スクリーンショット 2016-08-17 10.16.20
シン・ゴジラ公式サイト
 
先日、映画「シン・ゴジラ」を観たという話をネタバレたっぷりにお届けした。
現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)というサブタイトルの通り、ゴジラは完全なフィクションとしても、日本の政府や国民の対応としては極めてリアルに描かれていた。
(厳密にはゴジラに対して自衛隊がいきなり出動するのはおかしいだろうという意見が元防衛大臣の石破さんから出たらしく、非常に興味深いのだけれど、そこまで完全リアルを突き詰めてもしょーがないし、でも今までの非現実的な映画よりははるかにリアルだったということでよしとしてほしい。ちなみにガチでゴジラが出た場合は、まず熊の駆除の延長と捉えて「猟友会」なる猟師の会に連絡が行くんだって。ぷぷっ。)
んでちょっと思ったのだけれど、もしゴジラが日本に攻めてきたらたしかに「シン・ゴジラ」みたいなダラダラした対応になると思うのだけれど、では他の国に攻め込んだらどうなるのだろう?ということを簡単にシミュレーションしてみた。
いくつかの国に実際に攻め込んだとしたら、下記のようになるのではないだろうか?
あと関係ないけど、「シミュレーション」を「シュミレーション」と書く人が多いのがいつも不思議。
***

1、ゴジラがロシアに攻め込んだ場合

側近:「プーチン大統領閣下!ゴ、ゴジラがバルト海沖よりサンクトペテルブルクに上陸。街を破壊しながらモスクワを目指しています!!!既にミグ機は何機も破壊されました。」
プーチン:「核ミサイルで消滅させよ。」
側近:「し、しかしサンクトペテルブルクの住民の避難には最低でも24時間かかりますし、そもそも人口が数百万人もいて全員退避は無理です!」
プーチン:「分かってる。が、重ねて言うが核ミサイルで消滅させよ。ロシアに牙を向くヤツはテロリストだろうと怪獣だろうと絶対に許さん。どれだけ犠牲を払ってでもだ。」
側近:「し、しかし。」
プーチン:

「くどい。チェルノブイリがもう1回起きるだけのことだ。」

側近:「ダ・・・ダー。(ロシア語でYes)」
というおそロシアなことになると想像。
そして日本と違い、プーチンは圧倒的な存在感とその言行一致のリーダーシップゆえに、核を使ってゴジラを退治したけどその副作用が大きいことについても、誰からも批判されないと予想。当然、大統領職を辞することもない。
なぜ誰からも批判されないかというと、最初に批判した人たちが全員弾圧されていなくなったから。
***
 

2、ゴジラがアメリカに攻め込んだ場合

ゴジラがメキシコ湾から侵入し、ルイジアナ州に上陸。
それを聞きつけたドナルド・トランプが吼える。ちなみに彼は先日の大統領選で、奇跡的に大統領に選出されている。
トランプ「だから言ったじゃねーか!メキシコ人の野郎どもをしっかり監視してねーからこういうことになるんだ!メキシコ湾から来たってことはメキシコ人がゴジラ連れてきやがったってことじゃねーか!さっさと万里の長城作ってメキシコ人追い出せ!!!」
大統領補佐官「あ、あの、ゴジラに対しては??」
トランプ「金でも渡しとけ!それよりメキシコ人と、あとついでにイスラム教のヤツらもアメリカから追い出せ!」
そしてゴジラ対策よりも身近なメキシコ人問題、イスラム教徒問題に火花を散らすトランプに、大局観のないアホな白人低所得層アメリカ人が絶大な支持を寄せる。
しかもゴジラは黒人の多い南部を破壊し、そのせいで人種差別主義者の多い党はゴジラを党首に推す。
また、CIAとNSA、NROあたりは最速でゴジラの軍事利用を検討するため、極秘で捕獲作戦を開始。捉え次第、エリア51に送還予定。
***
 

3、ゴジラが中国に攻め込んだ場合

習近平指示の下、人民解放軍が総力をあげてゴジラを爆撃し、倒すことは出来ないまでも嫌がらせをしまくる。
で、その嫌がらせ爆撃を通して南シナ海へゴジラを向かわせ、イライラしたゴジラがフィリピンやマレーシア、インドネシアの領土を破壊しまくるのを待つ。
勿論中国側も相当南部を破壊されるが、共産党一党独裁のもと、その情報は固く統制されて外部に漏れない。
なんなら、「ゴジラ、現れたけどうまく手なづけましたアル。」ぐらいのことは言い兼ねない。
そして破壊されたフィリピン、マレーシア、インドネシアの復興に手を貸すために人夫を大量に送りつけ、そして復興が終わったあとも強制的に住まわせ、いつのまにか領土を奪っていく。
ちなみにこの作戦はいつまでも使えるので、途中からゴジラを倒すことは諦める。
***
 

4、ゴジラが北の国に攻め込んだ場合

将軍様が

「ゴジラをペットにしたい」

と言い出し、「そ、それはちょっと」と言った人民軍高官、「やってみたけど無理でした」と答えた現場司令官を始め、将軍様の望みを叶えられなかった側近たちが軒並み処刑される。
ただし全く飛ばないテポドンがこのときばかりは見事にゴジラに命中し、勝利。
***

5、ゴジラがナウシカの故郷、「風の谷」に攻め込んだ場合

まずは平和主義者、ナウシカが環境に優しい愛機、「メーヴェ」に乗ってゴジラを海に誘導。
しかし当然ゴジラは全く言うことを聞かず、オームよりタチが悪いのでここでユパ様登場。
でもユパ様の剣はトルメキア軍の兵士には通じたもののゴジラには文字通り刃が立たず、ユパ様あっけなく殉死。
で、結局オチとしては使っちゃいけない人類の究極兵器と頼っちゃいけない自然界に助けてもらうことに。

ゴジラ対巨神兵対オームの群れ。

巨神兵はスタミナがないのであっけなく倒れ、際限なく湧いてくるオームは数の論理でゴジラに勝利。
しかしナウシカ相手にやるはずだった

ラン、ランララランランラン、ラン、ランラララーン♫

を間違えてゴジラ相手にやってしまい、ゴジラ復活。世界は腐海よりもヒドいことになる。
***
 

6、ゴジラがゴンドアの谷に暮らすパズーとシータのところに攻め込んだ場合

飛行石があれば「バルス」の一言で片付けるか、もしくはラピュタが現存していればデカい飛行石をゴジラに括り付けて一件落着だったのだけれど、現役を離れてしばらく立つシータは何もできず。
ところがシータはふとしたときに大事なことを思い出す。おばあちゃんから聞いた、ゴジラの正式名称を。
それは、

「ゴジラ・パロ・ウル・ラピュタ」

そう、実はゴジラもラピュタ出身だったということに気づく。気づいたらお決まりの呪文、

「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」

を唱えて、ラピュタに眠る何百体ものロボット兵を招いてゴジラと対戦。
ドーラおばさんの飛行船もムスカのゴリアテ号も一瞬で燃やされておしまい。
 
どうやら、日本だけがゴジラを大した犠牲も出さずにまともに封じ込める事に成功するみたい。しかも殺生がキライな国民性からか、ゴジラそのものも殺さず。
日本って良い国ですね。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事