dollar-941246_1280
 
ふと思ったこと。
みんな、1万円のお金を出して美味しいご飯は食べても、1万円のお金をとりあえず出して勉強したりはあまりしない。
みんな、10万円のお金を出して旅行には行っても、10万円のお金を踏ん張りながら出して勉強したりはあまりしない。
みんな、100万円は車には使っても、100万円のお金を何とかやりくりして出して勉強したりはほとんどしない。
みんな、1000万円は家に使っても、1000万円のお金を覚悟を持って(場合によっては借金してまでも)出して勉強したりはほぼしない。
 
そりゃ、そういうお金を出して勉強してるヤツが世の中には少なからずいるんだから、そういうヤツとみんなとで差が付くのは当たり前だよね。
医者でも借金して留学したり、高給を捨てて借金しまくってMBA取りにいったりするわけですよ、そういう人は。
他に方法があったら教えてほしいが、学校の勉強は無意味に近くても、社会に出てからの勉強は、みんなが欲しがる美味しいご飯をより多くの回数食べたり、より良い車を買うことが出来たり、より住みたい物件に手が届くようになる確率が高くなるほうにつながる可能性が高くなる。
そもそも、世界の見方が変わる。視点が変わると言ってもいい。
ただし、「可能性が高くなる。」というだけなので、「絶対」とは言えない。しかし社会に出てみて思うのは、モノの品質にしろサービスのレベルにしろ、「絶対」を要求するヤツはロクな人間がいない。
そして「絶対」を絶対視するヤツというのは、可能性が80%の場合、残り20%をリスクと捉えて、前に踏み出せない。結果的に、そういう人間は「絶対」に成長しない。
絶対とは絶対に言わない。あ、言っちゃった。
今日は短めに。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事