(Source:大坂なおみ公式HP
テニスの大坂なおみ選手がグランドスラムの一角、全豪オープンで優勝した。なんとなんと、男女合わせて史上初の「日本人ナンバーワン選手」が誕生した。弟が元プロテニス選手であり、自身も10年以上テニスに関わり続けた者として、非常に嬉しい出来事だった。
男子ではもうここから数十年は出ないんじゃないかと言われてる傑作中の傑作が錦織選手で、それ以上の傑作が大坂なおみ選手だということになる。男子は体格の差があるから厳しい・・・とか言ってたのはもはや昔で、女子でも明らかにモンスター級のフィジカルの選手と戦らなければならない時代になっている。
そんなハードフィジカルの時代に2大会連続グランドスラムを、しかもあの年齢で制した実力は、紛れもなく本物である。
 
また、大坂選手の魅力を何倍にもしているのが、あのインタビュー中のおっとりした雰囲気。日本語が苦手で英語が母国語だからということじゃなく、日本語だろうが英語だろうが全体としてテニスをしている時以外はおっとりしている。なんというか、平和な気持ちにさせてくれる。それがまたたまらない魅力なのだ。
そしてさらに、バランス感覚が良い。日清食品のCMで、自身のアニメーションが不必要に白人化されていた件(錦織選手と肌の色が同じに合わせられていた。ナメてんの!?)でも、必要以上のことを会見で何も話さなかった。「次回は相談してほしいと思います」程度にとどめていた。これって、二十歳そこそこの「女の子」になかなかできることではない。
コート内ではたまにラケットに当たっていたりするところはまだあるが、コート外では完璧である。ヒステリックに審判を罵倒していたセレーナ・ウィリアムズと比べてもはるかに大人だと思う。
よくもこんなパーフェクトなプレーヤーがこんな年齢で出てきて、しかも「日本人」を名乗ってくれてるなと思う。あと10年ぐらいはトップフォームでいけるんじゃないだろうか。日本テニス協会よ、喜ぶべし!残念なのは、錦織選手にしろ大坂なおみ選手にしろ、国籍が日本なだけで完全に外国産のプレーヤーであることだけど、現時点ではまだ仕方ないのかもしれない。
 
心配なことが一つある。
今後おそらく、いや間違いなく、大坂選手を「大人のおもちゃ」にしようと目論む輩が大量に出てくる。イベント登壇、CM、バラエティなど、引っ張りだこになること請け合いだ。それこそ、本業のテニスに支障が出るぐらい、オファーが来るに違いない。
資本主義ってそういうもんでしょと言われると返す言葉もないのだけれど、大坂選手の場合何より気がかりなのが、彼女は良くも悪くも
「圧倒的に便利」
である点だ。
何に?あらゆる意味での広告塔としてだ。
 
まずジェンダー。男女のどちらがビジネスに寄与するかと言えば、明らかに女性だ。女性は男性を連れてくるが、男性は女性を連れてこない。ディズニーランドが典型だろう。そして時代はGender Equalityを目指すに際して、強い女性を求めている。世界トップのプレイヤーとなった大坂選手はぴったりだ。企業の管理職研修とかにも呼ばれそう。
そしてダイバーシティ。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、欧米人が大好きなアングロサクソンの血が入っていない大坂選手はダイバーシティの代表のような人物だ。大坂選手を出すだけで、「ウチはダイバーシティちゃんと重視してまっせ」というメッセージになる。経営層を古い考えのおっさんが占めててダイバーシティのダの字もない会社とかが、「とりあえず大坂なおみ使っとけ!」とか言いそう。
そして何よりあのキャラクター。スキャンダルとも無縁であり、おっとりした性格(コート外に限る)は万物に向いている。キティちゃんと共演しても良いし、カップラーメンをすすっていても良いし、すき家の牛丼のCMにも合うだろう。企業からしたら最高の客寄せパンダになるはず。
 
当然、普及が芳しくない商品を扱う企業も、大坂選手に群がることになる。AKBが消費者金融のCMに出てるのはどう見ても違和感があるし、民度を下げるだけのスマホガチャゲームも、大坂選手を広告塔として使いたがるだろう。大坂選手のあの良い人そうな雰囲気、いかがわしい商品やサービスにふさわしくない安心感を与えることになる。
カネに目ざといIMGがマネジメントしていることを考えても、契約金ありきで望ましからざる会社のCMにもバンバンと出てしまうことだろう。錦織選手も相当にインパクトがあったが、大坂なおみ選手が持つ広告塔としての価値はそれとはレベルが異なる。
 
彼女が本業に集中できないほど世間が盛り上がり、ピンクレディのときのように摩耗させるだけさせてぽいっと捨てたりしないことを願う。大坂選手の採り得る戦略のうちもっとも賢いのは、
適度なスキャンダルを起こして広告塔として不適格の烙印を受けること
だろう。そうすれば本業のテニスに集中することができ、彼女はさらに羽ばたけるだろうと思う。魑魅魍魎に彼女の素晴らしい道が邪魔されないことだけを願う。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事