※ブログとメルマガ毎日更新チャレンジ中(メルマガは平日のみ)。

ブログ:日々の問題について、北斗剛掌派的見地から徒然なるままに綴ってます。

メルマガ:世紀末の覇者として会社の組織変革と人財育成について書いてます。

メルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで身元、仕事内容や志、そして愛のあるメッセージ付きで申請お願いします。経営者、士業、事業主の登録が多いです。

「北斗剛掌派」:世紀末の日本を救わんとする立拳民主を標榜する一派。少子高齢化と人口減少のなかでも、日本人の生産性を1.5倍にすれば帳尻はギリで合うと固く信じている。モヒカン、ボーガン系ヒャハり気味DQN男子はお断り。明日への希望となる種もみが好き。尊敬する人はウイグル獄長とミストバーン。
***
ご報告。
本日2018年勝田全国マラソンで、
4時間29分02秒
なる、サブ4.5を4年ぶりに達成しますた!!!
大したタイムではないけど、まさかの4年ぶりのタイムに感無量。
(注:あまりの寒さに、ポケットに入っていた吸水性の高い帽子を被っております。2号機の余りだけど、多い日も安心。ちゃんと「まえ」と被る方向が丁寧に書いてある素晴らしい帽子。)
極寒3度で雪も降る中、なんとかやったよおっかさん。
この4年、アナキン・スカイウォーカーよりひどいダークサイドへの落ちっぷりだったけど、これでようやくジェダイ復帰への道を見えてきた。
これで3月のはなももでサブ4復帰、5月の野辺山100kmでウルトラマン復帰、7月の津軽みちのくで188km(いいパパ、というゴロで参戦決定)を完走する計画に弾みがついた。
今年は人生の黄金期でジェダイと遜色なかった2014年を超える年にしたい。(2014年はフルマラソンサブ4を3戦連続達成、ウルトラマラソン2回完走、初アイアンマン完走。)

 
***
2014年にド初心者から数ヶ月でサブ4を3連発して、
「大して練習もせずに87kgのカラダでこんだけ走れるんだから、ちゃんとやればサブ3.5も近いに違いない。」 
とマラソンをナメてしまったから始まったあたくしの悲劇。
 
その年の暮れに出たつくばマラソンで4時間40分に沈み、「あれ?おかしいな?」と思い始めた。
その直後に出た佐倉マラソンでも4時間50分で「あれ?おかしいな?」となり、その後に出た様々なマラソンで5時間5分、5時間30分と記録を伸ばし続けても、「あれ?おかしいな?」としか思っていなかった。
俺の実力はこんなもんじゃないはず。
やれば俺はできるはず。
ちゃんとやってないだけ。
本気出してないだけ。
そんなことを思っていたら、4年もの間、4時間半すら切れなくなっていた。
あまりにダサい4年を経て、出た結論はたった1つ。
マラソンには嘘をつけない。 
***
球技や短距離走などの、わりとセンスに左右されるスポーツと違って、マラソンは完全に練習したか、してないかのスポーツ。
練習すれば速くなるし、練習しなければ完走すら危うくなる。
「ちょっと走っただけで」と言っていた2014年は、とはいえ月100km程度は走っていた。2015年以降は色々な(言いたくない)事情も重なり、年間50kmとかになっていた。
そりゃ僕がどんなに立派なランナーだったとしても、結果がでるはずがない。むしろ結果が出たらマラソンに失礼だ。
そんな当たり前のことを頭では分かっていても、「自分ならできるはず」と思ってしまっていた昨今。
ようやく、スタートラインに戻ってこれた。今回の4時間29分ですら、実は初マラソンの4時間21分に及ばない。そういう意味では、スタートラインの1歩前あたりか。
とはいえ、やっと勝負の土俵に上がる準備ができた。
これから、2年連続リタイヤの野辺山ウルトラ、去年リタイヤのバラモンキング、初挑戦の津軽みちのく188kmなどが控えている。
自分に嘘つかないでやるよー!!!
というわけで、マラソンとは全く関係ないけど走っている最中にイヤホンからエアロスミスが流れてきて、娘たちのことを考えてたら号泣してしまったのでその話はまた明日。
***

※今日のトレーニング フルマラソン完走

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が生涯に一片の悔いなし!!!

Facebook友だち申請はお気軽にお待ちしております。

組織の人財育成についてのメルマガ希望の方はkusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。

いずれも最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事