカーより欧州サッカーの方がスピードも上手さもケタ違いのはずですが、観客から見ると、ゆっくりではないにしても、ゆったりとして見えます。
 
これは何故でしょうか?それは、プレイヤーたちが速く動く以上に、『早く動き出している』からではないかと僕は考えています。一流プレイヤーの中には、必ずしも足が速くないプレイヤーというのも少なからず存在します。高校サッカーには、世界の一流プレイヤーたちより足が速いプレイヤーもたくさんいます。が、実力は全く違う。
 
これは、『速く動ける』ことよりも、『早く動き出す』ことがサッカーにおいては大切だからです。(読み、勘、センス、と呼ばれるものです。)そして早く動き出すことができると、全体として動きの無駄がなくなり、ゆっくりはしていなくとも、ゆったりしているように見えるようになります。『華麗なプレー』というやつです。
 
 

野球もまたしかり

これは野球でも同様です。優れた外野手は、あまり『ファインプレー』をしません。『ファインプレー』というのは、ギリギリのプレーだからです。投手の投げた球種、スピード、捕手の要求したコース、バッターのスイングスピードとスイング方向、打球音を見て聞いて、打球が上がった瞬間にボールを見ずに着地点付近目指して全力でダッシュできる、それが優れた外野手です。結果、捕球するときの体勢は、ごく普通のプレーにしか見えないほど、フツーです。
 
一度ゴールデングラブ賞を取った選手の特集をやっていた時に驚いたのですが、名内野手と言われるヤクルトの宮本選手などは、なんとバッターが球を打ってからではなく、スイングし始めた時点で1~2歩、ほんのわずかな距離を移動していました。そして普通の選手であれば『ファインプレー』になるところを、何の変哲もない真正面の球のように捕球してしまったのです。ちなみに宮本選手は野球選手としては線が細く、足も速くはなく、肩も強いわけでもありません。しかし彼は、『早く動き出すことができる』選手だったのです。
 
勿論、早く動き出すために宮本選手がしていた努力は、並大抵のものではありません。相手の全打者のクセを研究し、自軍ピッチャーとの相性からどこにボールが飛ぶかを予測し、それを反射的に捕球できるようになるための膨大な練習をして、初めて可能なプレーです。
 
大切なことは、スポーツでパフォーマンスの成否を占めるこの『早く動き出す』という要素が、上記の電車の事例だけにとどまらず、人生全体のクオリティにもかかってくるということです。
 
 

動き出すのに半年かかった羅王のブログ

なんでこんな偉そうなエントリを書いたかというと、実は電車に挟まれたおじさんの話を書きたかったからじゃないです。自分を戒めたかったんです。
 
二日前より正式に自己ドメインを取得して移動させた『羅王をめざす羅王のブログ』ですが、実はドメインを取得してページをオープンしたのは、半年も前の話でした。そこから半年間、一度も触ることなく二日前まで月日が経って、厳格で容赦のない師匠の詰めによって、ようやく一歩を踏み出すこととなりました。
 
ドメイン取得からページの作成まで、人にやってもらっていたので、自分の中ではいつまでも最初の一歩が踏めていなかったんだろうと思います。恥ずかしい・・
 
『速く動こう』とするあまり、『早く動き出す』ことをすっかり忘れ、ゆったりでいいから最初の一歩を踏み出さなかったことが、なんと半年ものタイムラグと機会損失となって、目の前に現れました。ささっと動き出した仲間たちには、だいぶ水をあけられたように思います。
 
てなわけですが、とにかく皆、なにかにつけて『速く動こう』とします。でもちょっと待って、『早く動き出す』ことを考えれば、パフォーマンスが劇的に改善することって、結構あるんじゃないでしょうかね。ファインプレーばっかじゃ疲れちゃう、そんな気がしています。次に挟まれているおじさんを見つけたら、早起きをススメておきますね。
 
 
世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただけたことを感謝します。
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。