過去のレース結果一覧

 

体重80kg以上、もしくは体脂肪25%以上のぽちゃスリートのみが入部を許されるエリート組織「De部(デブ、と読む)」を率いています。大体平均85kg-88kgぐらいのカラダで走ったレースの概要について記します。

すごく動けるDe部なときと、動けないDe部なときがあります。よく考えれば分かりますが、動けないDe部はただのデブ。主な戦績は以下。

2013年 マラソン生活スタート

2013年はマラソン生活がスタートした記念すべき年!初の5km走で脚を引きずり、初の10km走では膝が痛すぎて泣いたのさ。

9月 マラソン練習スタート!
11月 湘南国際マラソン 4時間21分(初マラソン完走)
12月 彩湖ハーフマラソン 1時間44分(初ハーフ完走)

 

2014年 今思えば全盛期

マラソン初めて1年目後半にあたる2014年が今の所の全盛期。この時の記録は未だに破れていない。進化しない漢。

1月 勝田全国マラソン 3時間58分(初サブ4!)
3月 古河はなももマラソン 3時間59分
4月 かすみがうらマラソン 3時間59分
4月 美ら島チャレンジトライアスロン(1.5km、40km、10km) 2時間52分
5月 野辺山高原100kmウルトラマラソン 13時間58分(初ウルトラ完走!)
6月 柴又100kmウルトラマラソン 13時間50分
6月 みやじまパワートライアスロン(2.5km、55km、20km) 6時間6分
7月 宮崎シーガイアトライアスロン(1.5km、40km、10km) 2時間50分
8月 アイアンマンジャパン洞爺湖(3.8km、180km、42km) 14時間54分
9月 トレニックワールド信越40km 9時間
11月 お台場スイーツマラソン10km 48分
11月 つくばマラソン 4時間40分

 

2015年 2014年の貯金で食えた1年

2014年にがっつりやったトレーニングの貯金がしっかりと残っていたため、それでギリギリ食えた1年。しかし退廃の足音は、如実にフルマラソンの結果に出ていた。。。

1月 勝田全国マラソン 5時間7分
3月 佐倉マラソン 4時間50分
3月 久米島トライアスロン(2km、66km、20km) 5時間33分
3月 IZU TRAIL Journey 9時間30分で関門間に合わず人生初DNF
4月 宮古島トライアスロン 現地行ったのに諸事情あり出られずDNS
5月 湾岸ランinお台場ハーフ 2時間5分
5月 野辺山高原100kmウルトラマラソン 13時間57分
5月 新島トライアスロン51.5 2時間34分
6月 長崎五島バラモンキング(3.8km、180km、42km) 14時間29分
9月 佐渡国際トライアスロン(3.8km、190km、42km)15時間27分

 

2016年 練習(不足)は裏切らない

2014年の貯金も底を尽き、長距離レースでも暗雲立ち込め始める。

4月 富士五湖71kmウルトラマラソン 10時間32分
5月 野辺山高原100kmウルトラマラソン 42kmでDNF
6月 長崎五島バラモンキング(3.8km、180km、42km) 14時間57分

 

2017年 ついに訪れた最悪の年

「いかに練習をしないで長距離レースでゴールするか」というよく分からない戦略目標が全否定された1年。

3月 古河はなももマラソン 5時間33分
4月 ハセツネ30km(雨で17kmに) 2時間38分
4月 かすみがうらマラソン 5時間59分
5月 野辺山高原100kmウルトラマラソン 78kmでDNF
6月 長崎五島バラモンキング 普通にDNF
11月 大田原マラソン(4時間縛り) 30kmでDNF
11月 つくばマラソン 4時間35分

 

2018年 ちょっとだけ復活

さすがにやばいと思って少しトレーニングをちゃんとした月も。野辺山ウルトラが生活とトレーニングの成績表であることが明確に。

1月 勝田全国マラソン 4時間29分
4月 富士五湖118kmウルトラマラソン 42kmでDNF
5月 野辺山高原100kmウルトラマラソン 13時間54分
6月 長崎五島バラモンキング 落車にてDNF、肩を脱臼
12月 さいたま国際マラソン 4時間51分

 

2019年 現在進行中

平成最後の1年。出るか自己新記録!出るか5年ぶりのサブ4!

1月 勝田全国マラソン 4時間48分

当面の目標は
1、フルマラソン3時間半切り
2、野辺山ウルトラマラソン10回完走(いま現在、5戦して3勝2敗)
3、バラモンキング12時間切り(スイム75分、バイク6時間、ラン4時間30分、トランジット15分)
4、UTMF、UTMB完走
5、サハラマラソン完走
どす。