バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!
大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。
※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!
***
(登場人物)
元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。
仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。
えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。
みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。
ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。
熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。
***
五島の皆さんの声援を一身に受け、ラスト数kmをひた走る。
もう、ゴールは目の前である。
 

涙が止まらない

ラスト2kmになると、街中に帰ってくるため一転して明るくなってくる。
地元の方の顔も、しっかり見える。
ここまでは応援してくれた人全員に応えられたわけじゃないけれど、ここから先は可能な限り、全員の顔を見て、目を見て、きちんと御礼を言いたい。
御礼しまくってたら、不思議と、ペースも上がってきた。もう、完走は間違いない。
 
そしたら、最後の住宅街のところで、突然涙が溢れてきて、止まらなくなった。
バイクで轢かれ、膝を傷めて、一時はリタイヤすら本気で考えた。もうどうなってもいいと思いながら、しかしザックの無念を晴らすためにここまで走ってきた。
飲んだ痛み止めは、軽く10錠を超えていた。もう胃どころか、色々なところがボロボロだった。なんども精神的におかしくなっていたと思う。
一方で、変わらぬ、いや時間が押して暗くなるごとに、強くあたたかくなる応援。
心の底からの感謝、というのは、こういうものを言うのだろう。
そんなことやこんなことを考えていたら、涙が止まらなくなってしまい、顔が面白かったのか、中継車にガッツリストーキングされて撮られてしまった。(映像がないので手元にある方くださると死ぬほど感謝します。Youtubeのダイジェストじゃないどこかに映ってたはず。。)
そして、ついに最後のカーブを曲がった。
ゴールゲートが見えてきた。
 

制限時間2分前、14時間57分46秒でゴール!

最後の直線は、数十mに渡って、レッドカーペットが敷き詰められている。
なんど戻ってきても、このレッドカーペットは最高だ。
会ったこともない、しゃべったこともない、しかしどこかで心がつながっている人たちが、心からの笑顔と、ハイタッチをしてくれる。
おかえりなさい!
おめでとう!
ナイスラン!
あと50m。

 
あと30m。

 
そして、制限時間2分前にゴール!!!

 
全てに感謝し、深々とお辞儀をする。
本当にありがとうございました!!!

 
どうやらビリから2番目のゴールだったらしく、心配したチームメイトが寄って来てくれた。
僕は号泣、熊もなぜか号泣。
「お前すげーよ!お前すげーよ!よくあそこから持ってった!お前すげーよ!」
と連呼してくれる。

 
脱世間の代名詞、涙と無縁なはずの仙人まで号泣。最速の漢は、今日もゴールで迎えてくれた。

 
最高のポセイ丼な仲間と、最高の1枚を。

 
心友であり、厳密には別チーム(馘首された)の熊と。
今回の熊は速かった。全く追いつける気がしなかった。De部の主将を譲る日は近いかもしれない。

 
前から見るとそうでもないが、横から見るとさすがにひどい。
来年はこの肉たちとおさらばした状態で、戻って来たい。

 
約1000人の選手に対して、3000人ものボランティアの方々で運営されているこの大会。応援の方まで含めれば、僕たち1人に対して一体何人の人たちが、関わってくれたのだろう。
そんな最高の大会が、僕にとってはだが最高の形で幕を閉じた。
本当に、本当に、本当にありがとう!
また、必ず帰ってきます。
 
去年はレース後に焼肉にいく元気があったが、今年は全く元気が湧かず、ホテルの1階で小さな打ち上げをして、そして就寝したポセイ丼であった。

 
長々とお付き合いいただいてありがとうございました。
これにて、「ビリから2番目漢のバラモンキング2016完走記」はおしまい。
 
五島の皆さん、また来年よろしくお願いします!!!!!
愛してます!!!!!
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事