その会社が何の事業をやってるか分からない状態で、新卒で外資系IT会社に就職したあたくし。何を隠そう相当な「情弱」でございます。
「情弱」の定義はあまりはっきりしたものがないのだけれど、このブログのフォーマットをご覧いただければわかる通り、素人感丸出しのブログしか作れない。他にも2018年末時点までの戦闘力で言えば、こんな感じ。
☑️「米津玄師」を「よないげんすい」という名のどこかの山籠り仙人系ミュージシャンだと思ってた。
☑️三浦大知のことも知らなかった。
☑️ツイッターの使い方を知らなかった。
☑️インスタグラムはいまだに使い方が分からない。インスタで飲食店探すとかイミフ。
☑️フェイスブックの「タグ付け」の方法が分からなかった。
☑️パワポ、エクセルはまともに使えない。
☑️メルカリ、キャッシュ、ヤフオクなどのサービスは怖いので一回も使ったことない。
☑️iPhoneが壊れたときの機種変に1ヶ月かかった。しかも友人の家でデータ移管をしてもらいつつ。
☑️絵が下手。

最後のは生来の能力欠陥なのでともかくとして、いわゆるその辺にいらっしゃる「ITに強い」、「情報検索に強い」という友人たちとは一線を画する情弱ぷりなのであります。最先端の情報が集まるIT企業にどうやって入ったの?と自分でも言いたくなるぐらいの不出来。
上記の状態なので新型に買い換えるたびに家に溜まっていく旧式携帯、旧式パソコンの処分にずっと悩んでいたというのはここだけの秘密なのでありますが、そんな僕でも安心してそういったガジェットを売り捌ける先を見つけたのでご紹介。
お名前は「ラクウル」
***
10年近く前のMacbook Proが重いわ使わないわで邪魔で邪魔でしょうがなかったので、そういえばビックカメラに買取コーナーがあったなと思って行ったら見つけたのが今回の「ラクウル」。
重いMacbook Proを持ち込んで申込書を2分ほどで書き上げ、ラクウル専用のボックスに入れると数時間で査定してくれるというもの。これはビックカメラと同系列のソフマップが運営しているサービスであり、大手ならではの信頼感があるように思えた。ラクウルの詳細はこちら。


 
昔のMacbook Proなのは覚えているが、型番も分からずシリアル番号も分からない。それでも、ただカゴに放り込んで査定を待つだけ、というのがありがたい。ちなみに箱がない、電源がない、傷がついてるなどでも全然オーケーで、一つだけ、パスワードを解除しておくことだけが求められている。
午前中に預けて、査定が完了したとの連絡が来たのは数時間後。再度来店してみると、かくかくしかじかの説明を受けた末、晴れて21200円をゲットすることに成功!ああよかった、これで3歳児に今月はミルクを買ってやることができる。。。なかなかの明朗会計で、買取上限額やその他割引に該当する要項が全て決まっているらしい。(追記:質屋を営むパイセンのご尽力により、極めて妥当な買取価格であることが証明されました。あざす!)

 
しかもしかも!知らなかったけどアプリを使えば自宅にいながらにして宅配業者に取りに来てもらうことができ、査定結果に不満なら返してもらうこともできるのだという。家から一歩も出ずに査定ができて、使わないガジェットの屠殺処分ができてお小遣いも得られるのだから、言うことなし。ただし、データは消去されて戻ってくるのでそこだけ注意。自分でちゃんとやると数時間かかるので、手間いらずは本当にありがたい。
もっと調べれてちゃんと交渉すれば幾分かは高く売ることもできたのかもしれないけれど、情弱たる所以はそこで、そこまで神経と労力を使いたくない。たとえばマイルのために生きてる人とかまじで尊敬するし、絶対にあそこまでできない。また、データの消去は一応の不安材料であるため、ソフマップの信用度は極めてありがたい。
本気出せば10割いけるけど、最低限の労力で8割の成果が出れば全然オッケー!
という方は、このラクウルは超おすすめである。ということで今後ラクウルのヘビーユーザーになってしまいそうだ。家にいることが多く、ガジェットの出入りもある程度はあり、そして僕のような情弱な方にはソフマップの信頼とこの何にもしなくて良い感がたまらない。
 
ラクウルのメリットをまとめると、
☑️家から一歩も出ないで(今回は2回も出たが)査定、買取が可能。
☑️宅配業者に箱をもってきてもらうことも可能。(有料)
☑️事前に査定結果の目安が分かるので、無駄足を踏まなくて済む。
☑️査定結果はそこそこ信頼できる一律の基準で行われる。
☑️データ消去は大手ならではの信頼感。一度渡すと消去されてもどってくるので注意。
☑️ソフマップのポイントで還元を受けることもでき、その場合は5%(だったかな?)の割増がつく。
☑️値段交渉の必要がない。
☑️査定結果が気に入らなければ返してもらえる。送料あっち持ち。
☑️ITガジェット以外に、ブランド品の買取もあり。
となる。今の所デメリットは見つかっていない。アプリ画面はこちら。

 
事前に検索したい場合は目安が分かる。ただし僕は型番が分からないのであくまで参考程度。

 
情強な方であればもっと高く売れる方法を知ってるのかもしれないし、もしかしたら相当買い叩かれているのかもしれないけれど、僕はその情報を検索する労力と手間、そして家から出る電車賃や時間を削ってラクウルに任せる方が、はるかに賢いと思っている。
メルカリに載せて、価格の根拠を各種サイトで比較して、値段交渉して、何度もチェックして、梱包して送る、なんてのは人生でもっとも大事な資源である時間の無駄遣いだと僕は思っているので、8割うまくいけば全然オッケー。
情弱の最善の戦略は、情弱を補ってくれるサービスを見つけて任せること
と思い知った1日でありました。いやぁ、便利な世の中になってきた!「え?そんな割の悪い売り方してたの?アホちゃう?」という方いたら教えておくんなまし。情弱ゆえにこれ以上調べる気が湧いてこないであります。
やっとガジェット売り童貞を卒業できた!
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。
退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!
我が生涯に一片の悔いなし!!!
メルマガ希望:kusog.akaba(アットマーク)gmail.comまで。組織の人財育成について書いてます。
いずれも申請の際は、世紀末覇者として最低限の自己紹介と愛のある一言をお願いします。
欲しいものリストはこちらです。万が一くれる人いたら泣いて喜びます。http://amzn.asia/7ZSHn0D

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事