バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!
大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。
※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!
***
(登場人物)
元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。
仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。
えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。
みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。
ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。
熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。
***
かろうじて残った燃料タンクからエネルギーを絞り出し、後先考えずに音楽投入して前半戦に全てを賭けたら、運良く3時間を残して21kmまでたどり着いた。
が、そういえば全てを投入しようと一気呵成に戦力投入したため、あろうことかジェル類が全て切れてしまっていた。
それは、エネルギー切れが即死を意味するロングのレースにおいては、致命傷である。
 

病床の後輩を発見!

21km地点は、ゴールゲートとかなり近い。畢竟、街中中心部に一旦は戻ることになり、そこからまた30km地点まで、日が落ちた道を走っていくことになる。一旦ゴール近くの雰囲気を味わったあとにまた暗く孤独な戦いに身を投じていくのは、かなり心が折れる。
21kmチェックポイントを通る少し前、暗くなり始めた道をちょこちょこ走っていた僕。前述の通り、エネルギー源が全て切れ、もう間もなく失速する手前だった。
そんなとき、
 
「AKB!!!」
 
と叫ぶ声が聞こえた。
僕はこのブログでは羅王と名乗っているが、名前が「アカバ」なので、「AKB」と呼ばれてもいる。
 
声のした先を見ると、なんと、そこにはザックが立っていた。
五島到着から体調不良を訴え、前日にはついに寝たきりとなり人の話すら遮り、結果として当日には急性胃腸炎で無念のDNSをカマしたザック。そのザックが、寝たきりだったはずなのに起きて、立ってこっちを向いて、大声を出していた。

 
「ザック!」 
 
僕も慌ててザックの方へ近寄る。
息も絶え絶えだったが、心の中で叫ぶ。
 
ザック知ってるか。今日はお前のことを考えながらスイム頑張ったんだぞ。
ザック知ってるか。そういえば膝がイカれてリタイヤしようと思ったが、お前のことを考えてたら頑張れたんだぞ。
ザック知ってるか。もうなーんにもチカラ残ってないけど、お前の無念を晴らすため、ゴールすることだけは心に決めたぞ。
ザック知ってるか。そう、とはいいつつも残念ながら俺はもうエネルギー切れだ。
ザック、後輩なら、何をすればいいか、分かるな?
分かるよな???
分かってるよな???
(※出逢ってから知ったが、お互い不覚にも、同大学同学部。バカで有名なところ。)
 
だんだんと思考が先輩風を吹かせ始めたのを自覚し始めたその頃、阿吽の呼吸で全てを悟ったザックは、病み上がりのカラダを押して、近くにあった我々の滞在宿まで、自分が使うはずだったジェルを取りにいってくれた。
21kmゲートの数百メートル手前にいる僕がハーフのチェックポイントをくぐって、再びこの場所まで戻ってくるのに、数分しかない。
ザックは、持ち前のスピードで見事にパシり、僕が完走するためのエネルギー源をくれた。陸の王者の後輩は、本当に頼りになる。
お前がくれたエネルギー、絶対に無駄にしないぞ。必ずゴールという土産を持って、お前にメダルを見せてやる。
そう心に誓い、僕は再び残り21kmの道を走り始めた。
後から振り返れば、レース中に人のチカラを借りてる時点でアウトなのかもしれないけれど、このときはそんなことは頭によぎることすらなかった。
それだけ、僕は必死だった。
そういえば、レース中にロキソニンを元帥に分け与えたこともあったし、えぇ。。さんには胃薬を提供したこともあった。佐渡では、あまりの寒さにゴール間近だった仙人からウインドブレーカーを強奪して無理矢理ゴールにこぎ着けたこともあった。
持ちつ持たれつ。
 

心の支え、元帥の訃報

21kmから42kmは、毎度のことながら地獄である。
心もカラダもとっくに限界ななかで、あと数十km走れ、そうでなくては今日の全ての努力は水の泡であると告げられるのは、心身に異常をきたすほどのプレッシャーだ。
ただ、そんななかでも、心の支えとなってくれるのが、ポセイ丼の仲間だ。
数日間に渡って同じ釜のメシと焼肉とアイスとお菓子を食い、スイムでは同じ水に恐怖し、バイクでは同じアップダウンに疲弊し、そして今、暗闇のなかを皆が走っている。
すれ違うたびに、トボトボと歩くポンコツな僕にチカラと張り手をくれる。みんな、先にゴールして待っていてくれ。
 
そんななか、唯一僕の後ろにいた元帥の状態が気になった。僕は3時間残しでラスト21kmを走れば良い。なんだかなんとかなる気がする。
しかしその僕より20分ほど遅れている元帥にとっては、キロごとに使える時間が数十秒違う。これは後半戦には致命的だ。しかも、すれ違う場所がだんだん離れていってる気がする。もしや、調子悪いのか・・・?
 
それまでは、元帥の生存確認は、「しのぶ姐さん」によって間接的にもたらされていた。しのぶ姐さんは、フェロモン溢れるトライアスリートだ。いつも笑顔が眩しい。
ランでは元帥とすれ違うと、その少し後にしのぶ姐さんとすれ違う、という順番だった。暗くなってくると元帥は黒すぎて見えないのだけれど、しのぶ姐さんとすれ違うことで、その少し前に元帥が走っているということが、間接的にではあるが判断できる。
暗闇のランコースで漆黒の元帥を視認することは難しい。しのぶ姐さんの明るい笑顔が、そんな暗闇を照らしてくれていた。
 
しかし、30km付近であるときしのぶ姐さんとすれ違ったが、前にも後ろにも元帥の御姿が全く見えない。いや、暗くて黒くて見えないのは元々なので仕方ないとして、場に残った戦闘力すら感じることが出来ないのだ。
本来ならば、しのぶ姐さんよりちょっと前に元帥とすれ違うはずだ。しのぶ姐さんに確認する。
「元帥見ましたか?」
「見てない!!!」
まさか、関門に間に合わなかったのか???
後で知ったのだけれど、元帥はハーフの21kmを終えた地点で、精魂尽き、リタイヤを申請されたようだった。
僕は、心の支えを1つ失ってしまった。この後に及んで誰かを頼ろうとする気持ちが、自分の弱いところでもある。それでも、少なくないショックがあったのは事実だ。
どんなときでも、ランで後ろから追い抜いてくるのが元帥だったはず。その元帥はもういない。
改めて、ザックと元帥の訃報に敬礼し、自分は彼らの分までゴールすることを心に誓った。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事