ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

家康的目標達成

time 2014/01/08


2013年はフルマラソンに初挑戦しました。今年は3月のマラソンで3時間半切りを目指しています。2014年の大事な目標の一つです。また、僕は働く業界自体が目標達成を強く求められる仕事のため、24時間365日、日々それを考えています。ついでにいうと、今年中に87kgぽっちゃりのぼでぃを絞り、85kg10%のラオウぼでぃを目指します。
 
ところで、目標達成にも王道があり、ツボとコツがあるような気が最近してます。気合と根性があれば目標は達成できる、という先天的に能力の高い人は別として、僕のように平均的な能力しかない一般人の立場から、それでも自分の掲げる目標の達成を目指すにあたって気をつけるべきことについて。
 
 

徳川家康のイヤらし~い攻め方に学ぶ

 
その昔、徳川VS豊臣の戦いの最終局面で、大阪夏の陣、冬の陣と呼ばれる戦いがありました。この戦いの結果、徳川家康は豊臣家を滅ぼし、時代の覇者となりました。このときの家康の城の攻め方には、僕の目標達成の根幹とも言える要素がいくつか含まれています。
 
当初、家康は20万の大軍で大阪城を包囲したにも関わらず、豊臣軍の苛烈な反撃に遭い、攻めあぐねていました。が、ある瞬間をきっかけに超攻勢に出て、堰を切ったように勢力図が塗り替えられていきます。勢力均衡が崩れたのは、和議によって外堀を埋めた瞬間からでした。『いーよ、外堀ぐらい。本丸に手つけないなら』と外堀を譲ったことが、豊臣家にとっては致命傷になりました。
 
その後内堀も埋められ、本丸も攻められた豊臣家は、ほんのわずかな生き残りを残して滅亡しました。
 
 
さて、このときの家康の攻め方については、後年色々言われるわけですが、僕は非常に学びが大きいと思っています。すなわち、上述したように目標達成の王道とも言える考え方が含まれている気がするのです。
 
 
 

いきなり本丸を攻める愚

 
攻城戦というのは、一般的に攻めが守りよりも大変です。小学校の頃の騎馬戦もそうですが、攻める側は守る側の3~10倍の力を必要とします。戦争慣れしている豊臣軍の3~10倍の軍力、軍備で事にあたるというのは、相当に大変なことだったと思います。
 
家康は和議の前の攻撃で何度か大きな犠牲を出していますが、そのまま攻め続けていたら、更に被害は拡大し、結果が出るまでに更に数年の月日がかかっていたかもしれません。またその一方で家康に味方する勢力の離反なども起きていた可能性もあります。すなわち、普通に攻め続けていただけでは、家康の天下になっていたかどうかも怪しいとすら言えるのです。
 
目標達成は、目標を設定してそこに突き進む、ただそれだけのことです。そしてこんなにシンプルなことに、世の中のほとんどの人は手間取っているのです。それはなぜか?色々説はある気がしますが、一つには『本丸をいきなり攻めているから』ではないかと思います。
 
例えばフルマラソンで言えば、『よし、フルマラソンに出よう!4時間を切ろう!』と決意した直後に『4時間切りのペースで走る⇒挫折』、これが『本丸攻め』、そして『討ち死に』、『無駄死に』です。確かに目標に一直線なのは良いのですが、多くの人が経験している通り、三日坊主になるのがオチです。城を守ることに専念している敵に真正面から攻めかけても、撃退されるのがオチなのと一緒です。
 
 

まず外堀を埋めよう、次に内堀を埋めよう

 
僕は今回、今だから言いますが、当初いやいやながらのフルマラソン参戦でした。が、どうしても目標を達成したかったので、自分のモチベーションを一番に考え、まず靴を買いました。師匠にアドバイスを聞きました。仲間を作りました。目標とする4時間切りについて書いてある本を10冊買いました。そうして、『外堀』を埋めました。
 
さらに家康のごとく『内堀』を埋めにかかりました。ライバルに塩を送り、ブログで宣言し、会社の目の前の4時間切り達成者にも、宣戦布告を行いました。もう『外堀』も『内堀』も自分で埋めてしまったので、あとは本丸しかありませんでした。
 
結果どうなったかというと、繰り返し書いている通り、誰からも期待されていなかったにも関わらず、なんと仲間内では師匠についで2番目のタイムでゴールすることができました。勿論自分の体力であったり気力であったりを褒めてあげたい気持ちはあるのですが、それ以前に目標設定に関して、『本丸』をいきなり攻めるのではなく、『外堀』を埋め、『内堀』をきちんと埋めたからこそ、ガラ空きの『本丸』を躊躇なく攻めることができたのだと考えています。
 
目標というのは、立てるのは簡単です。しかし達成するのは簡単ではありません。どうやったら目標が達成できるかは、個人事業主から大企業の経営者まで、広く頭を悩ませていることだと思います。勿論強い気持ちと強靭な肉体をもって突破していく、という考え方もないではないですが、どうやったら目標が達成しやすくなるか?を考えた結果、僕としては、『外堀』と『内堀』を埋めてから『本丸』を攻めるのが良いのではないかと。
 
てなわけで、今年は85kg、10%のぼでぃになりますので!!!あー外内堀両方埋まった・・・
 
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!!!
 
 
 
 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。